レッドブルホンダF1 “今メルセデスに失うものはない」[F1-Gate.com]

レッドブルホンダF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーが、2020年F1世界選手権後半は「失うものはない」という気持ちで戦っていくと述べた。

全元F1トスカーナGPでアレキサンダーアル本家F1初表彰台を獲得したのは、良いニュースだったが、マックスフェスタッドペᆫヌン第2戦連続で引退をされた。

マックスフェスタッドペᆫヌンドライバズランキング首位ルイス・ハミルトンで80点の差となっており、コンストラクターランキングでレッドブルホンダはメルセデスに152ポイント差をつけている。

クリスチャンホーナータイトルの競争はほぼ「信号なし」であり、残りのすべてのレースが「最後のチャンス」と述べた。

「次のロシアのGPはメルセデスが誇る種類の回路なので、彼らは意欲的に取り組んで圧倒的な性能を示すものと考えますが、オールシーズンタイヤデグラデーションが非常に興味深い要素がされている。トスカーナGPで大きな問題は起こらなかったが、彼らはこの部分に対して非常にナーバスになっていることが聞こえた。縁石かとドライバー2人に指示を提供した」

「ロシアGPで、私たちが笛の勝負をかけて圧力をかけることができれば面白いだろう。圧力をかけることができている場合の機会を得ることができる “

「タイトル争いは、現在、我々は、ほとんど圏外で、残りのすべてのレースが最後のチャンスになる状況である。失うものはないという気持ちで戦っていく。我々はタイトル争いに参加するポジションまで戻ると強く決意している。そして、必ず戻って見える “

「メルセデスは、障害物を継続上げており、優れた仕事をしているが、勝つことができない相手ではない。努力を重ね頭を使用して、適切なメンバーを集めるだけである。そして、私は今のチームには、これらの条件が揃っていると強く信じている」

「工場には、才能のある従業員を備え、現場のチームも強力層が厚いので勝機は必ずやってくる。そして、とにかく努力を続けるだけだ」

「私も46歳、今の牧場で在籍期間最長のベテランチームフリー時パールが、動機は、15年前から変わっていない」

「ホンダについて話すとき、彼らは、ハイブリッドの時代に、異なる2チームでGP優勝を経験した唯一のエンジンマニュファクチャラーという素晴らしい業績を達成した。私たちは、彼らと勝利と敗北の喜びと痛みを共有しており、真のパートナーシップを造り上げることができる “

「私たちは、ホンダの電源との仕事を心から楽しみながら、最近発生した問題の解決のために独自の真心で一緒に働いている。私たちの目標は、一、F1チャンピオンシップを一緒に勝利だけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1

READ  巨人カンノウンなぜ支持? おやつ氏挙げ、4つの要素 - プロ野球:日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です