アルファ他私たちホンダF1 “空気力学と機械に新しい要素を導入し、「/ F1トスカーナGP金曜日フリー走行【F1-Gate.com】

アルファ他私たちホンダF1の最高のレースエンジニアを務めるジョナサンもルージュが2020年F1世界選手権第9戦F1トスカーナGP初日のフリー走行での作業を振り返った。

無題のサーキットでF1開催は初めてということで、チーム全体に忙しい初日となった。 アルファ他私たちホンダF1はピエールオクラホマ州が8回目、なんてルー・クビアートが15番目にセッションを終えた。

「トリプルヘッダー3戦のチームには難しい状況である。しかし、前のイベントの良い結果により、電源が大きな助けを受けた。 初めてのF1レーストラックに来ることで、パーティーの時間はかなり短いされた。この時代のF1で、私たちはこのトラックに来たのはなく、運転ティーを無題に間に短時間で多くの準備をする必要があった」とジョナサンもルーズコメント。

「ここでもAT01開発を続けており、モンツァ機械に比べて、ここで空力と機械の両方で、新しい要素が加わっている。新しいトラックなので、ドライバーに可能な限り多くの走行時間を提供することを目的とした。それは、新しい構成要素を評価に結合してFP1は忙しいセッションになった。必要なデータをすべて収集し、エンジニアに最適のバランスを見つけるための時間を与える良い妥協点を見つけた “

「FP1は肯定的であり、非常に満足している。すべてが期待どおりに動作するように見え.FP2より伝統的なセッションし、最終的には予選のパフォーマンスを理解することが焦点だったが、ロングランのタイヤ評価も重要だった。ピエールは肯定的なセッションを実施して良好なパフォーマンスを見せていたが、ダニー(クビアート)は、多少の機械のバランスとグリップに苦しんでおり、特にオプション(ソフト)タイヤに苦戦していた。彼は短い実行でもロングランでも最大限の可能性を引き出すことができなかったのでなぜ彼の処理に困っていたのかを理解するために、自分のコンピュータに、もう少し必要な作業があります。明日、彼の競争力をつけてQ3争いがある機械を与えるように、今日は多くのことをしなければならない。また、日曜日に最高のレース戦略を選択するために、タイヤの挙動にも集中していく」

関連:F1トスカーナGPフリー走行2回目:ボットスクイックメルセデスがワンツー。 レッドブルF1のフェルースタトペᆫが3回目

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファ乗ったち / ホンダF1 / F1イタリアのGP

READ  【速報】松山英樹は首位と1打差で最終日の後半に/ BMW選手権 - ゴルフダイジェスト・オンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です