日本でもAppleのApp Storeが独占禁止法の調査を受ける開発者は、別の問題も指摘 – GIGAZINE



人気バトルロイヤルゲームポートナイトやゲームエンジンUnreal Engineのを開発するEpic GamesがAppleの運営するApp StoreとGoogle運営するGoogle Playがあまりに高額の手数料を徴収していると訴訟を引き起こした。 これにより、日本の独占禁止法を運用している公正取引委員会の杉本和行委員長も、独自の調査を進めた場合名言しました。 Bloombergは、日本のゲーム開発者の数であることの声を聞いて「日本では、Appleの独占以外の部分での不満が噴出している」と報道しています。

Apple App Store、ゲームの震源地である日本で新しい精査-Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-09-03/apple-app-store-draws-new-scrutiny-in-japan-epicenter-of-gaming

ポートナイトの開発元であるEpic Gamesは、App Storeが売上の30%を手数料として徴収している点を挙げて独占禁止法に違反していると主張しています。 公正取引委員会の杉本委員長もApp Storeに独自の調査を実施すると発言しているのですが、Bloombergはそれとは別に、日本のゲーム開発者の “App Storeのガイドラインの一貫性がない」や「Appleから予測できない決定 “”コミュニケーションの不在」などの問題が指摘されていると指摘しています。


モバイルアプリ市場は、日本のゲームメーカーにも非常に大きな収益源となって、ファイナルファンタジーとドラゴンクエストシリーズでおなじみのスクウェア・エニックスは、同社の売上高の40%をスマートフォンアプリに依存しています。 また、ソニーの子会社であるアニプレックスの人気アプリである「Fate / Grand Order(FGO)」は、2019年に711億円を販売しており、ソニーの決算説明会でFGO売上に関する質疑応答になるほど重要な内容となっています。


最新の調査データによると、日本のApp Storeのエコシステムの2019年の売上高は370億ドル(約3兆9000億ウォン)と推定され、内訳は実際の商品とサービス(販売サービスなど)の売上高が240億ドル(約2兆5000億ウォン)、デジタルコンテンツの売上高が110億ドル(約1兆2000億円)、アプリ内広告が20億ドル(約2100億円)です。


日本のゲーム開発者にも重要なプラットフォームとなっているApp Storeが、ゲーム開発者によると、App StoreよりGoogle Playの方が審査プロセスがよりスムーズに意思疎通が改善されているそうです。 つまり、日本のゲーム開発者App Storeは改善されず、多くの問題を抱えてのこと。

複雑な審査プロセスと通信の難しさが指摘されているApp Storeでも、そんな困難を解決するために、日本でも審査プロセスの配信をサポートするサービスが登場しています。 このサービスを提供しているアプリケーション開発企業のプライム理論です。 会社の庄司誠代表はBloombergに対し、「Appleのアプリ審査はあいまい主観的不合理が残っています」「アプリ開発者のためのAppleの対応は、多くの場合唐突で陳腐あるか、または、それでも開発者側がAppleに「次はどのような対応をするといいでしょう?」と丁寧に対応していく必要があります」とApp Storeの審査過程を通過をサポートするサービスの重要性を力説しています。

プライム理論は、日本に拠点を置く1400人のコンサルタントと顧客サービスのスタッフが開発者に電話やメールで質の高いサポートを提供すること。 また、App Storeのレビューガイドラインを翻訳したり、開発者年次会議の映像に日本語字幕を付けて伝達することもしているとします。


Bloombergは「もともと日本のゲーム産業は、1980年代に、任天堂のファミリーコンピュータのカートリッジから始まったので、App Storeが売上の30%を手数料として徴収している点を心配している開発者は、そうではない。それよりは、Appleのより良いサービスを受けたいと考えている開発者の方々が多い」と記しています。

ゲームスタジオは、Appleがゲームアプリの更新審査リクエストに1ヶ月以上応答しなかったので、期間限定イベント開催をあきらめたそうです。 プライム理論の庄司さんは、「Appleは、審査段階にある項目を単に忘れて放置してしまったり、誤った態度の開発については、制裁措置として、意図的にアップデートを放置するもあります。しかし、Appleがそのような行動を取っていると認めることは決してはありません」と言います。

Appleによると、App Storeアプリのレビューチームは、2つの時間帯にまたがっているので、日本語に対応する担当者が日本企業の営業時間内に開発者と電話で直接議論することもあるそうです。 しかし、2019年11月にAppleのサーバーが1日以上ダウンしたときに問題が発生したこと、開発者に通知されるわけではなく、サポートページでは、システムステータス画面しかし、問題を表示するまでに相当な時間がかかると考えられる。 Appleのサーバーがダウンしている間のアプリ開発者は、アプリを配布することができないため、経済的な負担を負うされているものですが、Appleはそのような負担の保全は一切ありません。


また、日本のゲーム開発者は、「適切なコンテンツの解釈と政策の変更について事前に通知することなく、時には相反するような措置をとる場合もある」という声も上がっています。 いくつかのゲームスタジオは “水着を着ている」という解釈で承認されたものキャラクターが次の「下着を着た性的だろう」と承認が取り消されたことがあるということ。 また、一度はApple側に承認されたもの、ゲーム内のコードは、他のオペレータによってガイドライン違反と判断された削除を要求するようになったケースもあると、他の開発者は述べています。 また、Appleは、App Storeのガイドラインで「露骨な性的またはわいせつ“を禁止していますが、その解釈は曖昧であり、Appleが自分に有利に解釈する場合があると指摘されているものです。

また、開発チームがリリース前に、ゲームの収益を上げるための戦略をApple複数回確認して了承を得ていたにもかかわらず、発売数週間後にアプリケーションをブロックされたこともあるそうです。 東京を拠点に活動するゲームのコンサルタントである平林氏は「Apple保安官のようなもので、自分の利益のためにガイドラインを自由に解釈することができる」と述べた。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  「Dead by Daylight "海無幼稚園と山岡邸宅が構造グラフィックの両方の再構成。 などのビジュアルアップデートを複数回行う計画も発表| AUTOMATON

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です