ホンダのF1継続の鍵を握っているのは、角裕毅の存在?[F1-Gate.com]

ホンダの2021年以来、F1活動は不透明な状態だが、角田裕毅の存在がホンダをF1に繋ぎとめる可能性があると外信は考えている。

今年FIA-F2に初参戦角田裕毅一時ランキング3位に浮上して存在感を示したが、第9戦、イタリア戦では、すべてのレースを通じたノーポイントで終え、現在ランキング6位に位置している。

2021年にいくつかのドライバがレッドブルレーシングとアルファ乗ったちホンダF1をドライブしたり、マックスフェルースタトペᆫ以外は確定していない。

しかし、Ziggoスポーツ 解説者を務めるオラフモールはピエールオクラホマ再びレッドブルレーシングに戻ることができないと言う。

「私なら彼に戻すことはできないだろう。彼は今いる場所に置いておく」とオラフモールは言う。

「ピエールはそれがうまくされている。すべての面でそれを見ることができるだろう。なぜ彼のヘルメットを新たに叩くリスクを取る必要があるのだろうか?」

しかし、なんてルー・クビアートに関してはレッドブルでのポジションを恐れなければならないオラフモールは言う。

「彼らはなんてルー・クビアトウル角田裕毅に代えると思う」

角田裕毅アルファ乗ったちホンダF1を走らせることには、政治的な意味もあるオラフモールは説明する。

「ホンダは2021年までにエンジンサプライヤーとして契約して、その次は段階的に縮小される可能性がある」

「エンジンサプライヤーとしての離脱は角田のキャリアの終わりを意味する。そして、彼らは、国内市場でしくしくに愚痴を言うことになるかもしれない。数万の日本人F1ドライバーが誕生することができたね」

「だから、彼らは牛とそのようなことをしているのであることは非常に容易に想像できる」

20歳の角田裕毅のような重責を支持するのは難しいことかもしれないが、ホンダのF1活動を正当化するために、日本人F1ドライバーを乗せることは必要なことかもしれない。 そのためにはFIA-F2でランキング4位以内に入ってF1スーパーライセンスを取得する必要がある。 同時にそれは、ホンダのF1エンジンのレッドブルにとっても重要なものとなる。

しかし、ホンダがF1活動にどのような意味を向いているかどうかによる。 トヨタは小林がモン優位性載せ跳躍が期待される2009年F1から撤退している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / アルファ乗ったち / 角田裕毅

READ  MotoGP第7戦:ペトロナスヤマハアンビルビデわけ初優勝。 トップランククアフィルターとで2回伝道を受ける - オートスポーツweb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です