ホンダF1も調査対象… ERSシステムに新しい不正行為疑惑[F1-Gate.com]

F1は予選モード禁止とERSシステムの新しい「不正行為」の議論が勃発する可能性がある。

自動車のモータースポーツ はF1のエンジン4社は、今回のFIA(国際自動車連盟)のエネルギー回生システムに関する情報を提供するように命じられた報道。 具体的には、ベンツ、フェラーリ、ホンダ、ルノー、高電圧回路に属さないすべての補助回路図と3次元コンピュータ支援設計(CAD)表示を提供しなければならない。

「FIAは、エネルギー管理のための単一または複数のルールが守られていない疑いを抱いている.FIA代表の要求は、日常的な調査はとても具体的だ」と 自動モータースポーツ が報じた。

「電気的測定を意図的に変更するために設計された測定またはシステムは深刻な規制違反とみなされる “

「昨年フェラーリが燃料流量の測定で不正行為をした言ったものと同様のように見える。センサ信号は、FIA測定装置に報告されたものよりも多くの燃料を噴射することができるよう操作されたと知られている “

この報道を要約すると、「許可された163hpより多くの電力がMGU-Kを介してシステムに供給」して、ルール違反をしている疑いがあることを示唆している。

今週は、4つのエンジンメーカーは、情報を提供していますが、「疑わしい場合は、システムの物理的な検査を行うことになるだろう」と 自動モータースポーツ は主張している。

「突然不信は多くの疑問を引き起こす.FIA実際暗中模索しているか、またはいずれか射儒エンジンメーカーが灰色の領域を利用している」

「今までに4つのエンジンメーカーの両方シーズン途中のルールを変更する必要があると訴えていないことからも示されている。普通なら、それは抗議を起こしたこと」

「しかし、FIAはERSシステムの調査を利用して、エンジンモードの変更計画を正当化することも可能である “

ルールの変更は、F1エンジン「予選モード」の設定を禁止の可能性に言及したものである。 特にメルセデスはポールポジションをかけ予選Q3でエンジンパワーを大幅に向上させている。

エンジンメーカーは、これらの短期実績補助の開発に長年過ごしたが、エンジンに負担の増大とそれに伴う燃料使用の増加は、レースではあまり役に立たないことを意味し知っている。

先週のレポートは、FIAは2021年から新たな規定予選モードを禁止することをチームに通知したと、早ければF1ベルギーのGPで、そのルールが適用されるとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / フェラーリ / ルノー / ホンダF1 / メルセデス

READ  マクラーレン、イギリスサリー本部を約272億円で売却する計画/ F1チームの売却も[F1-Gate.com]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です