スバル新型「レ宝具 “先行予約開始3つの基本的評価と「アイサイトX」の有無に6年生を展開 – Car Watch

新型レ宝具

スバルの新型ツーリングワゴン「レ宝具 “先行予約が8月20日、全国スバル販売店で開始される。 正式発表予定は、10月15日。 現在レボ区日本向けのスポーツツアラーとして2014年6月に発売。 新開発の水平対向4気筒DOHC 1.6リッター直噴ターボ「FB16」水平対向4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ「FA20」の二つのエンジンラインナップを備えたステアリングを自動操舵EyeSight(ver.3)を初搭載するなど、当時のスバルの技術の粋を盛り込んだ車で登場した。

その後、2017年8月には「子供のサイトツーリングアシスト」の最初のタプジェグァ1.6リットル直噴ターボの実際の燃費改善など大幅改善。 常にレ宝具スバル自動車の先端技術、今後スバル自動車の象徴となる機能を初めて搭載した自動車に進化した。

2020年フルモデルチェンジ登場する新型レボグウン新開発の水平対向4気筒DOHC 1.8リッター直噴ターボ「CB18」を搭載。ボディはSGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)を初採用。ADAS(Advanced Driver Assistance System:高度運転支援システム)の子サイトも次世代の子供サイト」と「アイサイトX」に進化。 エンジンとサスペンション、4WDシステムとの協調制御を行うドライブモードセレクト、デジタルコックピットも用意されて次元が他の車づくりが進められている。 本記事では、そのような新型レ宝具の仕様概要を提供する。 また、この仕様は、プロトタイプの仕様であり、仕様・スペックは参考値となっている。

ステレオカメラを採用する子供サイト

1.8リットルうる単純なラインナップ

新型レ宝具に提供されるパワートレインは1種類。 新開発の水平対向4気筒DOHC 1.8リッター直噴ターボ「DIT」「CB18」は、最高出力130kW(177PS)/ 5200-5600rpm、最大トルク300Nm(30.6kgfm)/ 1600-3600rpmを発生。排気量は1795ccでボア×ストローク80.6×88.0mm(ボアストローク比約1.09)で圧縮比10.4無鉛ガソリン(タンク容量は63L)を使用する。JC08モード燃費は16.6km / L(WLTCモード燃費は13.7km / L)となっており、単純な計算での航続距離は満タンで約1045.8km。1000km以上の数字を狙った意図もうかがえるものとなっている。

新開発の水平対向4気筒DOHC 1.8リッター直噴ターボ「DIT」「CB18」

現在1.6リットルFB16が最高出力125kW(170PS)/ 4800-5600rpm、最大トルク250Nm(25.5kgfm)/ 1800-4800rpm、ボア×ストローク78.8×82.0mm(ボアストローク比約1.04)で圧縮比11.0。 燃料タンク容量60L、JC08モード燃費16.0km / L(つまり、単純計算の航続距離が996km)。 FB16とCB18を比較するとCB18よりロングストロークタイプにデザインされていることがわかる。 低回転域で大きなトルクを発生するエンジンであり、ロングツーリング性能を兼ね備えていることがわかる。

また、2.0リットルFA20は、最高出力221kW(300PS)/ 5600rpm、最大トルク400Nm(40.8kgfm)/ 2000-4800rpm。 ボア×ストロークは2.0リットルのスポーツエンジンに採用例が示されている86.0×86.0mmのスクエアタイプ。 JC08モード燃費も無鉛プレミアムガソリン13.2km / Lと高出力エンジンなデザイン。

新型レボグウン現在の1.6リットルレボグウル発展させて効率を上げ、排気量を増加させると、2.0リットルのレ宝具スポーツもインポートでデザインされていることが分かる。

これの組み合わせトランスミッションは、新開発されたリニアトロニックCVT。 約80%の部品を新しい製造し、比の範囲(変速比幅)も拡大した。 現在レボ区3.581〜0.570(変速比幅約6.28)で4.066〜0.503(変速比幅約8.08)にワイド化している(最終減速比は、すべて3.900)。 この新型リニアトロニックCVTは、短い長さの、いわゆる中容量リニアトロニックタイプとなっている。

3年生+ “子供サイトX」の有無のシンプルな構成

パワートレインは、1種類のグレード構成もシンプルなものとなっている。 基本評価は「GT」「GT-H」「STI Sport」の3つ。 さらに、子供のサイトXを標準搭載した「GT EX」「GT-H EX」「STI Sport EX」が6年生の構成GT-Hは225 / 45R18のタイヤを履く主要グレードのGTは、いくつかの機器を簡素化すると同時にタイヤも215 / 50R17と17インチ化。エントリーレベルになる。

STI Sportは協調制御を行うドライブモードセレクトが搭載されてComfort、Normal、Sport、Sport + Individualが切り替え可能。 GTとGT-Hは、従来どおりSI-DRIVE(2モードのI / S)となる。

つまり、ドライブモードセレクトが搭載されて、後述する子供サイトXが搭載された最先端のグレードSTI Sport EX一択される。 逆に、ドライブモードセレクトは必要ありません(SI-DRIVEは持つ)子供サイトXを安価に入手したい場合はGT EXが視野に入ってくる。

ただし、初期はパラパラ機器のSTI Sport EXに人気が集中することは間違いないだろう。

STI Sport EX各部写真
GT-H EX画像

次世代の子供サイトアイサイトアイサイトX

今回の新型レ宝具では、次世代の子供のサイトが一つの中心となっているが、スバルは子供サイトの機能を三つにまとめている。 ステレオカメラ装置である子サイトのハードウェアは、GT、GT-H、STI Sport、GT EX GT-H EX、STI Sport EXすべて共通で同じ基本性能を持っている。

この基本性能の部分を「子供のサイト核心技術」「子供のサイトの安全性に加えて(運転支援技術)」と整理することができます。子供のサイトのコア技術は、次のような構成になる。

子供サイトコア技術

フリークラッシュブレーキ
側方フリークラッシュブレーキ
緊急フリー衝突ステアリング
後進時のブレーキアシスト
AT誤っ開発抑制制御
AT間違い後方抑制制御
ツーリングアシスト
電車の中追従機能付きクルーズコントロール
定速クルーズコントロール
車線逸脱抑制
車線逸脱警報
動揺警報
先行車発進お知らせ機能
青信号通知機能
子供サイトアシストモニター

上記のように安全に関する基本的な機能は、全学年に搭載される。

一方、子供サイトの安全性に加えては、運転支援技術と位置づけすると視野拡大技術として位置づけすることがあり、運転支援技術は、全学年に搭載される。

子供サイトの安全性に加えて(運転支援技術)全学年搭載

スバルリア車検知(後側方警報支援システム)
緊急車線維持支援
配列式適応型走行ビーム

視野拡張技術は、子供のサイトX搭載の評価(GT EX GT-H EX、STI Sport EX)に加えて、装着されているもので、これは子供のサイトX搭載車が後方だけでなく、前方レーダーも装備するから可能になったものである。

子供サイトの安全性に加えて(視野拡張技術)GT EX GT-H EX、STI Sport EXに搭載

デジタルマルチビューモニター(フロント/サイド/リア)
側方境界アシスト

そして子供サイトX搭載グレードの中心となるのが、子供のサイトX技術(高度運転支援システム)される。 この高度な運​​転支援システムは、渋滞時手オフアシストなどで構成されている。

子供サイトX技術(高度運転支援システム)

渋滞時ハンズオフアシスト
渋滞時発進アシスト
アクティブレーンチェンジアシスト
カーブの前に速度制御
料金所の前に速度制御
ドライバ異常時対応システム

子供サイトXコックピット写真

また、新型レ宝具では、デジタルコックピットが話題だが、このデジタルコックピットを構成する12.3インチのフル液晶メーターは子供サイトX搭載の評価(GT EX GT-H EX、STI Sport EX)が。 デジタルコックピット作成しようとした場合、子供のサイトX搭載の評価(GT EX GT-H EX、STI Sport EX)を選択する必要がある。 一方、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイとドライバモニタリングシステムは、オプションの装着が可能で、かなり苦しい評価構成となっている。

それぞれの価格は未発表だが、子供のサイトX搭載の評価(GT EX GT-H EX、STI Sport EX)と非搭載の評価と価格差は税別35万円に発表されており、ここにはナビゲーションも含まれるため、子供のサイトX搭載グレードを購入しやすいように配慮がなされている。

初期に購入する人は、子供のサイトX搭載グレードが対象になると思われるので、グレードの選択は、価格ももちろんだが、ドライブモードセレクトなどの機能をどのように評価するかがポイントとなるだろう。

READ  みずほ紙通帳発行に1,100円。 通帳のない「e-口座」を開始 - Impress Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です