台風9号情報、将来の「非常に強い」勢力に発達して沖縄のアクセスに災害級の嵐を厳重警戒 – ウェザーニュース

2020/08/30 16:26ウェザーニュース

8月30日(日)15時現在の強い台風9号(メイサク)は、フィリピンの東の海上をゆっくりと北に進んでいます。

今後「非常に強い」勢力に発達して、徐々に北に移動すると、明日31日(月)の夜から9月1日(火)の朝にかけて、沖縄地方に最接近する予想です。 沖縄では、豪雨と嵐、津波、高潮などに警戒し、すぐに対策を必要にします。

沖縄地方を通過した後は、東シナ海で進路を北東に変え、九州など西日本に接近する可能性もあるため、今後の動向に注目する必要があります。

▼台風9号8月30日(日)15時
存在地域フィリピンの東
サイズのランク//
力の程度の強い
移動北ゆっくり
中心気圧965 hPa
最大風速40m / s(中央付近)
最大瞬間風速55m / s

box0
海面温度分析
box1
2015年8月に通過した台風15号による被害

READ  東京の歯科医が物的損害の疑いで逮捕20個の押収されたエアガン-NHK NEWS WEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です