レブロン・ジェームズがナゲッツの「終盤力」をねじ伏せる大活躍レイカーズがNBAファイナル進出を決めた – バスケットカウント| Basket Count

38得点16リバウンド10アシストを記録

レイカーズが3勝1敗でリードして迎えた西カンファレンスファイナル第5戦。 それでも言葉の最初のラウンドは、ジャズ、セミファイナルでは、クリッパーズを相手に1勝3敗で逆転してきたチーム。 レイカーズで相手を追い詰めたが、ここで1回た形勢逆転される可能性があり、緊張感のある試合となったが、ここでシリーズ最高ともいえる勝負強さを見せて117から107で勝利した。 リードしながら3クォーター終盤に一度基づいてついているのも、次は振り切って西カンファレンス優勝を占めた。

まだ両チームとも観望開始6分ニコラヨキッチが2番目のファウルベンチに下がる。 ジャマールマレーと一緒にナゲッツをドラッグヨキッチが前半8分ほどしかプレイできないことで、レイカーズが主導権を握った。

それでも言葉チームのユニゾン守備で10点内外のビハインドのまま頑張りが、10点ビハインドの後半徐々に無理攻撃をかけたマレーが右ひざを痛めてしまう。 その後もマレーは微弱状態でプレーを続けたが、ドライブに飛び込ん力強さはなかなか発揮できなかった。

しかし、言葉も、ここで他のメンバーが分岐。 ポールミルセプジェレミー・グラント、またベンチスタートのマイケル・ポーターJr.とモンテモーリスが二エースの分まで攻撃してレイカーズに食べつく。 3クォーター約2分半でヨキッチが再びサンパウロベンチに下がるも、ここでマレーが攻撃を解禁。 9-2の実行に一度タイに沿った。

ヨキッチがファウルトラブル、マレーが右ひざの負傷しながら、最大16点のビハインドを帳消しして従事取り寄せナゲッツは終盤の逆転に自信を持っている必要があります。 しかし、それを許さなかったのは、レブロン・ジェームズある。 この試合で、普段以上のエネルギーで空輸に奮闘していたレブロンは最後の勝負でエンジン全開。 まるでキャバリアーズ時代のように、ほとんどのシェアで自ら歩いて4クォーターだけで16得点を記録した。

ファウルトラブル結ぶから解放されたヨキッチの奮闘で言葉も、残りの4分半で4徐々に差を詰めたが、そんなナゲッツ “終盤力」までレブロンねじ伏せレイカーズが最終的なスコア117から107で勝利している。

レブロンは38得点、16リバウンド、10アシストとほぼヨキッチとマレーの2人分の仕事をこなすた。 「私の仕事の正しいプレイを選択する。今日はそれをした」と試合後に語ったレブロン。 レイカーズは周囲の才能を生かす意識が強く出ているが、この試合で「正しいプレー」は、自分の勝利を奪っていくのだった。

今レイカーズはNBAファイナルに進出した。 ヒットとセルティックスの勝者と対戦する。

READ  代打坂倉弾で広島3連勝! 巨人は追加点取れず/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です