忍耐の末念願の勝利を獲得した。 ヤクルトの開幕投手を務めたベテラン左腕、石川雅規投手(40)がDeNA戦で5回2/3を4安打2失点、シーズン初勝利を挙げた。

現役最多の通算172勝チェウンプロ入り19年連続勝利と球団生え抜き初の40代の勝利。 記録だらけの1勝を選抜10試合ぶりに立てた。

◇◇◇

勝利のハイタッチ。 キャプテン青木に背中を押され石川は先頭ナインを迎えた。 「すべての何とか(勝つたい)は、気持ちが伝わってきた。 私はそれ応えできるように攻撃することができたと思います。 「開幕戦から3ヶ月半。」喉から手が出るほど欲しい」と語った勝利をやっと手に入れた。

40歳。 決して球は速くない。 プレートを踏む位置をルー側三塁側と変えたり、小さく動く変化球に芯を遅らせたり。 「ルールで定め2試合されているので。」 過去2試合で防御率11・05と打ち込まれたDeNAを「技術」から5回まで1安打に防いだ。

真た。 3年ぶりの開幕投手を務め、これまで2試合で勝利投手の権利が下車した。 体調不良で2軍に落ちた。 「苦しい、悔しい。私にも折れ時期があった。 ” クラブハウスでは、後輩を心配した。 床」明日、明日」 良いプレーは “ありがとうございます”と声をかけた。 そして戻ると一転、励まされた。 婦人科の最愛の息子二人は、「積極的に努力する姿に勇気を得るだろう “と明るく頑張ってくれた。 「石川としてもチームで戦っていた。今回は、父が努力度」と念を押した。

何よりも、準備を大事にする。 投手練習1時間前にグラウンドに。 選抜翌日も問題がある場合ブルペンで不安を無視します。 その繰り返しで、19年勝ってきた。 「一つ勝つことは非常に難しいこの時期の1勝ち恥ずかしいですよ。続けてくれた監督とコーチの残り試合は勝利で返していきたい。」 同様に10試合目で初勝利した10年前、後半挽回11連勝した。 目標の200勝までの歩みは止まらない。[카 마타 요시미]