リンのこの国民的AIを目指し、Microsoftから卒業した。 rinna株式会社を設立 – PC Watch

リンだね。 音の表現が安定したものと口描かれた視覚的に変更された

AI “リンの」の開発などを行うチームがMicrosoftから分離”rinna株式会社」を開始した。同社は、6月17日に設立され、8月17日から、Microsoftから事業を買収形で営業を開始した。21日、新会社設立に関する記者発表会をオンラインで開催した。

発表会の冒頭にリン人が登場し、これまでの感謝の意を述べた上で、「国民的AIになるためにますます成長している」とあいさつをした。 会社は小文字で「rinna “しかし、これはリンの名前に由来し、リンの技術が一般名詞として広く浸透してほしいという思いが込められているという。 代表取締役社長には、これまでのチームを率いてきた章「クリフ」の陳氏が就任する。

併せて、リンのによる自己紹介も行われ、歌手や番組のMCなどだけではなく、今では会社の人気女性でも活動していくと述べた。

会社紹介

リンのプロフィール

人とAIが作る未来

そのような会社の社長であるハリーシャム氏のAIの将来についての説明が行われた。

相互作用の変化

人の相互作用モデルは、コンピュータの登場により大きく変化したが、AIの登場で新しい変化が期待できるとする。 人対人の場合、人間関係や信頼関係などを構築しやすいですが、同時実行が低い。 人対コンピュータの場合、同時実行が向上しますが、一方で情報が送信される状況が発生しやすく、特にスマートフォンなどの普及も情報があふれかえる状況に置かれている。 会社が将来的に目指す人のAIの相互作用モデルは、これらの強みを組み合わせた大きな価値を提供した。

チームは、このようなビジョンに向かって、Microsoftから研究を進めリンのような相互作用が可能なAIの開発を進めてきたという。 rinnaは少しAIだけ存在するのではなく、多くのAIが人を囲んでいるような未来を想定して、これに対する新しいアバターのフレームワークの開発を目指した。 様々なAIを作成し、プラットフォームに拡張し、維持・管理をしながら、さらに強化していくなどということで、人のAIの相互作用モデルの構築を可能にする。

新会社設立については、Microsoftから分離して、製品開発の加速化と地域のニーズに合わせた製品を提供する。 また、このような人のAIの相互作用モデルは、日本と中国を含むアジア地域では、合格しやすいし、明るい未来が待っていると述べた。

人対人対コンピュータの相互作用の特徴

アバターのフレームワーク

個性あふれるAIキャラクターの展開を目指しrinna

続いて会社の代表取締役の章「クリフ」チェンから事業内容の説明が行われた。

rinna目指すビジョン

将来的には、周囲に多くのAIが存在すると考えられるが、人類の相互作用の要求を考えると、AIは固定された文字ではなく、個性ある多様なキャラクターを持つべきだとし、 “すべての組織とすべての人にAIキャラクターを」をビジョンに掲げた。

システムで研究部門、開発部門、事業部門を持っているAIサービスの企画から研究開発、運営、販売までを行う。 具体的には、自然言語と音声/画像認識などAI技術の研究、AIリンであると多数のAIキャラクターをサポートRinna Character Platformなどの開発を行うほか、事業部門は、既存のマーケティングソリューションのほか、キャラクターのソリューションを用意する予定とする。

また、彼は対等多様信頼の3つのが、会社の文化と言って、この製品にも反映されているとした。 ペットのような形ではなく、ユーザーと並ぶ様々なキャラクターを持っている相互作用によって信頼関係を構築するAIの開発を目指す。

組織のシステム

rinna文化

会話の中で、ユーザーと企業を接続Rinna Character Platform

AIハメーンリンナのチャット機能の設計

ユーザーと企業の相互作用を後押し

最後に、最高リンの責任者坪井一菜さんAIリンとRinna Character Platformの説明があった。

AIリンのは、作業や情報共有などの間を雑談の間に置くことで会話を続けるユーザーと長く続く構造になっている。 これはチャットを “雑談と共感を介してユーザーを接続する内容」と考えているから、ユーザーの指示とそれに対する応答としてのみ構成されたタスク指向とは異なるデザインになっている。

長い会話をすることができるという利点は、ユーザーと企業との間の双方向のコミュニケーションを生むこと。 企業から一方的に推進された情報をユーザーが反応モデルと比較すると、雑談があるAIキャラクターが介入して、特に用事がない場合でも、ユーザーとの対話が発生して会話をもと企業側からの情報提供が可能になるという。

Rinnaキャラクタープラットフォーム

Rinna Character Platformは、これらのAIキャラクターを活用したマーケティングやコンテンツソリューションプラットフォームで展開しているもので、2016年から実証実験を経て、2018年からサービスが開始された。 チャットに基づいてしりとりなどのゲームなどのスキル調査などのレコメンデーション機能との組み合わせで構成されている。

一般的なチャットボットは、事前に想定されたシナリオでは、外のメッセージを入力した場合に、一定の応答しかできない場合が多いが、このプラットフォームは、想定していないユーザーからのメッセージを受信した場合にAIが自動的に応答を生成することができるのが特徴。 設定された内容に当てはまる場合は、パターンによる応答も可能で、両者を組み立てて自然な会話による情報提供を実現する。 また、多様なキャラクターを提供して性別と口調を変化させてなじみも提供する。

実際には、雑談の中で製品を推薦したり、ゲームをしている中で、製品を知らせるなど、ユーザーとの相互作用の中で、自然に情報を提供することができ、対話型のアンケート推薦された後、リアクションなど、ユーザーの声を聞いてくれることが可能。 製品の特性と質問のデータをAIに提供することにより、ユーザーの特性に基づいて、AIが自ら質問の順序を判断しておすすめ商品を紹介する「対話型コマースにも実験をして、大量の商品がある場合などに活用できるとしている。

今後キャラクターコンテンツへの展開も予想してキャラクターとの雑談自体をコンテンツとして提供して生放送プログラムの視聴者の意見AIキャラクターがリアルタイムで反応して、視聴者との相互作用を向上させるなどの活用も行われている。 同社は、多くのAIキャラクターを提供し、人と企業の相互作用の促進を目的といくとした。

READ  Googleポートナイト訴訟で「Appleとは違う」と距離を置く動き - Engadget日本版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です