トランプ新型コロナ養成まで「5日間の行動」──忠誠心濃厚接触者もマスクなし(阿部かすみ) – 個人

「今後2ヶ月もいるんだよ。まだ最後までわからない」

米国では、現地時間で10月2日未明、トランプ大統領夫妻の新型コロナウイルス陽性判定が報道され、米国の激震が走った。 この速報を知ってすぐに、私は約1ヶ月程度前に友人が出したこの言葉を思い出した。

米国の大型メディアで働く友人は4年前の大統領選挙を全国各地で取材選挙の知識があります。 バイデン氏の支持率が上昇した世論調査でバイデン氏が有利であると知られている中でも、現地での生活をしていると(支持のかどうか)」そう言っても、次のも必ずカードであることは」という空気が多少流れていることを肌感覚的に感じるだろう。

「だから、当日選挙まであきらめてはいけない。選挙権を持っている人すべてが投票をしない場合は、「このような会話の中で友達の一言を思い出して、今回の「オクトーバーサプライズ* “本当に起こったことに驚いたものだった。

  • October surprise:大統領選挙が実施される前に月に起こる「予期せぬ驚き事件」を指す。レーガン氏が当時、カーター大統領を破って当選した1980年以来、多くの場合、聞く言葉だ。4年前の大統領選挙で、ヒラリー・クリントンの私的なメール交換が直前になって流出大きな問題となった。

現在、軽度の症状が現れているというトランプは、今後、メリーランド州のウォルターリード米軍医療センターに行って数日間入院し執務を続ける予定である。 また、ホワイトハウスのスタッフと担当記者、イベントへの参加の政治家の感染も確認されている。

他にも現地では、さまざまな報道が飛び交っているが、ここでは、陽性判定を受けるまでの5日間の行動について振り返る。

トランプ陽性判定までの5日間の時系列

(参照:ワシントンポストとNY現地メディアの情報をまとめたもの)

9月25日、バージニア州で26日、ペンシルベニア州で、それぞれの選挙集会を開き、トランプ最側近の一人ホップ・ヒックス氏も同行した。

9月27日

トランプナショナルゴルフクラブを午前中に訪問した後、ホワイトハウス会見場で記者会見を行った。 夕方以降ゴールドスターファミリー(最近の紛争などで殉職した米軍の遺族団体)のためのレセプションを開催。 元ニューヨーク市長ルディジュリアーニと前ニュージャージー州知事クリス・クリスティ氏など多くの政治家も参加したが、すべてのマスクを着用せずに、社会的距離も維持されていなかった。

(* 10月3日現在、クリス・クリスティ氏は、新型コロナ検査で陽性判定を発表)

9月28日

ホワイトハウスでローズタウンモーターズ「The 2021 Endurance “おめでとうイベントを屋外で開催。この会社のCEOであるスティーブ・バーンズ氏と政治家を招待して、少なくとも5人のメディアの前に現れたが、記者会見でトランプを含む6人のすべてのマスクを着用していなかった。

次に、新型コロナ今後の検査戦略、フェンス副などと一緒に記者会見を開いた。 連邦保健当局が登壇し、新しい検査体制を示した。

(* 10月2日現在、フェンス副夫婦は新型コロナ検査で陰性判定を発表)

9月29日

オハイオ州クリーブランド市で最初の討論会。 出発前にホワイトハウスで観客に手を振って挨拶。 参加者のほとんどは、マスクを着用していたが、夫婦はマスクなしだった。

討論会では、ジョー・バイデン氏、司会者クリスウォレスは、討論会を目の前で聞いていた娘のイワンさんとその夫のジェラルドクーナー氏をはじめとトランプの家族は誰一人として、マスクを着用していなかった。

討論会ではトランプは「マスクを否定するものではない。常に持ち歩いている」とポケットに閉じた自分のマスクを示すバイデン氏について「あなたは遠くから見てもわかるような大きなマスクを常に着用している」と鼻をした。 (* 10月2日現在バイデン夫婦、イワンさん、クナー氏などは、新型コロナ検査で陰性判定を発表)

[대선 전용기로 이동하고 힉스 씨, 이반 씨 등 가족도 동행]

9月30日

ミネソタ州での選挙集会。 メリーランド州アンドリュース空軍基地に行く前に、ホワイトハウスサウスローンでマスクをしていない状態で、記者団に対応。 ミネアポリス州セントポール国際空港に飛んで何人かの政治家と歓談した後、ミネソタ州ショーウッド村で選挙戦に資金調達イベントを開催。

続いて、同じ州ダルース市に移動し、屋外での選挙集会を開いた。 3000人が参加しましたが、人々は密集した形で着席させ、ほとんどの人がマスクを着用していなかった(トランプもマスクなし)。 その後、関係者の家庭からの資金調達が行われたが、参加者および人員などは不明。

[대선 전용기로 이동하고 힉스 씨도 동행]

10月1日

公開イベントはなかったが、ニュージャージー州ベッドミンスター市のゴルフクラブで募金レセプションを開催講演、支援者との懇談会をした(参加人数は不明)。

ヒックス氏の陽性結果は、米国の大統領専用ヘリコプター「マリンワン」がニュージャージー州に向かって離陸する直前に大統領に知られていた。

その後、大統領夫妻も検査を受けて同日夜にその事実が報道された。また、2日午前1時前にトランプ大統領自らがツイッターで夫婦の陽性判定を発表した。

選挙日までの最後の1ヶ月に今週だけでトランプ大統領は、米国のさまざまな土地を訪れた多くの人々に会っていた。 しかし、残念なのは、(新聞を見る限り)大統領がほとんどマスクを着用していなかった。 カメラの前でだけだから後ろ着ていたとは到底考えられない。 そしてそのような大統領の前でマスクをしていないことが、いわゆる「忠誠心」のように考えていたので、濃厚接触者と選挙集会の参加者たちは、ほとんどすべてのマスクを着用していなかった。

また、1日には、自分が濃厚接触者と知りながら同じ国に移動し、受付に参加したものである。

新型コロナ時間が長くなると長くなるが、人の考えも緩む。 不滅のイメージで新型コロナグァは無関係だと思っていた(ようなイメージを与えていた)トランプ大統領が今回の罹患したことで、トランプパー・反対派に関係なく、人々は一様に衝撃ができる。

現地では、「高齢無理なく乾杯」、「トランプ支持は変わりがない」「回復した後、より英雄扱いされていること」「(大統領が感染)体が緊張した」などの(コロナ軽視していたため)、「取るようにしてかかった」、「体から出た錆」、「選挙活動を有利にするために捏造」などの意見までさまざまな声が上がった。

筆者は、この20万人以上が死亡した後も、な行動を改めない人にとっては、モーニングコール(苗)ロボている。 今まで頑なにマスクと社会的距離を維持することを拒否しており、いつまでも、中国のせいにしていた人々は、この事件を機に少し心を変えて行動を検討して感染抑制に接続されたればと願う。

そしてトランプ最後の重要な一ヶ月間の選挙運動が十分できない可能性が高いが、このオクトーバーサプライズがどのように選挙結果に影響を与える注視したい。

(Text by Kasumi Abe)無断転載禁止

READ  李登輝前総統の遺骨10月7日に五指山軍人墓地に埋葬/台湾(中央社フォーカス台湾) - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です