マイクロソフトWindows XPからMac風のテーマを開発した。 流出のソースコードで発見 – Engadget日本版

WireImage

オンラインでWindows XPのソースコードが流出、そこからマイクロソフトが社内でMac風XP用のテーマを開発していたことが明らかになったと報じられています。

海外テックメディアThe Vergeによると、Windows XP、およびWindows Server 2003のソースコードは、さまざまなファイル共有サイトに公開されたもの。 Vergeはデータが本物であると確認されており、複数のセキュリティ研究者もそれを支持(下ツイートなど)。 MSの広報担当者は、「この問題を調査中です」と答えていると報道されています。

MSのOSのソースコードが出回ったのは今回が初めてではなく、今年5月にもオリジナルXbox OSとWindows NT 3.5のものが流出しました。 また、3年前にもWindows 10のソースコード約1GB分リークされています

今回の件は、興味深いのWindows XPの開発の初期の作品や、2000年の初めに発表されていないテーマが作られたということです。

そのテーマの一つは、「Candy」と命名され、2000年Macworld Conference&Expo(アップル製品や発表が行われたイベント)で初めて公開されたMacのAquaインターフェイスと似たもの。 AquaはMac OS v10.0で採択された一連のGUIデザインであり、白と水色を基調とした立体的なデザインを特徴としていました。

本テーマは、不完全ながらWindows XPのスタートボタンをはじめとするさまざまなUI要素が明らかにAquaと一致しているということです。 しかし、MSは、このAquaテーマを公開したのはありません。 テーマは「目の保養になるWhistlerスキン」と記録されていますが、「Whistle」は、Windows XPの社内コード名。つまり、開発初期にXP用のテーマエンジンを構築するためのプレースホルダ(一時的に)として使用していた推測されます。

2001年に公開されたWindows XPの最終バージョンは、青と緑のLunaテーマが正式採用されてAquaテーマは、最終的に世界は出てこなかったカッコウです。 しかし、2000年代初頭デスクトップOS置いMSとアップルが熾烈な競争を繰り広げていた当時の空気を連想させるものとします。

出典:さらに父(1)(2)

READ  日本の学術会議の任命を拒否2018年に解釈変更するかどうか:東京新聞TOKYO Web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です