レッドブルF1ルノーに反論「ホンダは、ベンダーではなく、パートナー “[F1-Gate.com]

レッドブルF1チーム代表クリスチャン・ホーナーチームがエンジンサプライヤーであるホンダF1と完全に統合されていないため、「チャンスを逃さている」としたルノーF1の主張を否定した。

作業チームのベンツ、フェラーリ、ルノーとは対照的に、自動車ではなく、火はエンジン常に外部業者と協力してきた。

F1イタリアのGP金曜日に開かれた記者会見で、ルノーF1チームの代表的なシリルアビテーブルはレッドブルホンダメルセデスの2020年の最初の躓いてもはシャーシ側とエンジン側が完全操作を実行することができませんが、その邪魔にされていると主張した。

「レッドブル良いチームだと思いますが、私の考えに火現代のF1でのチャンスを逃している。 全く別のシャーシの組織とエンジン組織を持つことができない」とシリルアビテーブルは発言。

「一貫して勝つために戦いたいなら、それは考えられない。シーズン序盤、最終的シーズン全体で直面することができる古典的な、おそらくそれを証明するものである。本当に1つのグループは、1つのチームは、1つの考えを持っている必要がある “

この発言を受けてレッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナー、一度のF1エンジン供給メーカーであるルノーよりも、現在のホンダF1との関係がより緊密と反論した。

「彼の理論は、私たちが独自にエンジンを生産していないものと完全に統合されていないため、勝つことができないものであった」とクリスチャン・ホーナーた。

「自分の意見を見ることができますが、非常に興味深いものであった。彼らはそのように私たちは、ホンダと統合されて言いたい。本格的なパートナーシップであり、V6時代より統合された “

「私たちは、ルノーエンジンの代金を支払って、4回の優勝、60勝を挙げたホンダは、顧客やサプライヤーとの関係ではなく、協力関係である。だから、彼の意見には反対だ」

ホンダは日本のメーカーであるため、地理的な問題があるのではないと質問したクリスチャンホノウン「パリとサイエンストンほどではない。ホンダは、すべてのレースチームの本拠地の近くのミルトンケインズ工場に置いている。このため、ホンダのエンジン部門は、ルノーのそれよりも私たちの近く ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルノー / ホンダF1

READ  MotoGP第7戦:ペトロナスヤマハアンビルビデわけ初優勝。 トップランククアフィルターとで2回伝道を受ける - オートスポーツweb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です