ペレス離脱でベッテル登録の可能性| Force India | F1ニュース

ペレス離脱でベッテル登録の可能性| Force India | F1ニュース| ESPN F1

©Matteo Bazzi / POOL / AFP

今季末にセルジオ・ペレスレーシングポイントを離脱することが発表され、チームはアストンマーティンに名称変更2021年セバスチャン・ベッテルが加入する道を備えている。

レーシングポイントとベッテルの関係はフェラーリが2020年を最後に4度のワールドチャンピオンに輝いたベッテルとの契約を更新しないと決定して持っていた噂だ。 ペレスは2022年までに隙のない契約を持っていると思ったが、9日(水)夜になってペレスは、チームに残留していないことを明らかにした。

ペレスはシルバーストーンのチームに参加したのは、2014年当時は、フォース・インディアで活動しており、後に5回表彰台をマークしている。 チームが財政難に陥った2018年には救済の重要な役割を果たして補償未払い件の法的措置をとったもので、チームは管財人の管理下に最終的にはコンソーシアムによって購入された。

そのコンソーシアムをイクンガペレスの今のチームメイトであるランスストの実父ローレンスストである。 また、カナダのビジネスマンのローレンスはアストンマーティンの株式20%を取得し、その時の合意は、来年シーズンからチーム名をアストンマーチンに名前を変更することが含まれていた。

声明でペレスは困難な時期にチームに示した忠誠を考えると、チームを去ることを後悔が残る明らかにした。

「人生のすべてで開始があれば終わりが来る。一緒に過ごした7年のチームと過ごす私の時間は、シーズンの終わりに終わる。非常に困難な時期にチームに賭けたから少しつらい。私たちは、何とか問題を克服し、多くの仲間が仕事を求めることを本当に誇りに思っている」

「一緒に過ごしてきたから積んだ良い思い出、友情、常に最善を尽くし満足は忘れない。2014年に私を信じてフォース・インディアでF1キャリアを続けられて、BJって機会を交わした恵みは一生続け感謝していく」

“ローレンスストが率いる今のシステムは、特にアストンマーティンのプロジェクトに関しては、今後の成功を願っている」

「私に「プランB」はない。私の考えはここにレースを続けるだろうが、すべてのラップで自分の100%を好ませてくれるプロジェクトを見つけることができるか考えて」

2020年F1世界のドライバー市場が忙しい。 フェラーリはベテルとの契約を延長せずに、来年に向けてマクラーレンのカルロスサインブーツと契約してサインブーツ抜けるマクラーレンレーシングシートは、ルノーのダニエルリカルドが来る。 そして、リカルド後にはF1カムバックフェルナンド・アロンソがルノー基本アールピーヌウルドライブする予定である。

©ESPN Sports Media Ltd.

ジム
閉じる


READ  【速報】連覇狙う渋野ひなこは波発振畑岡奈紗は初日3オーバー - ゴルフダイジェスト・オンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です