マクラーレンF1、アジア企業のスポンサー獲得を目指し[F1-Gate.com]

マクラーレンF1はアジア圏でより多くのスポンサーを獲得することにより、チームのスポンサーの数を増やすことを目標にしている。

ランドノリスとカルロス・サインツのドライブのためにマクラーレンF1マシンには、41社のうち16社のアジア圏のスポンサーが掲載されているが、マクラーレンF1のCEOであるジャック・ブラウンは、アジア圏のブランドの存在感を高めてたいと考えて言う。

「私たちが勝利していなかったのは、多くのアジアに拠点を置くパートナー」とジャック・ブラウン オンラインでの重要なすべてのもの2020 会議で語った。

「以前の私の役割は、LGとLenovoがスポーツに参加することができたのは幸運だった。その多くのアジアの拠点より多くの企業がF1に参加することを願っている。だから、今日よりも意識を高める必要があると思う”

世界的な新型コロナウイルスの大流行に起因した厳しい財政状況に応じてマクラーレンは今年の混乱したF1シーズン中、可能な限り最善を尽くして、既存のスポンサーにサービスを提供していてきた。

ザック・ブラウンのチームは、すべてのパートナーとの議論シーズンの新しい計画を作成したと説明する。

「私たちは、自分の痛みを除けば非常に積極的な方法で、各パートナーとケースバイケースで働いている。そして、私たちは、最初から一緒にいてくれたすべてのパートナーと言えることを幸せに思っている。誰もが幸せである。うまく動作しています”

パートナーシップの変更は、ジャック・ブラウン曰く「段階的なブランド “の機会を提供すること、そしておもてなしの準備を2021年以降に拡大することが含まれている。

ザック・ブラウンは、スポンサーは、マクラーレンとF1の新しいコロナウイルスに対する反応に、全体的に満足し知っていると述べた。

「旅をしていない人が想像するように、テレビの評価は上がっており、かなりの速度でデジタルとソーシャルの数は増え続けている。私たちのスポンサーと業界のスポンサー満足している」

一般的に、All That Mattersは、この週末に開かれる予定だったF1シンガポールGP州に開催されてきたが、今年は新型コロナウイルスの影響でF1がアジアを訪問することができなくなった。

ザック・ブラウンは、F1のモデルとして、シンガポールでのレースを歓迎しており、レース週末を「アジア太平洋ボス」と呼んだ。

「シンガポールに多くのグローバルCレベルの幹部は、ビジネス上の理由参加レースはない」とジャック・ブラウンは言った。

「シンガポール政府とレースプロモーターを賞賛する。それは素晴らしいレースであり、より多くの「シンガポール」が必要だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1スポンサー

READ  阪神逃げ! 西勇が巨人戦初勝利大山サンズが一発(デイリースポーツ) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です