ポートナイト訴訟に新しい展開。 アップルが「Epicは特別扱いを要求してきた」 – Engadget日本版

ゲッティイメージズ

今週初めにEpc Gamesの人気ゲーム「ポートナイト(Fortnite)」が指示違反アプリ内購入を実装したアップデートを経て、AppleはApp Storeでこのアプリケーションを削除します。それを受けてEpicは、すぐにアップルを相手にした独占禁止法上の訴訟を提起しています

アップルはこの訴訟に裁判所に提起に対応して、ポートのナイトを一時的にアプリストアに戻ってはならない(Epicによるアプリケーションの削除命令の棄却)と主張する。 その根拠の一つEpicが自分だけの特別な待遇を要求きた関係者の証言が公開されました。

アップルピールシラー(当時はワールドワイドマーケティング担当SVP。現在は、Appleの研究)は、EpicのチームスウィーニーCEOがApp Storeで「特別な取引」を要求する3通の手紙を自分と同僚に送ってきた宣誓供述書で述べています。

具体的な日付はアプリの削除に先立ち、6月30日、「EpicがアップルのiOSプラットフォームでアプリケーションを提供する方法を根本的に変化させる、Epicだけの特別な取引を「サイドレター」(本契約の追加的な内容が記載された文書)」を追求フレーズとなっています。

また、Apple問題、スウィーニー氏はEpicがアプリ内購入をバイパスして、顧客が直接(Epicの)支払いする権限だけでなく、iPhone用のサードパーティ製のアプリストアを開始許可を要求していたこと。

スウィーニー氏は、Epicが、Appleの特別な扱いを必要とせず、「すべての開発者に平等に利益をオープンプラットフォームとポリシーの変更」を要求して戦っていると言っていたが、アップルの理論は、訴訟を提起する前に、会社と自分の関係を築きしようとしていたことです。 しかし、「アップルがEpicをなだめるためのビジネス慣行を根本的に変えることを拒否したとき、Epicは、Appleとの契約に露骨に違反した突然一方的な行動に訴えた」とされています。

また、Appleは、Epicの泥棒犯しまで例えています。 「開発者がデジタルチェックアウトを避けることができれば、顧客が万引​​きされた製品の代金を支払うことなく、Appleの小売を出るのと同じです。アップルは、お金を受けない」とサードパーティのアプリケーションも、独自のアプリストアに陳列された商品の一つであり、手数料を受ける権利があると示唆しているようです。

そして、アップル側はEpicがポートナイトに追加された直接支払いオプションを削除すると、ゲームのApp Store復帰が許可され、開発者アカウントが無効にすることができないため、Epicが追求する削除緊急禁止命令は、「Epicの全自作劇」とまで言及しています。

何よりも、これらのアプリケーションが裁判という理解を争う場所でこのように主張しているに過ぎず、根拠となる電子メールのフレーズも自分に適したところだけ切り取った可能性もあります。

実際スウィーニー氏は、自分が送信した手紙の内容をTwitterで公開し反論しています。 アプリケーション内での購入バイパスとサイドレターを要求したのは事実だが、「これらのオプションは、すべてのiOS開発者にも平等に利用できるようにすることを希望する」と書いて、特別扱いくれ言ったのはないと主張しています。

Epicアップルは決して認めるはずがない、サードパーティ製のアプリストアの開設許可を要求していたことが、実際には驚きだが、「自分だけ特別扱い」または「他社にも同じように「一つの大きな意味が変わってくること。 今後の訴訟がApp Storeの多くの開発者や企業に拡大波紋を含む注目していきたいところです。

出典:CNBC

通じる:MacRumors

READ  無料と連携サービスの豊富なIFTTTとZapier代替ワークフローの自動化サービス「Zoho Flow」レビュー - GIGAZINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です