カブスのダルビッシュ有投手(34)が29日(韓国時間30日)、レッズ戦で6回7安打無失点8奪三振と力投し、メジャートップタイガーれるシーズン6勝目(1敗)を挙げた。 レ軍秋山翔吾外野手(32)のメジャー初対決は2打数1安打で打撃妨害した。 6試合連続クォリティースタート(6回以上自責3以下)で6連勝。 防御率はリーグ2位の1・47、サイ・ヤング賞候補最右翼として浮上している。 日刊スポーツ評論家上原浩治氏(45)は、スライダー、カットボールに好調の理由を見た。

◇◇◇

開幕戦から好調ダルビッシュが期待どおりにピッチングを見せた。 昨年後半を見たとき、「今シーズンダルビッシュはかなりの活躍をするだろう」と自分のYouTube(上原浩治の「雑談魂」)でも紹介したが、その通りの結果が続いている。 根拠を批判してみようと思う。

今までのダルビッシュの画像を話したい。 150キロ台後半のストレートを投げ多彩な変化球も持っている。 それだけで良い投手の条件を十分に備えているが、コントロールもいい。 上昇も順調に行けば大きく崩れる心配はほとんどない投手であった。 また、昨年の後半は少しの心配があった上昇も安定感が増加した。 これ今季の活躍を予感させる根拠であった。

上昇が改善された最大の要因は、自分の信頼のボールを確立したものである。 ダルビッシュに言えばカットボールとスライダー。 初回の3者凡退打ち取ったが、ファーストストライクカットボールやスライダーとしている。 直線は3区のみ。 先頭打者を左翼手フライで打ち取っ球はストライクゾーンだったが、後の2口の両方少し抜け気味のボール球。 歩いて甘いコースに行かないように気をつけ投げているようだった。

カットボールもスライダーも同じ「曲線ボール」が理性もコントロールもいいからカウント球勝負区区分される。 一般的な概念と変化球は威力のあるストレートがあり、生きるとされているが、ダルビッシュの曲線球は、その常識を超えた。 同じ曲線ボールでも微妙に異なる速度とカーブ幅を正確に制御に応じて区分している。 絶対的な自信を持ってもついたものである。 だから上昇の不安もなくなったようです。

初めて除くすべてのランナーを背負って投手だったが、本当に「危ないか 」と思ったのは5回だけだった。先頭打者で2つの連続安打を打たれ、打者は3番左打者インジケータカウント1-1からの3球目キャッチャーが高いボールの領域に要求したがすっと抜け。外郭にボール気味の球だったが、主審はストライクと判定した。

次のボールは内角低め決まっ見逃し三振に打者がベンチに戻ってくるとき審判に訴えた。 この住んでいた。 2死満塁で初球スライダーを打っボッテガボッテガの使徒高炉で無得点。 今ダルビッシュの6連勝は決まった。

今後に向けてはまだ上がり目です。 これまでの課題でもありましたが、150キロ台後半のストレートのコントロールがうまくいけば、過激な投手になる。 まだ力を入れて、直線を投げ曲げ、ヨモギ抜けたりすることがある。 この直線の精度が上がると自由自在に扱う二つの曲線のボールは、より威力を加える。 そうなれば、「世界一の投手」も見られる。 (日刊スポーツ評論家)