おめでとうはシスターズのリスニング、Oculus Quest 2露出女性も楽しむ良い」VR for everyone “実力


Facebookが17日発表した一体型VRゴーグル “オキュルラスクエスト2「64GB版は3万3800円、256GB版が4万4800円(すべて税別)は、以前のモデルでより値下げされた価格に加え、ビッグとヤマダ電機ヨドバシカメラ、GEOなど日本の店頭で取り扱うことが明らかにされ、 Twitterなどでも大いに話題になった。

10月13日発売の前にレビューの実機を借りることができたが、せっかくVTuberも専門分野というPANORAので、ぜひVTuber氏触れてくれて露出を整理したいところ。 そんなVRに追加VTuberさんといえば…? だから、今回はなんと次元を超え、女性2人組 “おめでとうはシスターズ「(おめシス)で風情実際書いて感想を聞きました!

読む前に、こちらの動画をチェック!

先に言ってくれたのは、ちょっとグレーがかかった白い外観について。

「見た目がかわいい」(リオさん)
「きれいになった」(レイさん)

との両方の新色が好きなようです。 招待Questは黒一色で、男性ガジェットファンなら「かっこいい!」とグッとくる様子だが、やはり女性にはゴート帯状。

筆者は、本体の一部がクッションになっており、高級感が招待がデザインが好みだったが、より多くの人々にVRを拡散させるなら、今回の選択がより良いかもしれないです。 リオ氏は、「バリがあれば、よりかわいい」と言ってくれました。

着心地はレイさんが “(頭)ベルトは少し締め難しい?」とコメント。初代は左右のこめかみの隣の近くにあるベルトを引っ張って締め方式であるところの2は後頭部のバックルを左右に引くようになりました。また、初代にあったベルトを固定した状態でも装着したときに戻る引く少し広がる「遊び」が2ではないかどうかも指摘しました。

レイさんが最初に試行先論じることはもちろん、普段遊んでいる「Beat Saber “軸ブラされず、直立不動で切り続け礼儀ユーザーを誇示してくれました。

鑑賞には招待に比べると、「本体の軽さが全然違う!」とのこと。 Quest 2は、本体重量が503gで、初代の571gに比べて70g近く軽くなっている。 レイ氏によると、招待は持っていると首が痛くてしまっていたが、2編されたという。

事実、筆者にVRを書くことに慣れて首強化されたせいか、単に男性の筋肉があるせいか、初代および2からそこまで軽さの違いを直感的に感じられなかった。 女性や子供にも招待より疲れにくいのが2の利点である。

逆にレイさんに重量を指摘されたのは、コントローラであった。 一方実測で約招待130g 2が160gである。 これについても、筆者は全く気にしなかったが、「持ちやすいようだが、やはりこちら(初代)が軽い」とコメント。

ちなみに「Beat Saberをした感じは(初代と)変わらないでしょう」と言っていた。最も楽しむ良いことは、手を開いても落ちない「VALVE INDEXコントローラ」から「スイングする感じがあっていい」とのこと。

結局触れてくださったのは、30分程度であったのだが、

「雲難しくなった?」(リオさん)
“それはなかったですね。画質は2がよくなっていて、音は良い気がするが、より撮り見ないとわからないかも」(レイさん)

といつものVRを演奏する人だけの視点を得ることができた。 また、おめシステムはすでに二(!)もQuest 2を購入したということで、発売後のレビュー動画が期待できるだろう。 ぜひチェックしてみよう。

●関連リンク
オキュルラスクエスト2
おめでとうがシスターズ(YouTube)
オメガレイ(Twitter)
おめがリオ(Twitter)

READ  第4戦に宇野、紀平らGPシリーズ出場選手発表 - フィギュア:日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です