トヨタ:ルマン24時間決勝レポート… TS050 HYBRID 8号車が3連覇!

9月20日(日)現地時間午後2時半第88カイルマン24時間レースがゴールを迎えTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車が3連覇を成し遂げた。 ポールポジションから前半首位を走行したTS050 HYBRID 7号車は問題で後退も持って3位表彰台を獲得。 この結果、TOYOTA GAZOO Racingが最終戦を待たずに、チームのチャンピオンを確定した。

セバスチャン・ブエミ、中島一樹混合ションハートリーのTS050 HYBRID 8号車が2位を5周差をつけての勝利を収め、FIAの世界耐久選手権(WEC)のドライバスチャンピオンシップで優勝した。

エミーと中島は3年連続の勝利となり、97年にルマンの歴史の中で、これまで7人しか達成していなかった3連勝ドライバに参加することになった。 また、ハートリーは、2017年以来、二番目にルマン優勝を占めた。

ポールポジションからスタートしたマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRID 7号車は彼らに初勝利を目指し半ばまで首位を走行していたが、排気系の問題に見舞私たちは後退。 しかし、後半の素晴らしい追い上げを見せて3位表彰台を獲得した。

8試合に出場しているWEC2019- 2020年シーズンの第7戦が勝利してTOYOTA GAZOO Racingチームタイトル争いで2位レベリオンに逆転不可能な57点の差により最終戦を待たずに、今シーズンのチームチャンピオンを確定した。 TOYOTA GAZOO Racingは2014年2018 – 2019シーズンに続いて3回目の優勝である。

ルマンの最後の雄姿がされた1000馬力を誇る4輪駆動車のレースTS050 HYBRIDはサルトサーキットでの効率と性能の面で新たな標準となった。 2012年に搭乗した第1世代のLMP1ハイブリッド車の燃料使用量は35%減少したにもかかわらず、ラップタイムは1株あたり約10秒程度の向上を示した。 4年連続のポールポジションと3年連続の勝利の予選と決勝レース中にコースレコードを更新した。

ハイブリッドレースカーの開発を通じて得たノウハウを注ぎ込んだルマン直系GR Super Sport(仮称)が決勝レース開始前に初めて公開前披露した。 開発中のモデルをベースにオープン仕様で定義された車両は、サーキットた車輪試験走行を終えた後、開始直前に優勝トロフィーを返すイベントを行った。

開始から6時間経過時点で10週間を除いてTS050 HYBRID 7号車はレース前半のほとんどで先頭を走ってレースで改行を迎える頃には、2位との差は、1週間以上の拡散いた。 しかし、12時間が経過した直後の3時前に小林がドライブしていた7号車は、出力の低下に見舞われガレージで修理を余儀なくされた。 排気マニホールドの損傷を受けた7号車は復旧作業に30分を要し、小林は先頭から6週間の遅れ、3位レベリオン3号車から4週間遅れの4位のコースに復帰した。

一方、8号車は序盤にタイヤパンクやブレーキダクトの損傷などの問題に見舞われ、2度、予期せぬ駅と10分の回復などに時間を失ってもあきらめずに戦い続け、7号車が問題に見舞われる前に第二のていた。

後半2位以下に十分な差を広げた8号車はエミー中島ハートリーが速度を制御しながら車輪を重ねており、最終的にはその差は5周まで広がった。 3年連続のアンカードライバを務めた中島が、2020年ルマン24時間のフィニッシュラインを上位に渡します。 サルトサーキットで最も成功した日本人ドライバーとしての地位を確固たるものにした。

コンウェイと小林ロペスの7号車はレース復帰後追撃を図ったが、何かに衝突して、車両の床に損傷が及んだことで、空気力学的性能の低下が発生した。 しかし、8号車は表彰台を目指し追撃を続け、ライバルレベリオン3号車が、残りの1時間というところで衝突ピットで修理を強要したこと、3位になった。 優勝した8号車で6週間遅れ、2位レベリオン1号車は1週間の差で3位表彰を受賞となった。

8号車のドライバーは、この勝利によるポイントを加えたもので、ドライバズタイトル争いは、11月14日のバーレーンで開催される2019 – 2020年シーズン最終戦に持ち越されることになった。 8時間レース、バーレーンでは、最大39ポイント獲得が可能だが、現在の最高8号車と2位の7号車は若干7ポイント差でタイトルをゴルゴイ最終戦に臨むされる。

村田久武TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表:
ルマン24時間に挑戦することは、真の耐久性が要求される実に難しいことであるが、今回の改めて実感しました。 私たちは、TS050 HYBRIDデルマン3連覇する夢に向かってしっかりとした意志を持ってレースにのぞみ序盤から8号車に近づいた逆境もチームワークで乗り越えました。 チーム全員が素晴らしい仕事をしてくれました。 しかし、我々は1-2フィニッシュを狙っていたのもまた事実です。 優れた性能を発揮してくれた7号車ドライバー、メカニック、エンジニアは本当に申し訳なく思っています。 私たちは一つのチームです。 その悔しさは、チーム全体の物足りなさもあります。 私たちは、今年のルマンで経験した嬉しい日、悲しいことをファンの皆様に現場で直接分割することはできませんが、来年には直接会うことを願って。 レベリオン皆さん、準優勝おめでとうございます。 複数回押しています。 本当に立派なチームです。 また、このような世界的な困難な状況にありながらも、私たちがルマンに挑戦する機会を与えられたACOも感謝しています。

TS050 HYBRID#7号車:
(マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペス)
決勝結果:3位(上位6週次)、381周年、バス停35番グリッド:1つ目は、ベストラップ:3:19.357

小林可夢偉(7号車):
3位という結果は、我々が期待していたことも予想していたこともありません。 私たちは、今年もここルマンで非常に速かったが、レースというのは残酷です。 私たちはよく戦っていたし、チームも深夜に迅速作業では、車両を修理してくれました。 今回の問題は、最初のですが、それこのような重要な試合の中であったことは、本当に不運でした。 しかし、ルマンでは、このようなことも起こることがあります。 8号車と努力で二揃っ完走を成し遂げたチームを祝福します。

マイク・コンウェイ(7号車):
ルマンの勝利の女神は、今年も私たちは微笑んでくれません。 TOYOTA GAZOO Racing 3連覇を達成したのは喜ばしいことだが、私たちの7号車の側面から見ると、また勝利を逃してしまったような感じです。 また、これによりチャンピオン争いの状況が大きく変わってしまったのも残念です。 一つのレースで2つの大きな被害を受けてしまいました。 私たちは常に良い試合をするためにここに来たが、常に何かに邪魔されることがあります。 しかし、8号車が勝ったのは、チームにとって良かったと、彼らは偉大な戦いならなかった。

ホセ・マリア・ロペス(7号車):
まず、チームと8号車の乗組員お祝い。 これらのビッグレースを3連覇することはTOYOTA GAZOO Racingも素晴らしい仕事です。 このレースのためのチームは昼夜を問わず懸命に働いてきました。 マイクとモン優位性を含むすべての良いことをしたし、私自身もその一部だったと思います。 今回は運が豊富で、私たちの7号車に期待していた結果ではありませんでした。 本当に速かっただけに勝つことができなかったのは残念だが、挑戦を続けています。

TS050 HYBRID#8号車
(セバスチャン・ブエミ、中島混合ションハートリー)
決勝結果:1位、387周年、バス停36番グリッド:3番目、ベストラップ:3:19.762

中島(8号車):
TS050 HYBRIDの最後のルマンで勝つことができたのは格別であり、3連覇を達成というのも素晴らしいです。 私たちの今日のレースは起伏が激しい展開だったが、7号車乗務員を含むすべての本当に良い仕事をしました。 何とか私たちは、他の車より運に乗っているようです。 7号車が問題を被ったときTOYOTA GAZOO Racingで優勝することができ、すべてだったので、その後は非常に難しいレースになりました。 それだけ勝利を達成することができ、このチームの一員として必要なことが本当に嬉しいです。

セバスチャン・ブエミ(8号車):
気持ちです。 同僚とそしてチームが、このような驚くべき成果を行われました。 ここルーマンレースの流れは、瞬く間に変わります。 レースが開始された場合には、発生領域のタイミングやタイヤのパンクブレーキ冷却の問題など、すべての災いが私襲ったように感じました。 しかし、その後、突然状況が好転して、私たちは、先頭に立って、すぐに後続に5週差をつけるまでなりました。 今年ルマンレースは最後までどうなるかわからないということを改めて教えてくれました。

混合ションハートリー(8号車):
同僚とチームの両方を誇りに思います。 このチームに参加したばかりのときは、学習の連続でした。 詳細(エミー)と島のおかげで、この複雑なカーレースをすぐに走らせることができるようになりました。 今日は序盤いくつかの問題にぶつけたが、支えてくれた最高のメカニックやエンジニアのおかげで、その完璧なレースでした。 すべてがうまく行ってTOYOTA GAZOO Racing本当に感謝しています。

WEC第7戦ルマン24時間決勝結果(LMP1クラス)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / トヨタ / ルマン24時間 / WEC(FIA世界耐久選手権)

READ  バンタム級チャンピオン井上直哉が合宿開始戦のための「心身ともに鍛え」(共同通信) - スポーツナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です