スペシャリストとのチームの「強さ」を実感させたゲームでした。 同じネクタイの9番目の下。 ジャイアントの代表打者である中島が左フロントヒットで出てきた時、ベンチは増田大を交代で送った。 増田大学は無事盗むことを決め、二塁・三塁で代打となった亀井。 亀井は最初のボールを真ん中に戻し、さよならを勝ち取る。 「足のスペシャリスト」と「打つスペシャリスト」が行き詰まりそうなゲームを決めました。

それは彼らそれぞれが仕事を終えるまでしかありませんが、それは思ったほど簡単ではありません。 ヤクルトの大下は速くなく、キャッチャーの西田の肩も強くない。 事前にデータはありましたが、相手のバッテリーがMAXに警戒しているシーン。 そんな中、セカンドボールでのスティールを決めるマスダダイの走破力は圧巻。

亀井の打率もいいですね。 ヒットするように言われた後、ヤクルトは大下からマクガフに切り替えました。 マクガフは大下よりもパワーがあり、この試合のボールのレフェリーは、左バッターの内角がより高い、特に広いストライクゾーンを持っていました。 キャッチャーの西田も内角が高く、フィッシングボールで捕まえられたり、ストライキと判断されたらラッキーでリクエストしてくれた。 カウントが悪化した場合、亀井は歩いて次の打者ウィーラーと対戦することができます。 そんな中、途中から入ってきた亀井選手は、ミスすると直球でハイボールになるヤクルトバッテリーを上回った。

コロナの影響で調整期間が足りなかったせいか、けがや疲労でチーム全員がけがをしている。 そんな時、スペシャリストの存在が目立ちます。 「最後の試合」を持った巨人の強さを感じさせた試合でした。 (日常のスポーツ評論家)

九番巨人2死1、三塁、さようならを打った亀井(左)が笑顔で坂本とハイタッチを交わした(河野匠)
九番巨人2死3塁、さようならを打った亀井(左)は坂本と笑顔でハイタッチ(写真:河野匠)。