ドコモ、速度上がらない5G境界」地域の地図描く取り外す必要があり、 ” – Engadget日本版

NTTドコモは、「速度が上がらない5G」について、消費者の優良誤認を招くと地域の地図を塗るという認識を示した。

4G周波数を転用した5G

「スピードが上がらない5G」は、4Gの周波数を転用した5Gもの。総務省の省令改正により、キャリアは4G用の周波数の一部を5G専用することが可能になっており、ソフトバンクとauが専用の意向を示してています。

なぜ4G周波数を5Gに転用するか──。 その理由は、5Gのための新しい周波数(3.5GHz帯/ 4.5GHz帯/ 28GHz帯)が離れて飛んでにくく、領域を広げにくい性質を持っているからです。

より詳細に説明すると電波は周波数が高くなるほど、広い帯域幅を確保することができ、通信の大容量化できる一方で、性格が光にアクセスします。 つまり、直進性が強く、障害物の背後に囲まれないだけでなく、低い周波数であれば、抜けている障害物遮蔽されてしまいます。

5Gは直進性が高く、遠くに飛んで難しい電波を利用するため、領域の拡大に多大な時間と費用がかかる

それに比べて広い領域をカバーすることができる従来の4G用周波数を5Gに専用と5G領域を一気に全国に拡大されるということです。

また、同じ周波数で4Gと5Gを同時展開する「動的スペクトル共有」(DSS)などの技術も、4G周波数5G専用は比較的簡単にできるようになっています。

なぜドコモは否定的?

上記のような利点もあるようだ」4G周波数5G専用 “しかし、なぜドコモは「消費者のガラス誤認を招く」と否定的なのでしょうか。

その理由の第一は、「4G周波数で5Gの領域を広げても、アンテナピクトゥイ5Gになるだけ実際の通信速度は、4Gと大きく変わらない」という点です。

なぜなら4G周波数を5Gに転用したところで、通信の空間である帯域が増加しません。 5Gの利点の一つである「大容量」を実現するには、新しく割り当てられた周波数にしっかりと領域を構築する必要があります。

5Gは、新しい周波数を使用して、初めて大容量化が可能である。 4G周波数を転用しても通信速度は、4Gと同じ程度にしかならない

また、通信阻止軟化もサーバーを装置の近くに置くなどの「エッジ・コンピューティング」によるネットワーク全体の最適化が必要であると言って、単に4G周波数を5Gに交換するだけで遅延軽減されるものではないと言います。

単に周波数を5G化しても、低遅延が達成されるわけではない

そのため、もしauとソフトバンクが4G周波数5G専用に5G領域を一気に拡大しても、ユーザー側での利点は、不足していると主張している。

ユーザー保護の観点から、新たな周波数で構築した地域と4Gの周波数を転用した地域の地域の地図を塗る必要があると言います。

4G周波数を転用した5G領域速度が増加するため、明確に区別しなければならないとドコモは主張している

既存の4G回線速度の低下リスク

また、同じ周波数で4Gと5Gを同時配布することができ(DSS動的スペクトル共有)にも懐疑的です。

一見、4G帯域を減らさなくては4G周波数を5Gに転用することができる画期的な技術であるが、NTTドコモによると、このDSSを用いた場合でも、既存の4Gユーザーの通信速度が低下する危険性があること。

具体的には、同じ周波数で4Gと5Gの制御を行う必要があるため、4Gユーザーから見れば、5G分の制御チャネルが減少して、通常よりも4G側の速度が低下呼ばれます。

DSSによる速度低下の程度については、「条件に応じて異なりますが、ドコモの検討から数%というレベルではなく、数十%の割合で下がる「(ドコモ担当者)と説明するなど、DSSを使用して4Gの周波数を転用した場合でも、既存の4Gへの影響が少なくないとの見解を示しています。

周波数向けに4Gユーザーの通信速度が低下する危険性があるという

将来の専用の支持

元「DSS」などの構造は、5Gだけの領域を構築する「スタンドアロン5G “(以下、5G SA)を構築しやすくなる利点があります。ドコモも5​​G SA時代に向けた将来の4G周波数5G専用に賛成しています。

しかし、すぐに周波数を専用してユーザー側のメリットは大きくないことを強調した。 今年の秋はiPhoneの5G対応も期待されている中で、4G周波数向けに5G地域一挙拡大を図るソフトバンクとauの牽制球を投げる様子です。

関連
2種類の5G──「ミリ波」「Sub6」って何?

READ  サンゴの回復に10億円モール - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です