ハワイで失わサーフボード8000キロ先のフィリピンで発見SNSでの所有者の特定の写真5枚国際ニュース:AFPBB News

[9월21일=AFP]サーファーのダグホルター(Doug Falter)さん(35)は、ハワイワイメア・ベイ(Waimea Bay)でサーフィンボードが巨大な波に流されなくなったとき、現地の漁師拾ってくれることが何よりも望んでいた。 8000キロ以上離れたフィリピン南部で発見されたとは全く想像していなかった。

ビッグウェーブサーフィン明るい青色カスタムボードが波の中に消えるのを見てから2年以上が経過したある日、ホルター氏は、フィリピンサランガニ(Sarangani)制度付近でボードが発見されたソーシャルメディアを介しての連絡を受けた。

READ  南シナ海で各国が懸念を表明ASEAN地域フォーラム(産経新聞) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です