なんてルー・クビアート」角田裕毅の「噂」気はなかった」/アルファ乗ったちホンダF1[F1-Gate.com]

なんてルー・クビアートは2021年に自分の代わりにホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅アルファ乗ったちホンダF1のシートを獲得する “噂”に苦労はしていないと述べた。

角田裕毅(20歳)は、ホンダF1の育成ドライバーだけでなく、レッドブルジュニアドライバーに名を連ねており、先週末ののFIA-F2、ロシア大会でポールポジションを獲得した。 レース1で2位表彰台レース2で6位入賞順位3位に浮上している。

角田裕毅は2021年にアルファ乗ったちホンダからF1デビューに考えており、レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナードライバの決定は、「クリスマス前に「予定していると述べたている。

それでは遅すぎて選択肢を検討する時間がないではないかと質問したなんてルー・クビアートは「彼らにいつでも好きな時に決定を下す権利がある」とソチで語った。

ロシアのF1解説者であるアレクセイ・ポポフはレッドブルが角田裕毅と契約することは、ホンダF1が現在2021年の契約後もF1を続けることを説得するために役立つ可能性があると考えている。

なんてルー・クビアートは、自分の選択を囲ま必要があるかもしれないと認めている。

「マネージャーニコラス・トッド、このテーマについてよく話をしている。私はこのような問題について、彼は完全信頼」となんてルー・クビアートと述べた。

「今年はカレンダーが忙しすぎて、今では、この週末に集中している。さっきも言ったように、私は過去数試合で発展しており、この感じを続けたいと思っている」

角田裕毅推測について具体的に質問したなんてルー・クビアートは「私は十分に長いF1にいるので、自分の制御することができないことをいちいち気にすることはない」と述べた。

「自分のシステムの運転方法と作業方法は、制御することができる。最後のいくつかの試合で自分のコンピュータをよりよく理解する方法を考えてきた」

「F1の経験があるので、そのような噂を気にはしなかった。しかし、その後、チームに残りたいと思っている.F1で戦っ世界最速のマシンを運転するのが大好きだね」

「私はここに到達するために16年間熱心に努力してきた。アルファ乗っ我々は、過去数年の間に大きな発展をしています今後も行きたいと考えている。しかし、辛抱強く落ち着いて、可能な限り自分の仕事をする必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / なんてルー・クビアート / ホンダF1 / アルファ乗ったち / 角田裕毅

READ  バンタム級チャンピオン井上直哉が合宿開始戦のための「心身ともに鍛え」(共同通信) - スポーツナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です