大阪ナオミ4強ロジャースストレート勝利/詳細 – スポーツライブ速報:日刊スポーツ

<테니스 : US 오픈> ◇8日(韓国時間9日)◇ニューヨーク◇女子シングルス準々決勝

世界ランキング9位大阪ナオミ(22 =日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(27・米国)を6-3,6-4で下し、2年ぶりに4強に進出した。

これまで0勝3敗だったロジャース破り、試合後来たコートのインタビューで、「複数ました。体調が良かったので、積極的に必要だった」と述べた。

準決勝では、同41位のジェニファー・ブレイディ(25・米国)と対戦する。

USオープン女子シングルスの組み合わせ

大阪16-3
6-4
ロジャース

※センターコートの夜のショーの最初のゲーム

返される大阪(AP)
「ジョージフロイド」と書かれたマスクをつけて登場した大阪(ロイター)

第2セット

   123456789101112Tメートル
大阪       6
ロジャー         4

○キープ、★はリラックス、Tはタイブレーク

 

▼10ゲーム大阪のサブ大阪のサービングフォー・ザ・マッチ。 大阪ファースト決定攻撃でオープンコートに異物ウィーナー決定15-0。 大阪が食事を中心に決め30-0。 大阪がワイドで7番目のエースを決め40から0。ロジャースのフォー網にかかって大阪が維持して、第2セットも連取。 2年ぶりの4強進出を確定した。

試合時間は1時間19分。 エースは、大阪7個、ロジャース3つ。 ファースト確率は大阪48%、ロジャース61%。 ファーストポイント獲得率は、大阪83%、ロジャース66%。 ウィンナーは大阪24個、ロジャース23本。 汎間違いは大阪8個、ロジャース27

▼第9ゲームロジャースのサブロジャースは、ドライブバリをお見逃し0-15。 ロジャースは3番目のエースを中心に決定15​​オール。 ロジャースの深いショット大阪が返済ず30-15。 大阪のフォーのクロスロジャースが返済ず30今年。 ロジャースの食事がワイドに決定オープンコートに戻ってウィナーを決め40-30。大阪のバックを狙ったファースト決定ロジャースが維持

▼第8ゲーム、大阪のサブ 大阪が圧倒して最後のドロップショットを拾いアングルショットを華やかに決定ラブゲームで維持

▼第7ゲームロジャースのサブ15オールで大阪が含ま返しエースを決め15-30。 ロジャースが含まダウンよりラインウィナー決定30オール。 ロジャースラリーの版図40-30。ロジャースが食事を大阪の背景に定め維持

▼第6ゲーム、大阪のサブ大阪が食事を中心に決定15​​-0。 また、強烈なファーストで異物ウィーナー決定30-0。 ラリーで大阪のバッククロスがアウト30-15。 大阪の強烈なフォーのクロスロジャースが返済ず40-15。ロジャースがセカンドバックにノックがインターネットにかかって大阪が維持

▼第5ゲームロジャースのサブロジャースが2番目のダブルフォルトで0-15度、ネットプレーを決め、15オール。 ロジャースがワイドに振った攻撃でウィナーを決め30-15。 連続砲のウィナーロジャースが決定40-15。 大阪が含まのウィナーを外部からダウンロードし、よりラインにシャープに決定40-30。大阪ペストゥウル返済ずロジャースが維持

▼4ゲーム大阪のサブ大阪が6番目のエースをワイドに決定15​​-0。 次も食事を決め30-0。 再び攻めの姿勢を崩しながらもロジャースドライブボレー砲のウィナーを決め40から0。大阪が圧倒的ラブゲームで維持

▼3ゲームロジャースのサブロブも交えた長いラリーでは、ロジャースの砲役クロスがウィノイ15-0。 また、ロジャースバックダウンザラインがウィーナーです30-0.30-15でロジャースのフォー網にかかって30くる。 セコンドゥウル強打した大阪のフォー返しロジャースが返さず大阪にブレークポイント。 ラリーで大阪のバックネットにかかっジュース。 ロジャースバックアウトして、大阪に戻ってブレークポイント。集会に勝利した大阪が中断

▼第2ゲーム、大阪のサブ大阪のバックアウト0-15も、ファースト決定15オール。 よりフォアダウンよりラインがウィノイ30-15で逆転。 大阪のバックアウト30オール。 ロジャースがセカンドバックにノックがインターネットにかかり40-30。ロジャースのリターンミス大阪が維持

▼第1ゲームロジャースのサブロジャースのスマッシュミス0〜15。 長いラリーでロジャースが再びダウンし、よりラインのウィナーで15オール。 一緒にウィナーの応酬で30オール。 大阪の全身網にかかって40-30でリード。大阪の砲のクロスがアウトロジャースが維持

第1セット

   123456789101112Tメートル
大阪       6
ロジャー          

○キープ、★はリラックス、Tはタイブレーク

▼第9ゲーム、大阪のサブ大阪が4回目のエースを決めたが、ロジャースもリターンエース決定15オール。 大阪が5回目のエースを中心に決定30-15。 ロジャースが補助を襲っリターンエース30オール。 大阪がインターネットであることを見るの強打。 ロジャースが返さずにセットポイント。大阪が補助を中心に決定ロジャースの姿勢を崩した攻撃ポイントを奪って保持します。 大阪が最初のセットを先取。ファースト確率は大阪46%、ロジャース61%。 エースは、大阪の5つ、ロジャース2つ。 ウィンナーは大阪13個、ロジャース13本。 汎間違いは大阪5個、ロジャース16

▼第8ゲームロジャースのサブロジャースがダブルフォルトで0-15。 ロジャースのバックネットにかかっ0-30。 大阪のバックダウンよりラインがウィナーとなり、トリプルブレークポイント。長いラリーで大阪が含まのクロスウィナー決定ラブゲームでブレーク

▼第7ゲーム、大阪のサブロジャースが返さエースを決めファーストポイントも大阪が強力なポストゥウル決まっ15オール。 長いラリーを大阪が優勝30-15。 大阪の砲のクロスがウィノイ40-15。 ロジャースが返さエースをダウンよりラインに決まっ40-30。 ウィンナーはここまで計9つ。 大阪初のダブルフォルトにジュース。 ロジャースがリターンで押し気味集会を進め、スマッシュを決めてブレークポイント。ロジャースが補助を回って、強烈なフォー返しエース決定すぐにブレーキバック

▼第6ゲームロジャースのサブロジャースが含ま直線のウィーナーに30-0。 ロジャースの連続ミスで30オール。 ロジャースのフォー網にかかっ大阪初のブレークポイント。 ロジャースが再びクロスウィナーではがしジュース。 ロジャースがボディサブを決定攻撃から恩恵もロジャースバック網にかかって再びジュース。第三ジュースでロジャースが連続ミス、大阪が中断

▼第5ゲーム、大阪のサブ大阪が圧倒3ポイント連取し40から0につながる。集会に勝利した大阪がラブゲームでキープ。 ここまで大阪はサービスゲームで2ポイントしか離れていない

▼4ゲームロジャースのサブ集会に勝利した大阪が0-30つながる。 大阪のバックアウト15-30。 大阪の全身網にかかって30くる。 ロジャースが1回目のエースを中心に決定40-30。 ロジャースのバックストレートがアウトジュース。サーブが退屈ロジャースが維持

▼3ゲーム大阪のサブ大阪ドロップショットをキャプチャして、オープンコートを作って布のウインナー。 大阪の連続エースとして40から0。大阪のセカンドロジャースが含ま強打したが、アウト大阪が維持

▼第2ゲームロジャースのサブロジャースの甘い収入を大阪が含まのウィーナーファーストポイント。 ロジャースのセコンドゥウル大阪が返済ず15今年。 大阪のバック深いショットロジャースが返済ず30今年。 ロジャースのフォーアングルショットがウィノイ40-30。 素晴らしいショットに大阪拍手。左右に振ったショットで異物ウィナー決定ロジャースが維持

▼第1ゲーム大阪のサブ大阪は相手戦績0勝3敗されているかどうかをきたコートのインタビューで追及」昔の日(3年前)だから、今日は違う。最善を尽くしたい」と述べた。

大阪は左足にテーピング。 大阪のフォーダウンよりラインが2回網にかかって15-30。 大阪のバック駅クロスがウィノイ30来る補う。 大阪のダウンよりラインロジャースが返済ず40-30。大阪が1回目のエースを決めて維持

READ  フェルースタトペᆫ "大満足の3位ではなく、パンクが心配だったが、ピットに入れずに「レッドブルホンダ[F1 제 7 전]- オートスポーツweb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です