パナソニック、進化した最高の画質4K有機ELビエラ」HZ2000」Dolby Vision IQ搭載 – AV Watch

パネル制御が更新されました。 4K放送番組も明るく、高コントラストで表示

65型・55型ともに、4K / 3,840×2,160ドットの「Dynamic慶弔有機ELディスプレイ」を採用。 これは調達した有機ELセルに特別な素材付けシート放熱シートを組み合わせ放熱性能を向上させ、また、自社工場で精密に組み立てで「有機ELの発光性能を引き出し、高コントラストの映像を高い次元で再現する」ということ。 HZ2000は、最新の世代のセルを使用して、自分の有機ELディスプレイを組み立てている。

’19年モデル(GZ2000)だけでなく、工場のパネル調整工程を増やし暗部表現に若干の混乱も軽減業務用モニターレベルの精度を実現。 測定結果に基づいて、別のホワイトバランス・階調表現を調整に加え、独自開発したチューニングシステムは、暗部階調表現に若干の混乱を減らすことができます。 専門品位の階調描写性能を誇っている。

一般的な有機ELよりも放熱性能を高めた「Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ」

有機ELパネル1枚1枚を製造ラインで測定し、その結果に基づいてホワイトバランス、階調調整を実施。 HZ2000では、より正確なチューニングを実施する

HZ2000で大きく変わったのが、その表示を制御するアルゴリズム」Dot ContrastパネルコントローラPRO」

昨年の最初の世代は、明るさや色情報を分離・個別制御方式だったが、新モデルの第2世代では、明るさの分布情報も詳細に分析し、これを制御に反映させることで層兆表現力が向上。 「特に高輝度領域の階調描写が一層スムーズに再現することができるようになった」と語った。

4K放送番組の高画質化もHZ2000の進化ポイント。

新しいモデルは、4K放送HLG信号に含まれている明るさ情報を分析し、シーンごとに明るさとコントラストを最適化することにより、4Kプログラムをより明るく、高コントラストで見られるようになった。

「HDR10規格のUltra HD Blu-rayコンテンツのまるで動的メタデータのHDRコンテンツであるかのように表示性能を最大化する機能「ダイナミックメタデータの作成」を4K放送HLG素材で動作するように更新されたシーンごとに明るさ情報を分析しているため、SDRのアップコンバート素材と純粋な4K / HLG素材に応じて、パネルの性能を最大限に発揮したハイコントラストな映像を楽しむ」という。

4K / HLGコンテンツがより高い一方で見ることができるようになった。 このアルゴリズムは、奇抜HZ / HXシリーズに実装された

HLG素材でも、動的メタデータ創作が動作するようになっている(’19年モデルはHDR10コンテンツにのみ適用された)

プラズマから継承自己発光画像編集のノウハウを継承した有機EL専用映像処理回路「ヘキサクロドライブプラス」を採用。

画面の明るさに応じて動的に色の補正量を変化させること暗部・明部の階調と色を忠実に再現する3次元カラーマネジメント回路」ダイナミック3D-LUT」の搭載他、全輝度領域での目標値と色の誤差を減らすために、緻密な色調整、ガンマ調整、暗部階調補正を行っている。

有機EL専用映像処理回路「ヘキサクロドライブプラス」

HDR10標準UHD BDコンテンツを高コントラスト化する「動的メタデータの作成」

そのほかにも、入力された映像信号の解像度を判別して、ディテール処理を最適化させる「素材の解像度検出4Kファインリマスターエンジン」AIによる機械学習で素材をHDRのような高コントラスト映像に変換する「AI HDRリマスター」HDR10標準UHD BDコンテンツを高コントラスト化する「動的メタデータクリエーション」などを引き続き搭載した。

また、画面の一部に黒い画面を挿入して動画フリゲウル低減する「クリアモーション」と映像で物体が動く量を検出背景と分離して破綻のない倍速補間を行う「オブジェクト検索倍速表示」を搭載。 「動きに強い2つの技術を搭載しており、スポーツ映像を見る時も柔らかく鮮明な映像を実現する」告げた。

画面の一部に黒い画面を挿入して動画フリゲウル低減する「クリアモーション」HDR映像詩にも動作

映像で物体が動く量を検出背景と分離して破綻のない倍速補間を行う「オブジェクト検索倍速表示 “

ドルビーの新技術「Dolby Vision IQ」に新しい対応。Dolby VisionのHDR画像を表示するだけでなく、室内の明るさに応じて、テレビの画質を自動的に最適化するための室内環境に左右されず、常に高品質のDolby Vision映像を楽しむことができことができとする。

Dolby Vision IQのほかUHD BDのHDR10,4K放送やビデオカメラなどが採用するHLG一部UHD BDなどが採用するHDR10 +(品質認証)、階調豊かな写真表現を可能にする写真のHLG写真を支援する。

室内の明るさに応じて、TVがDVコンテンツを自動的に最適化する「Dolby Vision IQ “

映画視聴用の画質モードで、業務用マスターマニタを対象にチューニングした「シネマ」(明室用)、「シネマプロ」(暗室用)に加え、新たに「フィルムシネマ」が追加されている。

これは、フレーム補間とシャープネス、ノイズリダクションなどの映像処理を一切変更せずに、全体のピクセル表示、色温度6500などとした「映画製作者モード(Filmmaker Mode)」に対応するモードです。 「映画製作者モードを取得するには、リモコンの専用ダイレクトボタンを搭載する必要がある。今回は、リモコンのボタンを用意していないので、「フィルム映画 “にモードを用意した」と述べた。

また、シネマプロと映画シネマの違いはWスピード設定のON / OFF。 「デバイスの特性上、24p素材を表示する際にジャダー感が強く出てくるので、映画専門、基本的にWスピードを「弱い」している」とのこと。

新たに「フィルムシネマ」が追加されました。 ’20年夏発売の「HZ1800 / HZ1000」も、このモードが搭載されている

この他にも製作者の意図通りの映像表現を実現するNetflix画質モードと専門ユーザーが使用キャリブレーションモード(ISF Certified Calibration Configuration)ツール(CalMAN)にも対応する。

4K部屋ジャンプリンク対応。 転倒防止スタンドと旋回も

新しい4K衛星チューナー(BS4K / 110度CS4K)を2個、地上/ BS / 110度CSデジタルチューナーを3つ搭載。 外付けのUSB HDDを接続して、4K放送の対抗録画と2K放送2番組後ロックが可能である。 4K放送2番組同時録画はできないが、4K放送録画中2K放送の録画が可能である。

2画面機能を搭載しており、2K放送+ 2K放送と2K放送+ BD /録画番組視聴も可能である。 しかし、4K放送視聴時には、2画面表示はできない。

2画面表示に対応

部屋ジャンプリンクを使用した4K放送の受信をサポートします。 全自動4Kディーと同時発表の4Kディなど「4K部屋ジャンプリンク対応サーバー」を組み合わせることにより、ディの4K録画番組を4K解像度で受信再生することができる。 また、全自動4Kディーと一緒に過去の録画番組と将来の放送予定番組を番組表から確認できる「過去未来番組表」も4K放送に対応する。

プログラムやコンテンツ視聴を妨げることなく、TV画面の下部に接続された機器とアプリ一覧が呼び出しインタフェース」、簡単にホーム」を採用。 新しいモデルは、各アイコンのサムネイル表示されるようにアプリケーションを実行しなくてもお勧めのプログラムなどを知ることができ、もっと見たいコンテンツを簡単に見つけることができようにした。

「簡単にホーム」の各サービスの推奨コンテンツがサムネイルで表示できるようになっ

放送とVODなどを問わず、コンテンツを横断的に検索する「あれこれチャンネル」も搭載。 リモコンのあれこれボタンを押すと、TV放送や録画番組、VODなどが表示される。 市役所の記録で「推薦録画」や「おすすめ番組」なども見ることができる。

リモコンには、NetflixとABEMA(旧AbemaTV)のダイレクトボタンを装備。

他にもTVer、Amazon Prime Video、Huluは、YouTube、U-NEXT、dTVデジタルコンサートホール、DAZN、TSUTAYA TV、スカパー! オンデマンドParavi、TELASA、DMM.com、ひかりTV 4K、Rakuten TVなどのビデオストリーミングサービスにも対応する。

リモコン

リモコンの音声操作マイクを内蔵。 マイクボタンを押すと、リモコン単体で音声入力がある。 プログラムやインターネット動画検索、予約録画、またチャンネルや音量の変更などの基本的な操作が可能。 また、GoogleアシスタントまたはAmazon Alexa対応のスマートスピーカーから音声で操作することもできる。

パナソニックのスマートフォンアプリ「TV共有」を使用すれば、TVの基本操作やスマートフォンの写真・動画・音楽ビエラ共有することもできる。

会社液晶モデルと’20年発売の有機ELテレビ(HZ1800 / HZ1000シリーズ)にも採用されている倒れにくい「転倒防止スタンド」も新たに採用。前後15度の範囲で、テレビの向きを変えることができる旋回機能も搭載する。

倒れにくい転倒防止スタンドを採用

スタンド吸盤構造

前後15度の範囲で牧会することができ

HDMI入力端子4系統の全系統で18Gbpsの入力に対応。 HDMI 2 eARCをサポートします。 4K / 120pの入力はサポートされない。

HDMIのほか、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、サブウーファー端子兼用ヘッドフォン×1、LAN×1、USB×3を備える。 USB1端子のみ、USB 3.0をサポートします。 無線LANを内蔵してBluetoothの送受信をサポートします。

電力と年間消費電力量は、65インチが475W、232kWh /年。 55インチが364W、182kWh /年。

スタンドを含む外形寸法/重量は65インチが144.6×35×91.3cm(幅×奥行き×高さ)/約41kg、55インチが122.5×35×78.9cm(同)/約34kg。

上部

側面

端末

映像を見た

55インチ「TH-55HZ2000」を視聴した。

’19年発売のGZ2000シリーズでは、画面の明るさとコントラスト性能には定評があったが、新モデルでも暗部から明部まで鮮明に魅せ濃い高コントラスト映像は健在である。 有機ELデバイスの制御が難しいという低輝度領域の色と階調も赤や緑に移動せずに鮮やかな色を維持する。 暗部もベッタリと半なく滑らかな階調もかなり維持することができる。

55インチの4K TV「TH-55HZ2000 “

横に中産階級HZ1800(55インチ)を置くと、フラッグシップのみに搭載されている「Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ」の威力は一目瞭然。 まるで光が命を吹き込むように、人と水、太陽などの映像のオブジェクトを一層リアルに描写してくれる。

「進化のポイントは、4K放送の高画質化」と発言通りに4K放送番組視聴でも画質の向上を確認できた。 4K / HLG素材と動的メタデータの作成の組み合わせは効果的で、GZ2000は純粋な4K / HLGプログラムでも明るく鮮明に表示します。 また、多少飛ん気味だった明るい部分も新しいモデルは、より繊細なディテールを確認できるように感じられた。

HZ2000はGZ2000で本格的な進化で「派手さ」はないが、ビエラ最高画質にさらに磨きをかけたフラッグシップモデルに仕上がっている。

READ  望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM "実習:100mm * 400mmレンズのポケットに入ってしまった - GIZMODO JAPAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です