パナソニックナビ」ストラーダ “の新製品にいち早く触れてきたV10インチ有機ELディスプレイの厚さと黒の黒さに驚き – Car Watch

「CN-F1X10BLD “装着車はトヨタ自動車「ハイエース」

パナソニック自動車会社は9月2日、カーステーション」Strada(ストラーダ)」の新製品を発表した。この日の都内の会場でプレス用内覧会が開催されているので、その様子を見てみましょう。

パナソニックカーナビブランドとしてストがデビューしたのは2003年。 ホーム用AV機器を専門とする会社らしくワイドVGA解像度(800×480ピクセル)とフルセグ地上デジタルチューナー、Blu-ray Discなどいち早く対応してきた。 2016年からはフローティング機構を採用した大画面モデル「Fシリーズ」を発売。 それまでの専用継手などを必要としたため、一部の車種に限られてきた大画面のナビゲーションを様々な車種に装着可能だった。 これは新車への装着はもちろんのこと、従来はあまり大きな市場ではなかった」基板茶のナビの買い替え需要」も持ってきてシェアを拡大​​してきた。

このような背景をもとに誕生したのが2020年モデル。 ラインナップは、代表されるFシリーズが「CN-F1X10BLD “” CN-F1X10LD “” CN-F1D9VD」の3モデル。 標準モデルは、自動車用品店対象となる「CN-RA07D “” CN-RA07WD「特定の販路向けの「CN-RE07D “” CN-RE07D」の4モデルとなっている。 製品の詳細(フローティングモデル/スタンダードモデル)または発表会の模様掲載された他の記事をチェックしてほしい。

内覧会の会長。 新型コロナウイルス感染症対策に十分なスペースを確保して開かれた

フローティング機構を採用した、歴代のディスプレイ

2019年モデルと比較した。 パネル部分が圧倒的に薄くなった

展示パネル。 内容はカタログからの抜粋

2020年モデル(写真上)と2019年モデル(写真下)の比較。 ナビゲーション画面を含む画像の色温度は「太陽」に合わせている

Fシリーズの基本的なモデルであるCN-F1D9VD。 ここでは、9V型ワイドVGA(800×480ピクセル)LCDを採用

2DINサイズのCN-RA07D

2020年モデルの最大の話題になるのが、Fシリーズの上位モデルであるCN-F1X10BLD、CN-F1X10LDに10V型HD(1280×720ピクセル)有機ELディスプレイが採用されたもの。 有機ELディスプレイは、すでにTVやスマートフォン、携帯ゲーム機などに採用されているが、国内市販用AV一体型ナビでは初めてだ。 これによる最大の利点は、高コントラストを得る。 一般的な液晶ディスプレイは、バックライトを必要とする構造に微細な光漏れを防止することが難しく、「黒」を黒で表現されることがない。 しかし、有機ELディスプレイは、素子自体が発光する「境界のない “して黒をより正確に表現することが可能なものである。 同時に「AGAR低反射フィルム」「武器の構造」を採用することで映り込みを軽減します。」ストラ史上最高画質を実現」しているという。

実際に車に装着された状態で映像を見ると、まず、ディスプレイ部の厚さに驚く。 既存のモデルは、厚さがある反面、丸い体がちょっと可愛いイメージだったが、新型はすっきりとしたシャープな印象に。 ディスプレイの周囲の余白を抑制狭額縁仕上げも加え、高級感も高まっているように感じられる。 一方、映像についても、その効果は一目瞭然。 特に最上位機種となるCN-F1X10BLDのBlu-ray映像再生は圧巻の周りに溶け込むようなナイトシーンはもちろん、逆光で光が照らすようなシーンなどでも破綻がない美しい映像を再生します。 10V型の大画面と一緒に車の中とは思えない没入感を得ることができた。 ナビゲーションがナビゲーションたるナビゲーション画面では、その効果は消えてしまうが、高コントラストとの鮮明で見るには唯一の仕上げ。 液晶ディスプレイよりも視野角が広く斜め方向でも明らかに見えるのも利点である。 ただし、文字や写真ではなかなかの実力を伝えることが難しいため、ここぜひカー用品店などでチェックしてほしい。

と利点だけ書いてきたが、ガジェットに知っている人からは「残像はどうですか? 」とタックルが入ってくるはずだ。これについてはちょっとマニアックで話題の外れてしまうが、重要な部分なので、少し詳しく書いておきたい。

さて、残像は、有機ELディスプレイの主要な関心事で同じ映像(色や明るさ)をずっと表示して、他の画像になっても、それが残ってしまう現象である。 引き続き地図を表示して続けナビゲーションの場合避けられないものであるだけに、「だめなら液晶キャンセル程度の覚悟」で開発をしてきたという。

これまで有機ELディスプレイがナビゲーションに採用されてこなかったのは、自動車製品(特に温度面での対応)がなかったデダイ(残像)があったが大きい。 今回はストラ用の専用パネルを開発することで、そのような部分を解消してきただ。 実際の対策としては、「パネル側」「セット」の両面から行われており、前者は表現する画素を微細にずらし “振る”予測して明るさを補正する「ストレスプロフィール」などを、後者では、熱がパネルに伝わっ難しい設計し、背景と雲をアニメーションで動かしたり、ボタンなど常時表示する部分は透明処理を実施するなど、具体的な対策を積んできたこと。 短い内覧時間に残像かどうかまで確認することができなかったが、「最終的には車の品質基準を満たしていることだろう」とので、安心して有機ELディスプレイ特有の利点を楽しむことができるはずだ。

有機ELディスプレイを採用するCN-F1X10BLD。 ディスプレイ部とにかく薄い!

黒黒

逆光でも美しく表現

過熱を防止するためにボタンと下部のバー自車アイコンまで透明処理が行われている

トヨタ「ライズ」に装着

ホンダ「フィット」に装着

Fシリーズ特有のフローティング機構は健在である。 基本的には2019年モデルでは構造は変わらず、ディスプレイ部分をスイング(左右各15度)と、上下スライド角度調整(-20度〜60度)より装着時には、深さの調節も可能となっている。 ディスプレイ部分が薄くなったことで、そこが動くのは少し不安を覚えているが、実際には十分な強度が確保されているようで、スイングと上下スライドは非常にスムーズに行うことができる。 また、パネル部分が約300g軽量化されたもので、揺れにも強くなっているという。 これらの便利な構造を持ちながら、なんと430車種に装着することができます。 大画面を手軽に楽しむことができるのは大きな利点である。

ディスプレイをスイングします。 左からドライバ側の中央助手席側。 視野角が広いこともよく知っている

上下スライド幅

ヒンジ部の構造は、従来通り

ディスプレイを倒すと、Blu-rayとSDカードスロットにアクセスすることができ

ディスプレイ上部のボタン

ナビゲーションは、ハードウェア面では、既存のモデルを継承しており、ソフトウェア面でのブラシがメイン。 特に大きいのは時価地図収録エリアが従来の1295都市で1741都市にアップされ、日本全国の市街地を100%カバーしたもの。 ナビゲーション利用の目的地付近の詳細を見ることができるのは、やはり便利で、様々な場所に行くことができ、多くの人々に明らかに歓迎する要素である。 そのほかにも方面案内看板ピクト表示を追加または交差点拡大図で残りの距離を表示拡大など派手さはないが、実用的なリファインが行われている。

今回は時間と場所の制約もあって試すことができなかったが、AV面では、回路設計の検討のほか、新しいチョークコイルを採用するなど、ハードウェア面での音質改善を図ることができる。 また、CN-F1X10BLD、CN-F1X10LDにHDMI入力が用意されてスマートフォンや “Amazon Fire TV Stick」を接続して、動画配信を楽しむことも可能になった。

メニュー画面

時価地図収録エリアが全国に。 沖縄の古宇利島でも家の外観表示を実現

ナビゲーション画面。 鮮明で非常に見やすい

拡張性2020年モデルの特徴である。 新たCN-F1X10BLD、CN-F1X10LD用に用意されたのは、ナビ連携前後2カメラドライブレコーダー「CA-DR03HTD」と高精細リアビューカメラ “CY-RC500HD」の2つ。

CA-DR03HTDは前方だけでなく、無謀運転などにも対応可能な後方カメラもセット2カメラタイプ。 カメラ部分は、フルHD&HDR(ハイダイナミックレンジ)の記録、水平画角117度で明るいF1.4レンズ採用の従来モデルから大幅に向上。 ナビゲーション画面もHD画質で鮮明に表示することができるようになっている。 ナビゲーション連動型ならではの使い勝手の良さに加えて、明らかにした映像を前後同時に記録することができるのは実用的。 リアルタイム画像を画面に表示することができ、マルチ乗車時のリアビューミラーとして使用され、同じことも可能である。

CA-DR03HTD。 前方カメラ

リアカメラ

ナビゲーション画面で簡単に再生することができる

地図と前後カメラ映像を同時に表示

前方

カメラが下を向いているので、分かりにくいですが、後方の映像

CY-RC500HDは、HD対応のいわゆるバックカメラ。 上で紹介した「ドラレコがあれば必要ない」と思うかもしれないが、ここではなんと画角が180度。人間の目では、一度に見ることができない範囲を照らすことで、正方形の今後の車両や歩行者などがチェック可能なっている。こちらもHD&HDRサポートされて快適な映像を提供している。

CY-RC500HD

カメラ部

画角の拡大をサポート、取り付け部分の前後調整幅を従来の約2倍。 体から剥がし装着することで、体の映像を含むを減少させることができ

従来モデルとの画質比較。 明快さと地上の再現性など大幅に改善されたことがわかる

時間的な制約があったため、ざっくりとしたレポートされてしまったが、注目の有機ELディスプレイは、文句ナシに必ず美しさ。 関係者は、採用には「勇気」が必要だったのはコメントを聞くことができたが、その対価は十分。 ぜひ実機で確認してください。

READ  [미국 시황]株式は上昇を続け、取引狩り優勢 - ドル指数は週間ベースで上昇 - Bloomberg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です