グランドシネマサンシャイン」TENETテネット “IMAX上映成績が世界1位 – AV Watch

「TENETテネット “
(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved。 IMAX(R)は、IMAX Corporationの登録商標です。 IMAX 3DとIMAX DMRはIMAX Corporationの商標です。

佐々木興業は池袋シネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」で18日公開映画「TENETテネット」のIMAXオープニング成績(18日〜21日の興行収入)が世界中のIMAXシアターで第1位の売上高を達成したと発表した。

18日から公開したクリストファー・ノーラン監督最新作「TENETテネット」は日本でもオープニング興行収入No.1を獲得して公開5日間の累計興行収入が7億5,000万円を超えて驚いた監督の過去作「ダンケルク」や「インターステラ」のオープニング成績を上回るヒット開始されている。

グランドシネマサンシャインでは、公開初日18日の午前12時と午後3時から最速上映を実施。 深夜時間、販売開始約10分で完売した雰囲気を見せた。 以後18分のIMAXレーザー/ GT技術回すべて完売。 続く19日〜22日の4連休にも満席時間が続出して全体で約95%の販売実績になったという。

IMAX工事によると、グランドシネマサンシャイン」TENETテネット “IMAXバージョンのオープニング興行収入(公開後4日間の興行収入)が世界中のIMAXシアターで世界1位を占める成績を収めたことが分かった。

グランドシネマサンシャインのIMAXレーザー/ GT技術劇場はIMAXフィルムカメラで撮影した映像をトリミングせずに1:1.43のフルサイズで鑑賞することができる数少ない(国内では2個)の劇場。

「TENETテネット」公開記念で先に上映した「ダークナイト」と「インターステラ」などの上映時にもフルサイズバージョンを鑑賞しようと遠くからも多くのファンが集まったならない。

最新作「TENETテネット」でもクリストファー・ノーラン監督は、数々のシーンでIMAXフィルムカメラを使用して撮影します。 国内最大スクリーン(高さ18.9m×幅25.8m)のグランドシネマサンシャインIMAXレーザー/ GT技術劇場のスクリーンいっぱいに映し出される映像は、お客様に真の没入体験を提供している。

(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved。 IMAX(R)は、IMAX Corporationの登録商標です。 IMAX 3DとIMAX DMRはIMAX Corporationの商標です。

READ  ヤクルト石川10の40代巨人戦の先発勝利/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です