ベンツ、F1エンジン搭載のスーパーカー「Project One」サーキットで展開テストを開始 – Engadget日本版

メルセデス・ベンツ

メルセデスAMGが設立50周年を記念して2017年に発表し、市販の計画を発表したスーパーカー「Mercedes-AMG Project ONE」がサーキットでテスト走行を開始しました。このマシンは、当代最強を誇るメルセデスAMGのF1マシンとほぼ共通の1.6リットルターボエンジンをミッドシップ搭載、合計4つのモーターでそれをサポートするハイブリッドシステムです。

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ

4基搭載するモータのうち2つは前面タイヤを駆動が残りの2つのうち1つはタイヤではなく、ターボチャージャーを棚返しエンジンを強制的に空気を送る、F1で言うMGU- Hの役割をします。 また、最後の1つもエンジンのクランクシャフトに直接トルクをかけるMGU-Kの役割をします。 そう、このモンスターマシンは、合計で最大1000hp以上のパワーを絞れます。

メルセデスが公開した動画が驚異的なパワーを展開路面にたたきつけサーキットを走行する姿を見ることができます。 もちろん商用車であるため、エンジンはF1マシンほどカリカリに力を振り絞りいるわけではない、そのサウンドはレースを走るメルセデスAMG F1に似ています。

この練習時フルパワーでの走行はもちろん、空気力学の検証と開発の調整も行われています。 映像は、ドイツエメンディンゲンテストの過程で撮影されたものですが、このテストのプログラムがすべて終了したら、次はいよいよ「グリーンヘル」することができ、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフ人に向かう計画とのこと。 しかし、メルセデスAMGは、そこから最速タイムを狙うようなことはしませています。

Mercedes-AMG Project ONEはわずか275台の生産予定。 価格は270万ユーロ(約3億4000万円)となるが、すでにたくさんのお金をお持ちの方のご予約は埋まっているため、今から購入をお考えの場合キャンセル待ち列並ぶバーください。 とはいえ、発表当時の購入希望者は、1000人以上のことが知られていたが。

一般庶民の私たちは、いつの日か “グランツーリスモ7“または”Forza Motorsport「党は、この機械を手に入れて、ニュル最速狙えればそれで満足です。

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ

出典:メルセデス・ベンツ

READ  台風9号「強い」勢力にさらに発達して31日から9月1日、沖縄地方に(日直予報士2020年08月30日) - 日本気象協会tenki.jp - tenki.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です