ドラギトチとバトラー、2人の指導者が牽引したヒットが17点のビハインドゥウル覆しセルティックスに2連勝 – バスケットカウント| Basket Count

バトラー “2桁の差をつけられても復帰するのが好き」

東カンファレンスファイナルヒットvsセルティックスの第2戦は3クォーターにビッグクォーターを起こしゴランドラ旗が終盤の勝負強さを見せてくれたヒットを106-101で勝利した。

全般にリズムをつかんセルティックスである。 ケンバ・ウォーカーが、積極的にリングに攻撃し、自分のレベルバックシュートとドライブで得点を重ねる。 ケンバ意識が集まったことで、外部のマークが甘くブラッドワーナーメーカーがオープンで連続3点シュートを成功点差を2桁に乗せた。 また、スモールラインナップを起用したヒットについてエネスケントイ攻撃リバウンドでバスケットカウントを奪うなど、内部からの力を見せて60-47で前半を終えた。

しかし、後半に入って、オフボールの動きが活発化して連動が増えたヒット時間帯に。 ドラ襟ウォッチがピック&ロールの違いを作って自分で得点しながらパスを処理していく。 また、上半期に4つの3点シュートを成功ダンカンロビンスンルルセルティックスは、フェイスガードシミマークしていたことで、内部空間が空いていた。 そこに何度も足を踏み入れたパン・アディーヴァ宵合わせでゴールを量産ハザードクォーターだけで15得点を記録した。 塗料に侵入を許しても、ボールに手を出してファンブルさせるなど守備も機能してターンオーバーでの得点も楽にヒットを37-17で圧倒し逆転最後の四半を迎えた。

その後、お互いディフェンスの強度が高く、攻撃あぐねる中でジェイレンブラウンとジェイソン・テイタムのシュートを台無し残りの5分未満のシーンでヒットは再び逆転を可能にする。 それでもここでジミー・バトラーとドラギトチが勝負強さを発揮する。 ここまでの周りを生かすことを優先したバトラーが自ら歩いてドライブから連続得点を重ねる。 また、バトラーは、連続スチールを記録しクラブパウダーの速攻をお膳立てするなど守備でも変化をもたらす逆転に成功した。

そして攻撃の手がなくなった状況でドラ宿っキャッチはPCを打開した。 ショットクロックが少なくなる中、ダニエルタイとの不一致を起こし段階再びシュートを連続的に沈めて、残りの57秒で6点のリードを奪った。 ブラウン連続3点シュートを許し、3徐々に強制的にしたが、残りの7秒のフリーキックゲームで得たフリースローをバトラーが落ち着いて成功させ、熱電に終止符を打った。

ヒットはクラッチシュートを連発したドラ宿っウォッチがゲームハイの25得点を挙げた先発5人全員が2桁得点を記録する調和を見せた。

ヒットは上半期に最大17点のビハインドゥウル背負っが第3クォーターに逆転クラッチタイムの性能よりも勝利を収めた。 終盤にビッグプレーを連発したバトラーは、「私たち自らに厳しくすることを好む。2桁の差をつけられてもカムバックするのが好きなん」と逆転勝ちを喜んだ。

READ  石川遼は3オーバーで初日終了単独首位に市原弘大(ゴルフ情報ALBA.Net) - Yahoo! ニュース - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です