巨人カンノウンなぜ支持? おやつ氏挙げ、4つの要素 – プロ野球:日刊スポーツ

なぜ負けないのか。 巨人菅野由紀投手(30)の投球あちこちに確実な理由があった。 巨人の4球団投手コーチを務め練習でカンノウル見てきたやつ正勝氏(75)は、連勝投手の条件に <1> 加工ボール <2> 球威 <3> コントロール <4> 取引を提示します。 3つのことを身に付ければ超一流だが、広島の中盤以降には4つの要素の両方を提供した。 8回3失点で勝利投手の権利を得たが、デラロサが救いの失敗。 開幕戦から12連勝は引き継がれた。 試合は9回吉川久がサヨナラ安打。 両リーグ最速で50勝に到達し優勝マジックを30とした。

◇◇◇

菅野が常勝疾走される理由は、要旨の6回以降に含まれていた。 昨年まで巨人の投手コーチにカンノグァ接し、多くの人投手を育てたおやつ氏が「連勝投手 “として挙げる4つの要素。 「3つの要素があれば勝つ」としたが、すべて満たしていた。

<1>加工区(6回死亡2人=鈴木誠)

フルカウントから6球目、外側のスライダーで左飛に抑えた。 加工ボールの条件は、「相手が知っても打ち取れるボール」の直前まで速球の軌道で進行打者のすぐ前のすぐ隣に大きく曲がる。 イメージ通りの軌道を空間に描く最も深い信頼する球種に芯を外した。

<2> 球威(7回2死=堂林)

カウント1-2からの4球目、この日最速のタイヤ156キロの速球に中間日にねじ伏せた。 100球を超えた7,8回の速球は14球。 すべて150キロオーバーと体力、パワー多かった。

<3> コントロール(8回2死1塁=菊池量)

カウント1-2からの4球目、外側の低い152キロの剛速球を逃しされた。 試合前の時点で今季付与四球率は1・54この日も無四球でバトンを渡した。

<4> バーゲン(7回1死=長野)

カウント1-2からの5球目、145キロのフォークで空を切った。 2回臨時逆転3ランを受けた4番速球、スライダーのうち中心だったが、この打席は1,2球目に内角を攻撃する。 勝負は、外部と匂わせ垂直変化のフォークで勝負した。

菅野は「失点した時間は、甘くなってしまったものと配球の面でも反省しなければならところがあったので、しっかりと固定したい。ずっと長いイニングを投げてチームの勝利につながるピッチングをしたいと思います」と語った。21世紀に入って大型連勝良い投手と比較しても優れた安定感。次の試合球団新・リーグ新記録となる開幕戦から12連勝を目指す。[쿠보 賢吾]

○…スナック氏は82年開幕戦から11連勝を達成した広島北別府が勝つことが3つの要素を “<1> 加工ボール <2> コントロール <3> 球威」と挙げた。「北別府といえばカーブ。 浮かんで落ちるユニーク軌道であった。 瞬間ボールに見えるが、ベースプレートの近くで潜る。」82年付与四球率は1・48菅野ように「直線の力」も察し。

◆おやつ正勝(古谷・高津)1945年(昭和20)兵庫明石市生まれ。 国学院大で67年ドラフト1位海洋入団。 生産10年から285試合に登板して通算24勝27敗6セーブ、防御率3・07 79年から投手コーチの仕事に専念。 11年までに在京セ・リーグ3球団でコーチ2013年からロッテ。 17年から昨季まで再び巨人のコーチ。

READ  CL決勝敗北号泣のネイ床、SNSでチャンピオンバイエルンを称える - SOCCER KING

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です