任天堂がスイッチの生産台数より引き上げ、最大約3000万台に – 関係者 – Bloomberg

フォトグラファー:Kiyoshi Ota / Bloomberg

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

任天堂の家庭用ゲーム機「スイッチ」の組み立てメーカーに生産台数印象を再度要求し、タブー(2021年3月期)の目標を最大約3000万台に設定したことが、複数の関係者への取材で分かった。

同社はゲームソフト「集まれ動物の森」の大ヒットと新型コロナウイルスの拡散を受けた巣ごもり需要に対応される形で伸びたスイッチの売上高の増加への対応に苦慮している。 関係者は匿名を条件に、8月初めには、目標生産量を約2500万台に引き上げていたが供給不足は解消されず、組立メーカーの工場稼働率は現在120%に到達した。

「集まれ動物の森」の発売から半年経った現在でもゲームソフトとゲーム機本体の両方が販売好調を維持する異例の人気を集めている。任天堂のスポークスマンは、コメントを拒否した。

  

まだ健在

任天堂のスイッチのコンソールは、今年、日本での勢いを失っていません。

出典:Famitsu

2019年の廉価版ゲーム機「スイッチライト」の発売も人気拡大を後押ししており、任天堂は21年に、スイッチの新モデル発売とゲームソフトのラインアップ拡充を計画している。

ファミ通グループの森克彦代表は「潜在的な需要が強く、ハードがまだ広まっていない」と指摘した。 任天堂のゲームは、年末年始など安定的に収益を増やす傾向があり、それによって、本体の需要も増加すると予想している。 年内には、ソニーの「プレイステーション5 ‘とマイクロソフトの「Xbox(エックスボックス)シリーズのX’と ‘シリーズエス」の発売が予定されているものを購入する層は異なるため、「新しいハード発売による影響はあまりない」との見方を示した。

READ  [TGS 2020]東京ゲームショウ2020のオンラインには、34カ国で424の企業/団体が出展。 公式プログラムは、今日の20時から順次出荷開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です