ログリッチが大会初の1級山岳仕上げを抑制アラフィリップリードを維持 – ツールドフランス2020第4のステップ| cyclowired

海抜1,825mの1級山岳オルシエール・メルレットトロ向かう上りのユンボ・ヴィスマレースを掌握。 大会初の首脳仕上げが設定されたツールドフランス4段階で根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)が勝利を収めた。


シス議論のボーム岩横を通過していく photo:Kei Tsuji


9月1日(火)4段階
システムの議論〜オルシエール・メルウォレット
距離:160.5km
獲得高度差:3,100m
天気:晴れ
気温:15〜23度

カテゴリー山岳スプリントポイント
51.5km地点スプリントポイント
67.5km地点3級山岳フェストール頭(距離7.6km・平均5.3%)
97.5km地点4級山岳コールパス(距離2.2km・平均6.3%)
125.5km地点3級山岳ローラ君に頭(距離3km・平均6.4%)
141.5km地点3級山岳山レジェ=レ=メレス(距離2.8km・平均6.8%)
160.5km地点1級山岳オルシエール・メルウォレット(距離7.1km・平均6.7%)

9月1日(火)4段階システムの議論〜オルシエール・メルウォレット160.5km9月1日(火)4段階システムの議論〜オルシエール・メルウォレット160.5km 写真:ASO9月1日(火)4段階システムの議論〜オルシエール・メルウォレット160.5km9月1日(火)4段階システムの議論〜オルシエール・メルウォレット160.5km 写真:ASO

スペアホイールまでのすべての軽量であるねオス・ザクロ・ディアススペアホイールまでのすべての軽量であるねオス・ザクロ・ディアス photo:Kei Tsuji完全チームワークに忠実なワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)完全チームワークに忠実なワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) photo:Kei Tsuji


大会4日目に1級山岳の頂上仕上げが登場

過去40年の大会をさかのぼるも、アルプスの本格的な通常の仕上げが大会4日目は、初期に登場したことはない(1979年大会の第3段階は、1級山岳個人TTが登場いる)。 2020年大会では、モンヴァントゥーとナチュラルプデュエズ、トゥールマレーのような有名な峠は登場しないが、3週によって合計29個のカテゴリーサンアクガ登場。 これは2019年の27(元は30だったが、コース短縮に減少)、2018年26、2017年23という数字を上回ることで、「登山方向」というのも納得がいく。

4つのステップは、前日の仕上げポイントで日アルプスに。 まず選手たちはオート=アルプ県の4つの3級山岳と4級山岳を通過し、そこから1989年から登場した1級山岳オルシエール・メルレットトウル跳ぶ。 海抜1,825mのスキーリゾートに至る登山距離7.1km・平均6.7%で、決して効果的な難易度ではなく、まだパリまで2,800kmほど残っているが、各選手のコンディションの良し悪しを図る初めての指標として注目された。

秋の訪れを感じさせる気温22度辛い空気の中で、システム討論誇るボーム岩横を通過した後、正式スタートが切られると早速6人の逃げが始まる。 この日の関心は、ドゥークーニンク・クイックステップジュリアンアラフィリップ(フランス)のマイヨジョーヌ維持に関心を示すかどうか。 答えは「表示」から時間差が4分まで広がったところ、チームデクレルクエ(ベルギー)とレミカーブワニャ(フランス)集団先頭で警護を開始した。

時間差の3分の入った51km地点のスプリントポイントはサム・ベネット(アイルランド、ドゥークーニンク・クイックステップ)が首位通過。 ベネットポイント上の順位でピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)に並んでいるが、総合成績で上位刊でマイヨヴェールを剥奪することができなかった。

逃げグループを形成した6人
アレクシ・ヴィエルモ(フランス、ああ第二ジェル)3分53秒の遅延
クリスツ・ニランズ(ラトビア、イスラエルの開始ネーション)7分17秒の遅延
ニルスポケットリッツ(ドイツ、イスラエルの開始ネーション)18分00秒の遅延
チシブノワト(ベルギー産ウェブ)18分00秒の遅延
簡単・パセ(フランス、B&Bホテル・バイタル概念)18分00秒の遅延
マチューブルー高度(フランストータル・ディエネルギー)34分01秒の遅延

3級山岳フェストールパスを通過した後ニルスポケットリッツ(ドイツ、イスラエルの開始ネーション)が単独で飛び出す形になったが、最後まで90km残っていたことも逃げグループは6人で帰ってくる。 山のウェブと2年契約を更新したばかりのチシベノト(ベルギー)の舞台優勝に向かって力強い走行を見せたが、下り区間で落差て排除した。 断続的なアップダウンをこなし、最後から二番目の3級山岳山レジェ=レ=メレッズに到着頃には先頭はクリスツ・ニランズ(ラトビア、イスラエルの開始ネーション)で簡単・パセ(フランス、B&Bホテル・バイタル概念)アレクシ・ヴィエルモ(フランス、ああ第二ジェル)の3人に絞られた。

開始直後から逃げグループを形成したチシベノト(ベルギー産ウェブ)など開始直後から逃げグループを形成したチシベノト(ベルギー産ウェブ)など 写真:CorVos
仲間に守られるタイツジョーヌジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ)仲間に守られるタイツジョーヌジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ) 写真:CorVos
アルプスの深さに向かう逃げグループアルプスの深さに向かう逃げグループ 写真:CorVos


ユンボ・ヴィスマが1級山岳レースを掌握

ドゥークーニンク・クイックステップ率いる主要集団が着々と時間差を埋めるのうち先頭はニランズが独走に持ち込み最後の1級山岳オルシエール・メルウォレットに。 ニランズは、速度低下することなく追い風に乗って、残りの10kmのアーチを通過したが、登山のためにポジション争いを繰り広げる総合系チームの速度は勝つことができなかった。

一人で逃げていたニランリューズ飲み込んハイスピードで1級山岳オルシエール・メルウォレットに突入した100人未満の主要集団。 ズラアヒルリノ登山が開始されると、ドゥークーニンク早い段階でユンボ・ヴィスマの牽引に切り替えて、残りの5kmをオフにして攻撃したピエール・ロラン(フランス、B&Bホテル・バイタル概念)を吸収する。 7%程度の傾斜が淡々と続けて登るミラノ – サンレモ敗者のワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)がフェイスメイクを担当した。

主な集団を牽引するワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)主な集団を牽引するワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) 写真:Luca Bettini
1級山岳オルシエール・メルレット討議登山をこなしジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ)とエガンベルナル(コロンビア、ねオス・ザクロ・ディアス)1級山岳オルシエール・メルレット討議登山をこなしジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ)とエガンベルナル(コロンビア、ねオス・ザクロ・ディアス) 写真:Luca Bettini
1級山岳オルシエール・メルウォレット集団牽引を担当したワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)1級山岳オルシエール・メルウォレット集団牽引を担当したワウトファンアルト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ) 写真:CorVos
1級山岳オルシエール・メルレットトウル駆け上がる主要集団1級山岳オルシエール・メルレットトウル駆け上がる主要集団 photo:Kei Tsuji
ファンアルトはライバルたちに攻撃する隙を与えない強力な牽引を見せ総合3位のマークひルーシー(スイス、山ウェブ)とセルジオある他(コロンビア、EFプロサイクリング)リチャール・カラパス(エクアドル、ねオス・ザクロ・ディアス)を理由。 フラムルージュ(残り1kmアーチ)を控えてジョセップ・ボックス(アメリカ、ユンボ・ヴィス)がさらに速度を上げ、スロベニアチャンピオンを最後までエスコートした。

マイヨジョーヌアラフィリップとエガンベルナル(コロンビア、ねオス・ザクロ・ディアス)デイ・ポケットがチャール(スロベニア、UAEのチーム首長国連邦)など主役が集結した主な集団で、残りの600mでスパートをかけたのは、ギョーム・マーティン(フランス、コフィディス)。 フランスの期待若い万能の加速は、ログリッチが自ら反応してアラフィリップとポールがチャールがこれに続く。

残り250mでマーティンが再び加速したが、ライバルを引き離すことができず、カウンターをかける形で加速ログリッチが上。 下ハンドルを握って下を向いて身悶え続けログリーチが完全に出る。 ポがチャールとアラフィリップを振り切る形でログリッチが悠々とフィニッシュラインに手を上げた。

1級山岳オルシエール・メルウォレットを高速で駆け上がるジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ)など1級山岳オルシエール・メルウォレットを高速で駆け上がるジュリアンアラフィリップ(フランス、ドゥークーニンク・クイックステップ)など photo:Kei Tsuji
最高速度52.2km / hで疾走する根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)最高速度52.2km / hで疾走する根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) 写真:CorVos
スプリント勝利を飾った根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)スプリント勝利を飾った根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) 写真:CorVos


ログリーチが曲の良さを示して舞台優勝

“あまりにも速度が速く、非常に難しい舞台だった。仲間たちの優れた機能のおかげで、集団内で、常に良いポジションを維持することができ、良い形に仕上げ持ち込むことができた。」 鉄壁のユンボトレイン監視大会初の首脳仕上げでライバルを退けたログリッチはこう言う。 「マイヨジョーヌに手が届かなかったが、とにかく安全に今日の舞台を消化ステージ優勝という結果に仕上げることができて良かった。このままの状態でレースを進めたい。すでに第2ステージでも音色の利点を確認することができたが、皇太子妃の落差で復活していることを改めて感じた」

ログリッチと同じ時間に仕上げたのは16人。 ボーナスタイム10秒を獲得したログリッチが総合3位に浮上したが、ステージ5位のアラフィリップが総合1位、ステージ10位アダム・イエーツ(英国、ミッチェルトンスコット)が総合2位の座を守っている。 「舞台優勝とマイヨジョーヌを維持という二つの目標を達成することができなかったが、チームは作戦を完璧に消化してくれ、後悔はない。最善を尽くしたが、自分よりも強い選手に負けだけだ」とタイツジョーヌを保ったアラフィリップ。

この日の期限は34分41秒。 前日のステージ勝者カレブユアン(オーストラリア、ロットス扱う)を含む最大グルペット20分13秒遅れのレースを終えた。 大会初の山岳決戦を終えたプロトンは、翌日から山塊(はMassimilianoプサウンドトラックル)に向かって西進。 第5段階は、強風に注意が必要な平坦なコースが設定されている。

アルプスを眺める1級山岳オルシエール・メルウォレットアルプスを眺める1級山岳オルシエール・メルウォレット 写真:Luca Bettini
1級山岳オルシエール・メルウォレット登山マイヨヴェールのピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその)1級山岳オルシエール・メルウォレット登山マイヨヴェールのピーター・サガン(スロバキア、紫ハンスその) photo:Kei Tsuji
ステップ1勝目を飾った根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)ステップ1勝目を飾った根モシュログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) 写真:CorVos
https://www.youtube.com/watch?v=Zju4ixNmCMI

READ  渋野ひなこは初日2アンダー/ ANAインスピレーション速報 - ゴルフダイジェスト・オンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です