レッドブルF1、ポルシェとF1エンジン供給のための交渉と報道[F1-Gate.com]

ホンダのF1撤退を受け、レッドブルがポルシェとF1エンジン供給の交渉を行っている F1インサイダー が報じた。

ホンダのF1撤退してレッドブル2022年F1エンジンサプライヤーを見つけるなくなったがオーナーであるエディットリッヒ・マテシトチュはメルセデスとの協力を期待しておらず、過去の戦い別れたルノーとの再会も不可能だとされている。

そんな中、F1インサイダー はレッドブルがポルシェとF1エンジン供給を協議していると報道した。 しかし、ポルシェは2022年から参加したくないとしている。

親会社のフォルクスワーゲンのCEOであるヘルベルト・ディスはF1が2023年から導入を計画している」の合成燃料」を採用すると「フォーミュラEよりもはるかにエキサイティングで楽しい技術競争」になると述べたが、実際にはエンジンのルールが変更される2026年まで参加を待ちたいと思いとなっている。

だからささやかれているのが、レッドブルがホンダF1での知的財産権を取得して、独自のエンジンを開発していくという考えである。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハも火既存ホンダのF1エンジンに支えられなければならない提唱者である。

「これから火新しいエンジンパートナーを見つける必要がある。しかし、メルセデスは不可能である。少なくとも、まだそこには関係がない」とラルフ・シューマッハ スカイスポーツニュース と述べた少なくともまだ関係がありません。

「ルノーも同様の問題がある。彼らも、その件について完全に満足したとは思わない。シリルアビテ今を生きるアルピヌの新CEOになった今では完全に試合のプログラムを担当することが難しいワックス。もちろん、まだ2021年の末までエンジンはある」

「実現可能なオプションは、独自のエンジンを作ることができるかもしれない。レッドブルは、その能力と可能性があり、その場合ホンダのパートナーでコントロールして、すべてのことを続けることができるだろう “

「2021年末からエンジンはやや凍結される。それまでホンダも展開で進んだ。来年のワールドチャンピオンを戦いたいと思っているだろうからね。このような観点から見れば、それも代替案になることができる “

また、ラルフシューマッハはF1でエンジンメーカーが減少することは心配しないで、フォルクスワーゲンとポルシェが噂を2025年に現実になるように努力して言う。

「メルセデスは何もF1の一部が続いものであり、顧客のためにエンジンを生産すること」とラルフシューマッハは言う。

“誰もがそれを望んでいる。マクラーレンは来年メルセデスのエンジンを手に入れる。しかし、ルノーが良い仕事をしていることを認めなければならないので、メーカーが不足可能性はないと思う」

「いつか2025年あるいは2026年にフォルクスワーゲンとポルシェが帰ってくるという噂がある。もちろん、そうなればいいでしょ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フォルクスワーゲン / ポルシェ

READ  中日が来た! 4連勝で3位浮上ビシも2発など計4発、好投の福谷2勝目(野球の王) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です