鹿島アントラーズは寝監督の采配が的中0-2で逆転勝ちで3試合ぶりに勝利をつかんだ。

開始2分、13分、および上昇に2失点。 前半は自慢の報道が抜けず、簡単にボールを失う場面が多かった。

寝監督は「守備の部分で距離感が可能多かったり、相手に隙を連動して包装することができ、よくできなかったので、選手の配置を変えて、プレスをかける距離感を近くすることを選択する」と、後半12分に3つの基準を敢行。 MF荒木、白崎のほか、ボランチレオ・シルバの代わりにFWオエダウル投入して電線に厚みを持たせた。

システム変更に前からプレスを再組み立てする直後13分、荒木とMFファンアラノのコンビネーションで右サイドを崩し、最後はFWエブウェラウもが右クロスをダイレクトに決定した。

勢いのまま敵陣にプッシュし続ける後半は横浜FCのシュートを0に抑えた。 後半43分に途中出場MF永きの右CKからオウンゴールが生まれ、同じロスタイムには、同様に永きの右CKから流れ出た拾った荒木のパスをゴール前でMF小泉が押し込み逆転に成功した。 昨年夏の可視移籍後初ゴールを決めた小泉は「常に(CKの場合)流出の位置(ペナルティエリア外)にあるが、監督の上昇と指示があった」ここでも指揮官の選択がスコアを生んでいた。

7連勝後2連敗と苦しんで、ようやく勝利を手にした寝監督は「4-3-3システムを変えて、白崎がチームに機動力を提供したり、荒木が前維持し、松村が含まれて外に流れを導いていった。ヤング木は期待しているプレイスキックの精度でほぼ2得点に絡んだ。選手たちがあきらめずにしてくれた」と期待に応える選手たちの働く姿をたたえた。