パナソニックモバイルノートパソコン「レッツノート」に秋冬モデル – USB PD対応小型ACアダプタもオプション提供 – PC Watch

レッツノートSV9

パナソニックは、モバイルノートPC「レッツノート」の秋冬モデルを10月16日に発売する。 価格はオープンプライスで、搭載OSはすべてWindows 10 ProでOffice Home&Business 2019が添付される。

「RZ8 “を除いたモデルは、既存のように、10世代Coreを搭載。 独自の放熱設計とプロセッサの制御ソフトウェアのチューニングを介してCPUの性能を長時間維持する「Maxperformer」の技術を採用する。

オプションで、65Wの出力のUSB PDに対応した140gのアダプターを11月に発売。 レッツノート風のデザインを特徴とした。 このモデルは、「QV9 “、” SV9 “、” LV9 ”

12.1インチのSV9

1,920×1,200ドット表示対応12.1型液晶を搭載した「SV9」シリーズ5モデルを用意する。構成例の最上位「CF-SV9EFNQR」は、CPUにCore i7-10710Uメモリ16GBのストレージに512GB SSD、BDドライブ、LTEモデムなどを搭載する。

インターフェイスは、SDカードスロット、Thunderbolt 3 USB 3.0×3、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet、207万画素Webカメラ、顔認識カメラ、指紋センサー、音声入出力などを備える。

バッテリ駆動時間は約12.5〜20時間(バッテリーパックと構成によって異なります)。 本体サイズは283.5×203.8×24.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約929g〜1,169g。

ACアダプタを2個含む保証期間を4年に延長した家庭でもオフィスでも快適に使用できるという「在宅勤務を推奨モデル」「CF-SV9ADPQR」も用意される。

高解像度液晶QV9

レッツノートQV9

「QV9」シリーズは、2880×1920ドット表示対応の12型液晶を搭載した機種で、3つのモデルが用意される。

構成例の最上位「CF-QV9EFNQR」は、CPUにCore i7-10710Uメモリ8GBストレージに512GB SSD、LTEモデムなどを搭載する。

インターフェイスは、SDカードスロット、Thunderbolt 3 USB 3.0×3、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet、207万画素Webカメラ、顔認識カメラ、指紋センサー、音声入出力などを備える。

バッテリ駆動時間は約11〜11.5時間(設定に応じて異なります)。 本体サイズは273×209.2×18.7mm(同)、重量は約949〜979g。

14インチ液晶のLV9

レッツノートLV9

「LV9」は1,920×1,080ドット表示対応の14インチLCDを備えた機種で、3つのモデルが用意される。

構成例の最上位「CF-LV9EDNQR」は、CPUにCore i7-10710Uメモリ8GBストレージに512GB SSD、BDドライブなどを搭載する。

インターフェイスは、SDカードスロット、Thunderbolt 3 USB 3.0×3、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet、207万画素Webカメラ、顔認識カメラ、指紋センサー、音声入出力などを備える。

バッテリ駆動時間は約11.5〜18.5時間(バッテリーパックと構成によって異なります)。 本体サイズは333×225.3×24.5mm(同)、重量は約1.27〜1.405kg。

10.1インチのRZ8

レッツノートRZ8

「RZ8 “は1,920×1,200ドット表示対応10.1型液晶を搭載した機種で、2つのモデルが用意される。

「CF-RZ8AFMQR」は、CPUにCore i5-8200Yメモリ16GB、256GB SSD、LTEモデムを搭載したブラック色のケースを採用。

「CF-RZ8ADEQR」は、上記の8GBメモリ、本体色をシルバーにしてLTEを失った。

インターフェイスはほぼ共通で、SDカードスロット、USB 3.0×3、ミニD-Sub15ピン、HDMI出力、約207万画素Webカメラ、音声入出力などを搭載する。

バッテリ駆動時間は約10.5〜11時間。 本体サイズは250×180.8×19.5mm(同)、重量はLTEモデルが約780g、LTEなくモデルが約750g。

READ  性の好みなどを同意なしに暴露 "外出"禁止条例の検討は三重県のみ - livedoor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です