最新のゲーミングノートパソコン「Razer Blade Pro 17 “レビュー:いいですよ。しかし、感動するのは難しい|ギズモ・ジャパン

見た目がかっこいいですよね!

新しい “Razer Blade Pro 17“について、米Gizmodoが「Razer Blade 15 Advanced」と比較しながら検討しています。 画面サイズ、ディスプレイの美しさのポートが沢山など評価すべき点は多い中で、それらを無視程度大きな難点があったと思います。


ゲーム用ノートパソコンの中でも最高の品質、見た目も良い製品を作っているRazor(レーザー)。 特にシリーズは、マットブラックにすっきりとした直線が印象的だ。 以前は “ゲーマーのためのMacBook Pro“にはじめにしたこともありましたが、それは本当にそうだと思います。 価格はもちろん、300HzのリフレッシュレートキーごとにRGB照明などの機能も含まれてい。

ノートパソコンに2,600ドル(約27万8000円)という価格を出す以上、ほぼほぼ完璧を求めたくなりますね。 Razer Blade Pro 17は良い製品です。 この過熱の問題は看過できないかもしれません。 詳しく見てみましょう。

Razer Blade Pro 17(2020年前半)

写真:Joanna Nelius / Gizmodo

これは何ですか? :Razer Bladeゲーミングノート17インチ。

いくら? :2,600ドル(約27万8000円)〜。

好きなところ:美しい300Hz表示画面の大きさ、デザイン、ポート多い。

好きではないところ:熱くなるキーボードが小さく、バッテリーの寿命が短い。

比べてみるとどうですか?

新しい「Razer Blade Pro 17 “は、” Razer Blade 15 Advanced」モデルと比較すると、ほぼ同じ仕様のような価格されています。 すべてIntel Core i7-10875H CPU、16GB RAM、512GB SSD、フルHD 300Hzディスプレイ搭載ます。

違いとしては、17インチのディスプレイがはるかに大きいことGPUの性能が低いこと(RTX 2070 Max-Q)が挙げられます(Blade 15 Advanced GPUはRTX 2070 Super Max-Q)。 ゲームは、フレームレートの差が大きな違いがないことがあります。

一方、性能には明確な違いが見られます。 ビデオのエンコードとレンダリング操作で非常に高速であることを期待している場合は、Blade 15 Advancedの方が(GPUの違いにより)わずかに速いです。 BlenderでGPUを使用して3D画像をレンダリングするときにBlade Pro 17は、8分19秒かかったのに対しBlade 15 Advancedは、8分ちょうどでした。

Blade Pro 17のファンをフル回転させた状態で、(後上述)」シャドウ・オブ・ザトゥームレイダー(Shadow of the Tomb Raider)」のベンチマークの結果は、超(または最高のグラフィック設定)で、平均1,080p、60Hz。 「泣いて5 ’91’トータルウォー:ウォーハンマーIIトータルウォー:ウォーハンマーII)」で84 “メトロエクソダス」RTXオフから83き48。

Blade 15 Advancedの場合は、「シャドウ・オブ・ザトゥームレイダー」で平均102 fps “遠い5」で100 fpsであった。このように比較するとかなりの差ですね。そんなこんなで、15インチモデルの方が同じ価格なのに、優れたGPUが獲得することができることは覚えて損はありません。

Blade Pro 17の良い点は?

RazerBladePro17_3
SDカードスロットを歓迎!
写真:Joanna Nelius / Gizmodo

Blade Pro 17多数のポートを搭載しています。 2.5Gb Ethernet、USB、3.2 Gen 2は3個搭載(15 Advancedと同様に)、USB-C 3.2 Gen 2ポートとThunderbolt 3(USB-C)も一つずつているほか、HDMI出力、SDカードリーダーも搭載していますいます。

ノートパソコンのSDカードリーダーが搭載されているのは趣味で写真を撮る人(私)にはありがたいところ。 USB-Cの普及により、まれになっていたからです。 外部カードリーダーを購入する必要がないのは普通に良いです。

そしてイーサネットポートは、ゲームのダウンロード速度のインターネット接続のトラブルシューティングを簡素化備えた信頼性の向上にも役立ちます。 一方、イーサネットポートがあるので、ラップ(ひざ)に置いて使用ノートパソコンではないかも知らない…ということに気づいてしまいました。

「熱くも「問題!

もちろんデスクで十分に快適に操作することができます。 注意すべき点は、キーボードの上部(キーとボタンがないところ)の温度。 特にリソースを多く使用しているゲームで最高の設定でプレイしたい場合には、51度は、高温に到達することができ。 キーとボタンがないため、触れることはないかもしれないが、とにかく注意が必要です。

しかし、上記のような状況以外の他の作業をする場面では、高温になることはありません。 しかし、このノートパソコンを膝の上に置いて、何かしようとはまだ考えていません。

HWInfoによると、Blade Pro 17のIntel Core i7-10875Hはフル稼働に最大98度に達したと言います。 (このCPUの最大動作温度は100度)。 このプログラムによれば、ほぼすべてのコアで熱スロットル(CPUの過熱防止に温度を低下させる機能)が確認されたが、CPUの周波数は最大4.88 GHzに達していたとか。

つまり、より多くのパワーを期待したい場合は、追加のクーラーを購入したり、(ので、すべての解決策を考えることができませんが、…)過熱の問題がより大きく厚いノートパソコンを選択する必要がありそうです。 個人的にブレード15の高度なエイサープレデタートリトン500近くをお勧めします。 残りはMSI GS66ステルスもかなり良いです。

RazerBladePro17_4
イーサネットポートも大歓迎です!
写真:Joanna Nelius / Gizmodo

その他の懸念事項

Razer Pro 17のもう一つ注意すべき点は、Windows 10で電源オプションは「バランス」だけこと。 プロセッサに関しては、「アクティブ」や「手動」モードも設定できますが、それも電源が接続されているか、バッテリ駆動時のみ。

アクティブモードは、CPUの速度が低下する前に、システムがファンを作動させることを意味し、手動モードでは、システムがファンの動作を開始する前に、CPUの速度を下げることを意味します。

プレインストールされランチャーでファン速度を設定することが効果はまちまち。 最高温度が95°Cまで低下した程度です。 しかし、周囲の室内温度を下げる問題が解決されることがあります。 冷房が21°Cに達すると、シャーシの上部が48度まで下がりました。

Intel 10世代のプロセッサを搭載したゲーミングノートパソコンは、いくつかの試みましたが、i7-10875Hに、これらの過熱の問題とスロットルはつきものです。

Blade 15 AdvancedやギガバイトAorus 17Gに関しては、以前にもお伝えしたとおりだが、Acer Predator Triton 500 Lenovo IdeaPad Gaming 3、MSI GS66 Stealthに関してはIntel Core i7-10750H搭載で例外です。 i7-10750Hは6コア/ 12スレッドプロセッサでi7-10875Hは8コア/ 16スレッドプロセッサです。 i7-10875Hの方が熱を分散効率が低いことがわかります。

RazerBladePro17_5
写真:Joanna Nelius / Gizmodo

性能ではなく、画面の大きさに執着がある場合Blade 15 AdvanceなくBlade Pro 17を検討したいという人もいるかもしれないが、個人的にはこの過熱問題は看過できないだろうか、と思っています。

イーサネットポートがあるのはうれしいですが、Razer Blade 15 Advanceのような価格であることを勘案すれば、やはりBlade Pro 17は、後ピーク何か素敵な特徴があれば…と思ってしまいます。

メモ

派手ノートPC。 指紋が目立ちやすい。

・イーサネット、HDMI、SDカードポート搭載。

ブレード15の高度な性能や機能などの価格は、同じくらい。

バッテリーの寿命は3時間36分で短い。

冷却をMaxにしても、CPUが熱くなる。

READ  「Amazon対抗馬」とも呼ばれているShopifyの効率的なシステム移行する方法は? - GIGAZINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です