レッドブルF1、ハイレキ限界説に反論「メルセデスも後方車高を上げている」[F1-Gate.com]

レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、今年の問題を引き起こすことは、エイドリアン・ニューウェイの「ハイレキ」概念との見解を否定。 たとえば、正反対のアプローチされているメルセデスも背面車体の高さを上げている点を指摘した。

長いハイレイクコンセプトを採用したレッドブル “最強のシャシー」と評価されてきたが、その神話も崩れている。

一度レッドブルコンセプトを模倣したチームも、今では、メルセデス型レイク角度が少ない概念に転換を進めている。

レッドブルF1は今シーズンのマシンで前の部分の空力哲学を変更します。 F1ベルギーのGPの金曜日の記者会見では、その対応はハイレキ誤った概念の証拠はないかという質問が行われた。

「全くそうではない。メルセデスリアガレージを上げ続けていると思う」とクリスチャン・ホーナーコメント。

「この数年の間にどのように増加しているかどうかを見れば、私たちともかけ離れたはないと思う。だから、その意見には同意するのは難しい」

「現在のシステムは、空気力学的に非常に複雑である。船ボードフロントウィング、フロントウイングの下側を構成するコンポーネントを確認する知ることができるだろう。他の条件で完全に調和された状態で動作しないことができる “

「我々は、機械何働かないかを正しく理解していると思うし、よく良ければ良い肯定的なステップを果たす開発が進行中である “

「現在、私たちの優先順位は、週末を最大限に活かし、それが何をもたらすかを調べるものである。日曜日は楽しい天気になるだろうし、それはもう一つの要因をもたらすことができる “

コンピュータが正常に動作していない理由について質問したクリスチャンホーナー「メルセデスはシーズン終了時に素晴らしい仕事をしたと思う。彼らは非常に競争力のあるマシンを作り出した」と述べた。

「それでも現在、我々はメルセデスのチームに分けて入れることができ、それマックスによる多大な成果だ。格差を減らすために非常に熱心にしている “

「しかし、彼らは大きな機械であり、よく油がさされ、潤沢な資金がかかった機械である。もちろん、彼らは現在のパッケージに非常に良い仕事をしている。私たちも努力であり、良い結果を出すことができる」

「もちろん、ギャップを埋めるしたいと思います。それは、今年だけでなく、来年にも適用されるものであるからね。進行中の開発があり、シーズン序盤の問題をよりよく理解し、開発の強力な流れをコンピュータに従うことができると考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン

READ  ドラギトチとバトラー、2人の指導者が牽引したヒットが17点のビハインドゥウル覆しセルティックスに2連勝 - バスケットカウント| Basket Count

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です