最新のリモコンで家をスマートホーム – 「Nature Remo 3」と「LS Mini Next」をしようと(後編)

最新のスマートリモコン」Nature Remo 3」と「LS Mini Next」を実際に使って試験が企画。 前編に続いて後編では、センサの周囲を中心にチェックをしてみよう。

比較しているスマートリモコンの最新モデル2製品。 (左)「Nature Remo 3 ‘(右)「LS Mini Next」

センサーをトリガーした自動操作が便利

元スマートリモコンは、スマートフォンでのWi-Fi機能を搭載していない家電製品を操作するために誕生した製品である。 様々な家電リモコンをスマートフォンアプリに招集して、アプリケーションから操作できるようになった。 その次のスピーカーが登場することで、音声操作にも対応。 そして、最新のスマートリモコン内蔵されたセンサーを利用して自動的に家電を操作することが可能である。

「Nature Remo 3 ‘は、温度、湿度、照度、人感センサーと多くのセンサーを搭載しており、これらのトリガーた「自動化」の設定がある。

実際の気温が28℃を超えると、エアコンをオンにする設定をしてみた。 この状態で就寝したが、部屋に気温が上がってきた朝7時頃に自動的にエアコンがオンになっていて、室内の温度を下げてくれた。 このおかげで、暑く目覚めのようなことがなくなったのだ。

また、「Nature Remo 3 ‘は、GPSとの連携も可能。たとえば、自宅で500m最寄り駅に到着すると、エアコンが付く設定などもある。

(左)センサを用いた自動操作は、自動化で登録(中央)「Nature Remo 3」で使用できるトリガーのリストです。 GPSと温度、湿度、人体検知センサーをトリガーすることができる(右)室内の温度が28℃を超えると、エアコンの冷房24℃で点灯設定されている

(左)センサを用いた自動操作は、自動化で登録(中央)「Nature Remo 3」で使用できるトリガーのリストです。 GPSと温度、湿度、人体検知センサーをトリガーすることができる(右)室内の温度が28℃を超えると、エアコンの冷房24℃で点灯設定されている

「LS Mini Next」は、温度センサと照度センサを搭載。湿度、人体感知センサーではなく、また、現在のアプリは、既存のモデルで利用可能なGPSを連動によるトリガー設定」の位置」機能も消えた。このあたりが「 Nature Remo 3」との機能の違いとすることができる。 しかし、「LS Mini Next」は、独自の機能を搭載している。それはAI機能である。

(左)アプリケーションの下の

(左)アプリケーションの下の「+」を押してメニューを表示します。 ここで、「トリガーを追加」を選択(中央)トリガーとして選択することができていることが、温度と照度二(右)に設定した温度に超過する場合や落ちる場合が選択

アプリAI設定画面で、年齢や性別、体型、暑さ、寒さに乗るなどの好みを記録した。 エアコンと連携して室温と外気温、日の出、日没など、様々な情報を参考に快適な空間を作ってくれる。

夜になって、外気温が落ちると昼の温度設定離すと室内の温度が下がることがありますが、そのような時にAIが自動調節してくれるわけだ。

(左)AI設定でお好みの温度などを設定して、それに応じてエアコンを自動制御することができる。 プロファイルは、大人、子供だけでなく、ペットも登録することができる(右)現段階では、エアコンのAI制御画面。 着衣や部屋での活動状態も登録することができ

(左)AI設定でお好みの温度などを設定して、それに応じてエアコンを自動制御することができる。 プロファイルは、大人、子供だけでなく、ペットも登録することができる(右)現段階では、エアコンのAI制御画面。 着衣や部屋での活動状態も登録することができ

両モデルとも、複数の家電を一緒に作業している「現場」機能を搭載している。 たとえば、「就寝」というシーンを作れば、天井照明、エアコンなどをまとめて消去することができる。 しかし、この機能は、スマートスピーカーでも設定が可能である。 スマートスピーカーの方が、より多くの家電と連携することができますので、区分、または組み合わせた方が良いようだ。

「Nature Remo 3 ‘の場面登録画面。複数の機器をまとめて制御することができ

価格は高価ですが、機能面とシンプルで、「Nature Remo 3 ‘の手

今回使用した2つのスマートリモコン。 価格はNature Remo 3が9980円であるのに対しLS Mini Nextは6600円と3000円以上安く購入することができる。 LS Mini Nextは、自分のAI機能とLINEで操作することができる高度な機能も搭載。 また、今回のテストでは、リモコンが登録されていない家電が多かったが、スマート家電を多くラインナップしている+ Style製品をコントロールすることができる点も評価できる。

LINEで

LINEで「LS Mini Next」に登録されたデバイスやシーンを呼び出す

しかし、現段階で推薦することができるのは、高価なではあるがNature Remo 3である。 評価のポイントとしては、筆者の環境で最も手間がかかる家電の登録が非常にスムーズにいくつかの日だけでなく、様々なセンサーをトリガーした自動化の設定に基づいて自動制御が可能なスマートホームを簡単に作り出すことができる。

しかし、家電の登録は、クラウド側のリストが強化されるとの差がなくなる。 ここでは、似たようなレベルに設定することができたら、より手頃な価格で購入することができるLS Mini Nextも十分候補になるだろう。 また、GPSの位置トリガーは、今後のAndroidのバージョンアップを介して追加される可能性もある。

今回紹介した二つのモデルの最大の違いは、搭載センサーの数と価格差というものである。 具体的には、「湿度センサー」と「人感センサー」の有無である。」Nature Remo 3」であれば、部屋に入ると照明を出す(期間動きがなければ消去)などの自動化が可能である。

最新のスマートリモコンは、設定簡単で、機能面でNature Remo 3が一足先にあるようだ。

READ  監督原辰徳について岡田彰布が言う。 「本当に強い巨人を作ろうしている」(webスポルティバー) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です