ホンダF1田辺豊治TD会見「4大完走・入賞の目標を一つクリア」/ F1ロシアのGPファイナル[F1-Gate.com]

ホンダF1のテクニカルディレクターであるタナベ豊治がF1、ロシアGP決勝後の記者会見で、レースを振り返った。

F1、ロシアGPでレッドブルホンダマックスフェスタッドワッペンが2位表彰台を獲得した。 なんてルー・クビアートが8位、ピエールオクラホマが9位、アレクサンダーアル本家10位レースを終え、ホンダF1の動力装置を搭載するコンピュータ4台電車がポイントを獲得した。

ホンダのF1エンジンでは、2019年のモナコGPから電車ポイント獲得。 また、マックスフェルースタトペᆫ表彰台登壇から2015年F1復帰以来、表彰台を獲得回数第3期F1活動を19回以上20回となった。

「今日は4台完走4つ入賞目標を一つクリアすることができました。」と田辺豊治コメント。

「最近パワーユニットによりリタイア特にマックス選手は2試合連続それでも少しもつれたオクラホマ選手の接触引退もあり、なかなか難しい状況でした。今日は4台完走することで、非常に良かったと思っています。 “

「4大入賞もマックス選手はハミルトン選手のペナルティもありました。しかし、スタートダッシュ言うところでドライバーのコメントもありますが、ダーティ側の路面だったのでなかなか蹴り出しうまくいかず開始直後の3位にしまいました。しかし、その後は確かにポジションを維持し、2位獲得しました。」

「アルこの選手はギアボックストラブルによる罰として15番目から始まり、トラフィックにかなりの苦労をしたが、なんとかポイント距離になったというところだった」

「アルファ乗ったち2台のレース中に力強い走りを見せていました。クビアート選手は、母国と8番目良かったと思います。オクラホマ選手も続いて9番目でした」

「4大入賞も、2,8,9,10であり、実際にいくつかのバラケて10位以内に入ってくれるのが望ましいのですが、これから4大完走4つ入賞する中で、より良い形のレースポジション終了することを目的と二チームと新しい性能の向上を図っていきたいと考えています。 “

次の試合は、ニュルブルクリンクで開催されるF1アイフェルGPされる。

「気温が低いようでエアロの影響を含めて総性能にどのようになるかしてみないとわかりません。ハイブリッドで最初のレースになることを含む予想をするのは非常に難しいと考えています」と田辺豊治は言う。

「私たちとしては、他の用途の予想は、実際に話すことができないので、今、自分たちが持っているPUのチームは、自分たちの車をどのように使用いくかを適切にシミュレートして検討して向かうことにします」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1、ロシアGP / アルファ乗ったち

READ  阪神フジナミ出場選手登録を抹消692日ぶり1軍の勝利も最近3試合は5回を投げていない(スポニチアネックス) - スポーツナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です