アップル5G対応の新型iPhone、年内7500万台の目標 – 関係者 – Bloomberg

メートルアップルは、第5世代(5G)通信規格対応の新型「iPhone(アイフォン)」を7500万台以上の生産にサプライヤーに要請した。 昨年発売機種とほぼ同じ生産レベルで会社の最も重要な製品の需要が新型コロナウイルスの大流行(世界大流行)とリセッション(景気後退)の中でも、耐える兆しと見られる。

事情に詳しい複数の関係者によると、Appleは新型のiPhoneの今年の出荷量が最高8000万台に達すると予測している。 会社の計画は、デザインを新たにして、画面サイズを選択も広げ5G対応の4モデルを10月に発売する。 製品発売前にしながら関係者は匿名を条件に語った。

アップルは、秋の製品ライン刷新でタブレット「iPad(アイパッド)Air」の新モデルと腕時計型端末「アップルウォッチ」の最新機種2モデル初のオーバーイヤーヘッドフォン、小型スピーカー「ホームフォード」も準備中だ。 アップルの広報担当者はコメントを拒否した。

アップルのiPhoneの時代

技術の大企業は、ここ数年の間に10億個以上の携帯電話を出荷しました。

出典:IDC

毎年秋新型iPhoneの発売を控えて会社とパートナーは、生産を拡大しており、2019年の夏には、サプライヤーは、最大7500万台分の部品生産を準備していた。 18年の目標も同じだったので、今年7500万8000万台の目標は強気のサインである。

新型コロナ流行に経済が打撃を受け、サプライチェーンの混乱したが、Appleは、在宅勤務や遠隔教育の普及を背景に、iPhoneや子供のパッド、コンピュータ「Mac」の需要が好調になると予想している。 最近の四半期のiPhoneの販売台数は、ウォールストリートの予想を上回った。

iPhoneの新しいモデルは、基本的な2機種と高級機種の2機種に初めて分けられる、全ての機種に有機ELディスプレイを搭載する。 基本モデル2機種の画面サイズは5.4インチと6.1インチ、上位機種「Pro(プロ)」モデルのサイズは6.1インチ、iPhoneから今まで最大の6.7インチから選択することができる。

新しいモデルは、デザインが改善されたアイパッドプロと同様の角隅になる。 上位2機種は継続ステンレス鋼を使用し、色の選択は、2019年のiPhone 11プロで採用したミッドナイトグリーンの代わりにダークブルーを計画している。

スマートフォンのスナップショット

アップルは、第2四半期の出荷量3位

出典:IDC

原題:Apple、秋製品ブリッツのために7,500万台の5G iPhoneの目標 (抜粋)

READ  Oculus製品、新規利用はFacebookログイン必須。 Oculusアカウントは2023年元旦終了 - Engadget日本版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です