二宮和也、菅田将暉のリアルな役割を絶賛「舞台が違う」/ 2020年9月14日1ページ – 映画 – ニュース


嵐の二宮和也が14日、都内で行われた主演映画「浅田家! 「完成報告会に出席した。公演の菅田将暉を「舞台が違う」と絶賛した。



[사진]二宮和也、須田将暉ら「浅田家!」完成報告会の姿


本作は、写真家浅田正志氏の「浅田が」「アルバムの力」を原案に実話をもとにオリジナルの要素を追加し、浅田さんが写真を撮って開始東日本大震災により、それでも家族の写真を撮ることに直面成長する姿を描く。メガホンを取ったのは、映画「湯を沸かす程度の熱い愛」で2016年の映画賞を総なめにした中野量太監督。

報告会では、二宮のほか須田、黒木華、風吹ジュン、平田が、妻夫木聡、浅田氏中野監督が参加した。

華やかなキャスト陣に二宮は「私にも見ていた人々であるので一緒に演技することができるのは、贅沢であった」としみじみ。 そうそうたるメント気が引けなかったか尋ねると、「戦うことはないので、すべて同じ方向に行くことを含めて、楽しくすることができたことはあります」と答えた。

また、今回の作品で二宮と初共演する妻夫は「感受性が豊かな人イゲトジウン考え続けましたが、画面から自由に羽ばたく人だと思って瞬発力がすごい」と絶賛。 一方、現場の二宮の姿について「一生懸命携帯電話をいじっているのですよ。何か勉強しているかと思ったら、「ズドラ」しているのです。専門的な技量のパズルドラウルシュシュシュンとしてよいですね」と明らかにして “その半年後くらいそのままの動きでCMをしていたので、この手の動きは、本人と思った」と笑った。

また、菅田は二宮を「緊張していた目が合った瞬間から不要な緊張がなくなった感じでした。癒え感じと暖かい何か現場を包んくださる」と表現する。 二宮も須田について「継続複数の作品を見ていて、一緒にやってみたいずっと思っていた一人だったので興奮した当日まですごく期待した」と回顧した。

ところが、二宮は「実際の現場に行けば全く須田君が目立たない。「まだ来ていないのか」と思ったら隣にいたんですよ。 その程度須田君ない言えば以上が、他の舞台が違うのです」との役割に入った須田気付かなかったようだ。「自分はまだ現場入り “今日はこんな感じだね」と、「エクストラ人こんな来てくれたよ」とかいろんなことについて反応してしまうのだが、須田君は今(須田演技)大野くんに過ぎないから、最初は本当に私ではない。 「ああ、あまりに軽薄な方ダメ」と教えてくれました」と須田の姿勢に感動した。

映画「浅田家! 「10月2日から全国公開。

READ  「MIU404 "最終回の驚愕演出感動? 反則? あなたの意見は?[스포일러 있음]- 徳島新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です