モトローラ、縦の折り5Gスマートフォン「motorola razr 5G」 – 携帯電話Watch

モトローラは、フィーチャーフォンのように折る5G対応のAndroidスマートフォン「motorola razr 5G」を発売する。 日本での発売を検討しているが、スケジュールと価格は未定。

「motorola razr 5G」の特徴は、フィーチャーフォンのように折ることができるという点。垂直本体を上下に縮小することができる。折りたたんだ状態で約85cm3されると、カードデッキサイズのコンパクトサイズとする。

折りたたんだ外部にすぐに表示ディスプレイを搭載し、本体を折りたたんだ状態でもメッセージを送信したり、ビデオ通話などを楽しむことができる。 このほか、ユーザーの任意のアプリケーションを起動することができる。 基本的には、カメラ、メッセージ、計算機、Keep、Google News、Google Home YouTubeで8つのアプリがパネルに配置されているが、ユーザーが簡単に利用しようとするアプリケーションを選択し配置することができる。

また、高速ビューディスプレイは、ジェスチャーナビゲーションに対応して送信してください角度からカメラや携帯電話などのショートカットにアクセスすることができる。

メインディスプレイは6.2インチでアスペクト比は21:9のヒンジ部分は、ディスプレイ部分は縮小、また、開いたときに、画面が平面になるように調整されている。

耐久性試験は、秋と温度のほか、折りたたみサイクル試験も実施しており、20万回の縮小に耐えることができます。 これは1日100回縮小ユーザーも5年以上かかる計算だという。

メインカメラは、クワッドピクセル技術を搭載した48MPカメラを搭載。 低調都市の感度を4倍に向上させ、光学式手ブレ補正機能は、レーザーオートフォーカスをサポートします。

また、メインカメラは、高速ビュー・ディスプレイの上部に配置し、撮りカメラでも機能する。 グループセルフィッシュ縦モードの特色などのカメラモードを備えており、撮影中に高速ビューディスプレイにアニメーションを表示することで、子供など被写体の視線をカメラに向けることができる。

ビデオ撮影では手ブレ補正機能に加えて、水平撮影をアシストする水平線補正機能をサポートします。 水平線にプラスマイナス5°までの角度で自動的に水平になるように調整する。

あるカメラ20MPカメラを搭載。 大きな液晶での撮影とビデオ通話を楽しむことができる。

チップセットは「Qualcomm Snapdragon 765G」、GPUは「Adreno 620」を搭載する。 メモリは8GBのストレージは256GBで、1つのnano SIMカードとeSIMを支援する。

バッテリー容量は2800mAhで15Wの急速充電に対応。 Wi-Fiは、IEEE 802.11 b / g / n / ac(2.4GHz / 5GHz)、Bluetooth、5.0、NFCをサポートする。

対応するバンドは、5Gがsub-6 n1 / n3 / n5 / n7 / n28 / n41 / n41 HPUE / n77 / n78 / n78 HPUE / n79 / n79 HPUE。 4G LTEは、1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40/41/42/46/66/71をサポートします。

本体の大きさは、開いた状態で、約72.6×169.2×7.9mm、折りたたんだ状態で約72.6×91.7×16mm、重さは約192gで、本体は防水設計がなされているが、防水ではない。

色はPolished GraphiteとLiquid Mercury、Blush Goldをラインナップする。

左からPolished GraphiteとLiquid Mercury、Blush Gold

製品には、本体のほか、15W急速充電アダプタ、USB Type-Cケーブル、3.5mmヘッドセットアダプタアクセサリーポーチなどが付属する。

READ  リンのこの国民的AIを目指し、Microsoftから卒業した。 rinna株式会社を設立 - PC Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です