マクラーレン、イギリスサリー本部を約272億円で売却する計画/ F1チームの売却も[F1-Gate.com]

マクラーレンは、英国サリーの本部を2億ポンド(約272億円)で売却する計画を進めていると報じられている。

スカイニュース 不動産サービス企業の株式会社ズ社マクラーレン本部のセール・アンド・リースバック取引(社屋などの不動産や機械設備などを販売して買い手から当該物件の賃貸を受ける取引)を担当すると報じた。 会社はサリーの本部を2億ポンドで自転車の車軸を計画しているという。

新型コロナウイルスの危機にマクラーレンは財政を強化する戦略を進めており、今年はすでに株式の発行により、従来の株主から数億ポンドを調達し、バーレーン国立銀行から1億5000万ポンド(約204億円)の融資を受けている。

ロンドンの金融街の情報源によると、マクラーレンは来年新株式発行及び債務の調整のアドバイザーとしてゴールドマン・サックスとHSBCを任命したとする。

また、マクラーレンはレーシング部門の少数持分の売却も予定しているが、最近ウィリアムズF1が米国の投資企業道理スケルトンキャピタルに売却されたことを受け、豊富な個人の提案を招待する可能性が高い。

マクラーレンのスポークスマンは、「私たちのグローバル本社の売却とリースバックの可能性、債務再調整、および株式調達に関する助言を提供する銀行の取付けは、今年初めに発表した総合調整戦略の一部です」と スカイニュース と述べた。

「夏に実施した短期対策をベースに限り、この事業は、より強力な貸借対照表を提供マクラーレングループが長期的な成長投資の継続的なプラットフォームであることを確実にするためでしょう」

「提案された売却と賃貸バックは主要企業のベストプラクティスを反映したものであり、私たちの日常業務に影響を与えません。」

「マクラーレン技術センター、マクラーレンプロダクションセンターマクラーレンソートリーダーシップセンターで構成されたマクラーレンのキャンパスは、象徴的な世界に通用する施設であり、今後も私たちの本拠地であり続けます」

先月マクラーレン会社は、今年上半期の営業損失が1億8400万ポンド(約250億)になると、新型事やウイルスによる「大きな不安」が下半期の見通しに暗い影を落として言い続けている。

今年、マクラーレンF1は、従業員の4分の1以上に影響を与える構造調整計画の一環として、事業全体で1200人を解雇した。

マクラーレンはバーレーン仕上げタラ加藤投資ファンドが率いる投資家が所有しており、3月に3億ポンド(約408億円)の増資を実施しただけである。 しかし、1億5000万ポンド(約204億円)を要求した政府の融資が拒否された新たな資金調達先探索している。

今年マクラーレンF1はコンストラクターズチャンピオンシップ3位とパフォーマンスを取り戻している。 マクラーレンはF1牧場の中でも最も古いチームの一つであり、半世紀以上参戦8回F1コンストラクタータイトルを獲得している。 今までF1ワールドチャンピオンはミカホットネン、ルイスハミルトン、アラン・プロスト、アイルトンセナなどが含まれる。

F1は2021年からの予算の上限を導入するが、レースチームの少数持分の売却は、マクラーレンが持続可能な形で予算内で活動するのに役立ちます。 また、インディカのに参戦を含むマクラーレンの試合部門は、会社の年間収入の約20%を占めている。

F1チームの最も成功に導いたベテランのボスロンデニスが退任した後、会社は別の部署に再結合させた。 ロンデニスは、英国で最も有名なビジネスマンの一人であり、有利な商業提携を通じてマクラーレンの技術事業を様々な産業に拡大した。

しかし、ロンデニスは、株主と激しい論争の末、2億7,500万ポンド(約374億103万円)に株式を売却した。 マクラーレンの取締役会に中国人投資家コンソーシアムによると、16億5000万ポンド(約2244億円)の買収提案を提示したが、理事会の仲間の支持を得られなかった。

一度マクラーレンオートモーティブ置か半独立企業だった乗用車部門は、伝説的なF1ドライバーであるアイルトンセナの名にちなんで命名されたセナなど、世界で最も高価な車を生産している。 マイクプレウィットが運営するこのデバイスは、マクラーレングループの売上高の大部分を占めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン

READ  樽香と秋山は無安打大谷入るとなし/詳細 - MLBライブ速報:日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です