千葉勝浦出身の巨人円形佳浩外野手(31)の血が騒いだ? 9月18日から開催予定だった「勝浦大漁まつり」は、新型コロナウイルスの影響で停止します。 毎年この時期に「煮えたぎる」男が2回右中間に14号ソロを放ち、チームの4連勝に大きく貢献した。 首位を独走するチームは2位とのゲーム差を今季最大7.5広げ最小優勝マジック「44」が6日にも点灯する。

◇◇◇

千葉勝浦出身の原型は、「友達のお父さんが漁業れている人もいて、船に乗せてもらうた記憶もある。本当に海はおなじみのものですよね」と潮風が懐かしい。 また、夏であれば「カツ人」で、普段よりも力が入る。 毎年勝浦漁港付近で4日間に渡って「勝浦大漁まつり」が開かれる。 漁村に集まる男たちが窯を担ぐ血気盛んな様子….今年は新型コロナウイルスの影響で中断されたが、勝浦の人間として「血が沸騰」と言うように、高騰がある。

ヘピウン着なくても熱い魂がバットに乗って進んで。 円陣を組み、チーム全体に「○」を作った0-0の2回。 1社でウォンは「最近ではなスイング目である程度前しっかりとした打球を飛ばすことができる」と自信があった。 2ボールからの3球目は落ちたチェンジアップ。 ファーストストライクが「Web」にかかる「餌」は取り逃がさである。 右中間に14号ソロ着弾するとすぐ「大漁旗」ならぬ “応援旗」が続々とスタンドにかかっていた。

ハッピーにヘッドバンドが祭りの男たちの衣装。 試合前円陣は岸が帽子に「必勝」の鉢巻きを巻いて音あり。 勝浦男の活躍を予言した? 波に乗ってのように円形では冷遇を含む4打席すべてで出塁。 原監督も「最近一日が非常に状態が良いとねまあ先陣を切って口をホームランというのは大きかった」と、9月のラウンドに目を細め。 まだ今月に入って2試合消化しただけだが、9月に打率6割が止まらない。 チームは4連勝で少なくとも6日にも優勝マジック(44)が点灯する。 連覇の道も見え始めた。 煮えたぎる血の向くままに原型がまくり。 原監督の窯を担ぐため。 【栗田直樹】

◆カッツ大漁まつり4日間、千葉勝浦漁港周辺で開かれる秋の祭り。 江戸時代後期を祈る。 1日目は、「村の方向」と称して、各地域の縫っ2日に開催される各地域から集まった19基の窯「一斉担い」は見もの。 4日目には、岸壁に着用したいくつかの隻の船の間で窯を伝達」窯のインドの」が開かれる。漁村特有の威勢の良さを感じることができるのが魅力。

▼先頭巨人○2位阪神●結果、2位との差が、今シーズン最大7.5ゲームに開いた。 巨人は早ければ6日にも優勝マジック(44)が点灯する。 M点灯条件は巨人が3日DeNA全4〜6日の阪神戦で4連勝阪神が3日、ヤクルト前●一つ△広島が3日中日前●また、4〜6日、広島-DeNA転移広島の2勝1分けされていること。