コーヒー初心者の自分にぴったりだった「スマート全自動コーヒーメーカー」 – 携帯電話Watch

以前コーヒーはペットボトルや缶のものしか飲まなかった頃、友人に「コーヒーは、直接メーカーないよ本当の利点は、知らないですよね」という趣旨の話を何度も聞いた。

うるさい~~! コーヒーをマウント取る手段じゃない! 思ったが、そこまで言うなら、おいしいのだろうかとも考え、ドリップを買って直接淹れた。 筆者は、味の語彙力が皆無ので情緒表現することができませんが、確かにおいしい。

直接メーカーになったことを知人に話したら、「コーヒーの粉で淹もおいしいですが、やはり豆を自分の手的なない。さらに、コーヒーは着替えの時から心が本当に何されると、かんたら」とのこと。

うるさい~~! 思ったが、そこまで言うなら、おいしいのだろうかとも考えて、小麦ドリップサーバーが一体化された全自動コーヒーメーカーを探すた。 友達の言葉に従えば、手動コーヒーミルを見つけるが、ものぐさな私がそのような面倒なことを続けてまい。 しかし、その場で着替えたほうがおいしいと思ったので、全自動コーヒーメーカーを見つけたわけだ。

今回ご紹介する「スマート全自動コーヒーメーカー」

電動であれば、携帯電話Watchからの記事にあるものとしたいと考え探していたが、「スマート全自動コーヒーメーカー」を見つけた。専用スマホアプリとの連携機能も備えているうえ、なかなか素敵な外形をしている。また、当時は、キャンペーンで1万円を切っていたことも裏付けされて購入に至った。

前置きが非常に長くなった。 本製品の使用方法は簡単で、コーヒー豆(粉にも対応している)と水を入れた後、セットしたのが大豆のか粉かを選択して、保温するかどうかと濃度を指定するだけ。 残りは待機して、コーヒーがサーバーに注がれる。 指定できるカップ数は1〜6杯(容量750ml)に粉末を設定した場合は、設定不可。 濃度は「濃い」または「薄い」の2つのだけだ。 豆を挽く粗さと温水温度などの調整はできない。

また、カップ数の設定もできますが、現在は設定されたカップの数に関係なく、タンク内の水をすべて使ってしまう…したがって、タンクの目盛りを見ながら水をインストールするようにしている。

本体前面上部に配置された各項目をタッチして設定を完了した後、「スタート」をクリックします。タッチ感度が若干悪く、長くするように押さないと反応しない

タンクには、カップ数ごとに目盛りが付いている

本製品に乗り換えで淹コーヒーは味が強く感じている。近場のスーパーで売っていた手頃な価格のコーヒー豆だ。 安く美味しくコーヒーを楽しむことができるなんていい。 「濃い」で淹れた場合、そのまましっかり濃度を味わうことができ、「薄い」とコーヒーショップで飲むの混合ように感じる。 より薄い味をしたい場合は、水をタンクの目盛りより多めに入れて調整すればよさそう。 買ってきたコーヒーの粉と豆を同じ種類で味を比較すべきかもと思うが、あいにくのスーパーに売っていないので、比較していない(私の舌で違いを知ることができているかどうかも以上)。

この製品を例を友人に話すと、「合理的なだから仕方ないが、粗さが選択できないのは、私に合わないんだ。私は全自動コーヒーメーカーを買うなら、お金をかけても、経は選択モノと思います。粗さと豆の相性もあり、その日の気分に応じて、粗さは変えたい新韓と、されたとします」とのこと。 コーヒー好きには設定がとてもシンプルかもしれないが、コーヒー初心者の筆者には十分である。

楽コーヒーが完成

前述のように、この製品は、スマートフォン向けアプリケーションとの連動機能も搭載している。 専用アプリを使用すると、本体で操作していたことを、スマートフォンでもすることができる。 これは、私たちに「大豆粉と水は自ら設定し、そのついでに本体側で操作するから余計な機能は?」と思っていない。

専用アプリケーションの機能は、設定した条件を満たしている場合、自動的にコーヒーを沸かしてくれる点だ。 条件に設定できる項目は、時間、日の出・日没、温度、風速、家など特定の場所に入った・出てきたとき(ベータで提供)など。 他にもIoT機器と連携して、音声入力と照明のオン・オフをトリガーもある。

スマートフォンからリモートでコーヒーを淹れられる

平日は毎朝コーヒーを淹などの設定が可能

ベータだが、家など特定の場所にアクセスすると、コーヒーを淹機能も備える。帰宅時間だけの機能を有効にすると便利なようだ

特に、指定した時間にコーヒーを沸かしてくれる機能は提供しています。 筆者は時間を早朝にセットして準備に追われる忙しい朝に軽く楽になった。 ちなみに、小麦使用時の音が大きいので、アラームの代わりにもなるかと思いましたが、設置場所のキッチンでドアを一枚挟むボリュームを適度に減衰されるので、アラームとして活用することができなかった。

使用後、本製品をきれいにする煩わしさが少し面倒ですが、コーヒーメーカーは、誰もそんなのだろうかと考えている。 安価で、スマートフォンとの連携機能も備えた「スマート全自動コーヒーメーカー「コーヒーメーカーの導入にはかなりアリ一品だ。

使用が終わった後は、工場の部品を分離ステンレスフィルタも取り出す。ですべて洗浄する

商品名発売元購入価格
スマート全自動コーヒーメーカープラススタイル9980円(税込キャンペーン適用)

READ  三菱再生に奔走益子修氏死亡 - 朝鮮日報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です