きゃりーぱみゅぱみゅ(27)が12日、都内のTOHOシネマズ六本木で開かれたアニメ映画「映画クレヨンしんちゃん激突! 落書きリングダムとほぼ四人の勇者」(京極尚彦監督)公開記念舞台挨拶に登壇した。 写真週刊誌で俳優葉山ショノ(24)との交際が報じられた後、初の公式席上だったが、その件に関する言及がなく、声がけにも反応はなかった。

キャリーは「クレヨンしんちゃん」のファンとして知られている13年に「君に100パーセント」をテーマに提供し、同年1月にはテレビアニメに本人役で出演した。今回の作品では、落書きリングダムの「姫」を引き受け落書き応援大使務めている。「まず無事公開されて非常に嬉しく思います。 プリンセス役を演じるようにくれた。 声優自体も本格的なのは初めてで泣き叫ぶシーンがあって、涙になるほどグッとくるものがあった」と声優として出演を振り返った。

野原しんのすけの前に一緒にやりたいことを尋ねると、「クレヨンしんちゃんと、様々な仕事をしてきたが、私はいつも歌のライブもしている。しんちゃんの衣装を製作して一緒に立ちたい」と語った。 しんのすけが「スリットたくさんいい!」と要求すると、「一緒に考えてみましょう!」と訴えた。

また、作品に関連して、自転車の画像を描いた。 「最近自転車に乗っている。坂道に立って乗るしよたよたして危険なため、モーター付き自転車が欲しい」と笑顔を浮かべた。 しんのすけが「買ってあげる」といえば「金持ちだ…ありがとうございます」と嫌なさそうだった。

今回の作品は、1990年(平2)で「漫画アクション」に原作の連載が開始され、92年にテレビ朝日系でアニメが放送された「クレヨンしんちゃん」の劇場版アニメ28編では、地上の落書きエネルギーに浮かんでいる王国落書きリングダムが舞台。 地上で落書きが減って崩壊の危機に直面した落書きリングダム王国軍が無理やり人間に落書きをする「ウキカーキカーキ作戦」を決行王国のすぐ下にある野原しんのすけが住む春日部進撃を開始する。慎之助は描いたのが実現する奇跡クレヨンで “ほぼ四人の勇者」を描い春日部を保存物語。

この日は、国防長官役でアニメ声優に初挑戦した山田ゆき(29)、リンゴ、イチゴ、メロンの1人3役に挑戦したリンゴちゃん、野原しんのすけの声を演じる声優小林由美子、ブリブリ者モン駅で劇場版に初出演した声優神谷浩史が登壇した。