スーパーリアルフライトシミュレーション “Microsoft Flight Simulator」は謎” 212階建ての超高層民家」が存在する。地図データの意外な落とし穴| AUTOMATON

画像クレジット:Alexander Muscat @alexandermuscat

最近発売されたフライトシミュレーション “Microsoft Flight Simulator」で、現実の世界には存在してはなら212階建ての超高層タワーが確認されており、話題を呼んでいる。源をたどると、明らかにいくつかのユーザーのタイプミスが原因であるようだ。

「Microsoft Flight Simulator」は、マイクロソフトとAsobo Studioが手がけたフライトシミュレータである。 プレイヤーは、精密に再現されたコックピットで操縦して空を走る。 マイクロソフトの検索エンジンBingが持つ膨大な地図データをもとに、同じ会社が付いているAzure AI分析し、建物と環境の3Dモデルを作成し、ゲームに適用します。 現実まるで世界が表現されている。 例えば、北朝鮮の平壌などの上空を飛行可能である。 ゲームの天気を現実の気候と同期させることができ、最高の航空体験を味わうことができるわけだ。

しかし、リアルで没入感が高いので、異様なものが存在すると目やすい。 その代表がオーストラリアのメルボルン北部にあるフォークナーの建物。 この作品ではフォークナーは超高層ビルが存在する。 静かな通りに突然そびえる巨塔。 「Half-Life 2」のCitadelと現代モノリスと、さまざまな表現で不思議いる。 現実の世界には存在しないことが謎ビル太田によって生まれたのが濃厚である。

本作に採用されているBing Mapsは一部の地域でOpenStreetMapが採用されている。 OpenStreetMapは、ユーザーの編集によって作成された世界地図プロジェクトである。 ユーザー参加型コンテンツで、そのボリュームは巨大な。 Bing Mapsは、各地域のパートナーと一緒にマップが作成されており、例えば、日本ではZenrinと協力して地図データの提供を受けている。 フォークナーの地図に関しては、OpenStreetMapのデータの提供を受けており、画面の右下の著作権の部分でもその記載を確認することができる。

しかし、ユーザーの編集されたデータは、必ず正しいとは限らない。 nathanwright120されるユーザーは、フォークナーの2階民家に212層とデータを貼りしまった。 このユーザーの他の編集データは正しいので、おそらくタイプミスだとのこと。 その後212階という数字は、他の人に訂正されたが、「Microsoft Flight Simulator」は、修正前の地図データで満たされた。 したがって、メルボルンには、誰もが知らない謎の塔がそびえ立つことになった。

この謎の塔は、早速コミュニティで人気を集めており、様々な人々がオーストラリアにある212階の民家を訪問している。 YouTuberのConor O’Kane氏は、この謎の建物に着陸を目指し動画を記録した。 ひたすら上を目指し墜落する奇妙な挑戦を続けている。 幾度も挑戦し、着陸に成功した。 212層の景色を謎の感動が生まれている。

OpenStreetMapによる問題は珍しくない。 たとえば、ロケーションベースのゲーム「ポケモンGO」は、OpenStreetMapのタグによってギリシャのサラミス島が「海」と認識されてしまった結果、ポケモンが消える事態が発生した(関連記事)。 ユーザーの編集内容は、ヒューマンエラーが発生しやすく、このデータをゲームに統合すると、思わぬ事故が生まれることを示したしたのはだった。 メルボルンに示された超高層民家もそのような一例である。

Bing Mapsで繊細な建物情報などは、OpenStreetMapで扱っているようで、オーストラリア全域でOpenStreetMapを使用しており、米国とヨーロッパでも建物のデータなどは、ユーザーの編集機能に依存している(日本では細かな部分もZenrinカバー)。 これらのシステムを考えると、似たような事例が今後確認されることはあるようだ。

Google Mapのストリートビューで見た実際の位置

マスコミは、マイクロソフトは、この高層民家が解決されるかどうかを問い合わせている。 212階建てのビルが消えるのは妥当だが、どこか寂しく感じるかもしれない。 実際に目で姿を目撃したい方は、「Microsoft Flight Simulator」を購入し遊んでみるといいだろう。


READ  Suicaに対応したGPSランニングウオッチ「ForeAthlete 745」を10月1日(木)に発売|プレスリリース|ニュース| Garmin | Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です