ヤクルト村上宗隆の「意外な進化」はMVP級? 週間セパレーション性的&珍記録整理 – プロ野球 – Number Web

9月には、連休があったこともあって試合日程がますますタイトになった。 ベテラン難しい一定である。

[이번 주 “피카 이치 선수”야쿠르트 무라카미 宗隆]

読者の皆さんは、ヤクルトの村上宗隆進歩したと思うか、それとも足踏みをしていると思うか?


昨シーズンは、高校2年生本塁打はリーグ3位36本塁打、打点も3位96打点を上げた。 昨年9月4日には32号を打っ清原和博の31個を更新する「10代にホームラン記録」を上回っている。

しかし一方で打率は.231に最下位三振も184に最も多かった。 しかし、風変わりな若い強打者が登場したと考えたのだ。

ホームランなど豪快は低くなったが

それに比べて今シーズン(※村上の数は22日終了時点)は、打率2位.332、打点3位57打点だが、ホームランは6位の16個。 豪快さを要求するファンが「不足」と思ってもおかしくない。

しかし、打者として評価では、村上は長足の発展を遂げたわけだ。

セイバーメトリクスはRC(Run Create)という指標がある。

ヒットホームラン長打、砂丘、盗塁、盗塁死、犠打、犠牲フライ、三振、併殺打などの数を導入したものである。 打点に近い数字になる。 シーズンを通した指標で、100を超えると優秀である。

2019年セ・リーグRC順位は次のようだった。

1鈴木誠也(広さ)126.93
打率.335 / 167安打28本
87点103 4ゴール81三振
2坂本勇人(巨大)121.48
打率0.312 / 173安打40本
94点77 4ゴール123三振
3山田鉄人(よ)121.11
打率.271 / 141安打35本
98点110 4ゴール121三振
4床夏帆(ジャイアント)102.49
打率.292 / 156安打27本
89点86 4ゴール125三振
5ソト(De)95.94
打率.269 / 139安打43本
108点59の4ゴール98三振
6筒香嘉智(De)94.22
打率.272 / 126安打29本
79点88 4ゴール141三振
7三菱も(中)92.28
打率315/168安打18本
93点41 4ゴール88三振
8岡本和真(巨大)90.64
打率.265 / 147安打31本
94点62 4ゴール132三振
9大島洋平(中)87.09
打率0.312 / 174安打3つ
45:50フォアボール78三振
10青木(よ)82.93
打率297/145安打16本
58点61、4ゴール72三振
11村上宗隆(よ)82.08
打率.231 / 118安打36本
96点74 4ゴール184三振

村上のRC82.08は19歳でシーズン抜群の数であるが、全体的には11位。 「この年齢で」と手がかりがつく評価だ。 マイナス要素はヒットの少なさ、そして三振が多いです。 74四球良い数字であるが、NPB歴代4位の184ものサムジンガこれを無視した。

[다음 페이지]今年RC村上はどうなる?

READ  久保建英地元紙が報じているビジャレアル入っ膜は? 使用料は、結果に応じて、排液6億円(THE ANSWER) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です