【西和久の不定期コラム】vPro対応スリムタワー型コンピュータNEC」Mate JタイプME」 – PC Watch

Mate JタイプME(ME-7)

 NEC8月に10世代Coreを搭載したスリムタワー型デスクトップPCである「Mate JタイプME(ME-7)」を発表した。 今回はこちらのモデルの評価報告書をお届けしたい。

スリムタワー型ケースにCore i7-10700を搭載

「Mate JタイプME」の搭載可能なプロセッサCeleron、およびPentium Goldは、Core i3 / i5 / i7メモリは4GBで32GBストレージはHDD 500GB / 1TB、SSD 128GB / 256GB / 512GB、HDD 500GB / 1TB + Optaneメモリ。HDD 2つのRAID 1構成も可能になっている。

今回の出荷はCore i7-10700(vPro対応)搭載の最上位である。 メモリ16GB、HDD 500GB×2(RAID 1)、Radeon 520などを搭載。 また、基本的なモデルでは、メモリ4GB、HDD 500GB、内蔵GPUのような構成である。

[표 1]NEC「Mate JタイプME(ME-7)」の仕様
プロセッサCore i7-10700(8コア、16スレッド、2.9GHz〜4.8GHz、キャッシュ16MB、TDP 65W)
チップセットIntel Q470(vPro対応)
メモリDDR4-2933 16GB(8GB×2,4スロット、最大32GB)
ストレージHDD 500GB×2(RAID 1)
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
それほどWindows 10 Pro
グラフィックインテルUHDグラフィック630、Radeon 520(2GB)
ネットワークギガビット・イーサネット、Wi-Fi 6、Bluetooth
インターフェースUSB 3.1×2、USB 3.0×7(1つは、Type-C)、DisplayPort×2、HDMI、RS-232C D-sub9ピン、パラレルポート、音声入出力
サイズ(幅×奥行き×高さ)89×298×240mm(脚を除く)
重量約4.8kg
別途、価格168,600円(今回の構成では、220,400円)

プロセッサは、10世代Comet LakeのCore i7-10700.8コア16スレッド、クロックは2.9GHzで最大4.8GHz。 キャッシュは16MB、TDPは65W。 デスクトップ用に適当に強力なモデルである。 チップセットはvPro対応Intel Q470。 メモリスロットが4つあり、今回は8GB×2の合計16GB。 ストレージはHDD 500GB×2 RAID 1構成 DVDスーパーマルチドライブも搭載している。 OSはWindows 10 Pro。

グラフィックス機能は、プロセッサ内蔵UHD Graphics 630と個別GPUでオプションRadeon 520(ビデオメモリ2GB)を追加した形態である。 出力は、電子がHDMI後者がDisplayPort×2 Radeon 520は2017年にリリースされた同時期に登場したGeForce MX130より若干性能が落ちる程度になるだろうか。 最近CPU内蔵GPUと性能的には大きな違いなく、マルチディスプレイ化主な用途と考えられる。

ネットワーク機能はGigabit Ethernet、Wi-Fi 6、Bluetooth。 他のインターフェイスは、前面にUSB 3.1×2、USB 3.0×3(1つは、Type-C)、音声入出力。 背面にUSB 3.0×4、シリアルポート(RS-232C D-sub9ピン)、パラレルポート、オーディオ出力シリアルポートは、標準的なパラレルポートはオプションである。 この2つを搭載しているPCは、ほぼ絶滅が、業務用などで必要な人はいるだろうか。

サイズは89×298×340mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4.8kg。 別途、価格は今回の構成では、220,400円である。 少し高いがvPro対応ということもあり、企業向け価格である。

ケースはホワイトとダークブルーの2色で構成され設計である。 サイズ89×298×340mm(幅×奥行き×高さ)、重量約4.8kgで、それなりにコンパクト。 机の上に垂直にも水平方向にも設置することができる。

正面左側のスリットにDVDスーパーマルチドライブ。 右側には、電源ボタン、音声入出力、USB Type-C、Type-A×4の裏面は、音声出力、HDMI、シリアルポート、Type-A×4、Gigabit Ethernet。 DisplayPort×2、Wi-Fiアンテナコネクタ、パラレルポート、電源コネクタを配置した。 縦/横置き時、裏面に相当する部分にゴム足が4つあります。

2本のネジを外すと簡単に内部にアクセス可能である。 写真でわかるように、かなり密している。 電源は310W / 80PLUS Platinum。 ここでは、果たして企業ところ。 メモリスロットが光学ドライブの下にあったりとメンテナンスしにくいが、基本的に後でカスタマイズを行わないビジネス用のような仕様である。

振動や発熱は許容範囲であるが、ノイズはCINEBENCHなどの負荷をかけると、ファンの音がかなりうるさい。 機械の特性にデスクトップにインストールする場合が多く、耳の位置が近いので、気になる人は気になるものである。 しかし、オフィスワークからそこまでCPUに負荷がかかるのは珍しいことだ。

今回は同時に、24インチのディスプレイ “LCDE241N-CD3」も到着したので、簡単にテストのみ進行した。 下の図のように、上記左右が狭いフレームである。 入力はDisplayPort、HDMI、ミニD-Sub15ピンの3系統と音声入力。 側面にヘッドフォン出力もある。 スピーカーを内蔵しており、音質はそれなりだが、HDMIやDisplayPort信号に乗っている音も出力することができる。 画面を縦に回転ピボットにも対応する。

LCDE241N-CD3

高性能プロセッサを搭載。ユーザーはSSDを選択して、

初回起動時に起動画面(タブレットモード)は、フルHDで1画面。 NECグループがプリインストールされアプリ群になる。 デスクトップは、Windowsの標準である。

ところが動作であるが、メインドライブがHDDのための今日のSSD搭載機器に比べてはるかに遅い。 ご注文の際、ユーザーは128/256 / 512GBのSSDも用意されているので、特に理由がない限り一方を選択することがストレスを感じないだろう。

HDDはSeagate製の「ST500LM34」で容量500GB、回転数7,200rpmの製品である。これを2個使用して、RAID 1を構成している。約464GBが割り当てスペースは416GBであった。

DVDスーパーマルチドライブは、「HL-DT-ST DVDRAM GUE1N “Gigabit Ethernet、Wi-Fi、BluetoothはすべてのIntel製である。 まず、書いたように内蔵GPUのHDMIと、個々のGPUのDisplaPortを使用してマルチディスプレイ化も可能である。

DisplayPortとHDMIの両方にディスプレイを接続可能

主なインストールされたアプリケーションは、「AMD Radeon Settings Lite “、” Cyber​​Link Power2Go 8 “、” Intel Optane Memory and Storage Management」、「PC設定ツール」、「ウイルスバスタークラウド」(インストール)」の部品番号製造番号表示ユーティリティ」など。PCの設定ツールは、機器の場合ECOモードのみとなっている。

PCの設定ツール

ベンチマークテストはPCMark 10、PCMark 8,3DMark、CINEBENCH R20、CrystalDiskMarkを使用した。 また、PCMark 8 Creative Accelarated 3.0中にエラーに落ち完走しなかった。

Core i7-10700の性能が住んでいる処理は高速ですが、HDDが足を引っ張る形になっている。 参考までに、現在筆者のメインマシンへのIntel「NUC10i5FNH」(Core i5-10210Uメモリ32GB、SSD 500GB)のスコアを併記するので、参考にしてください。 プロセッサに当たる部分は、機器が、高速ストレージに当たる部分は、遅いGPUは大きな違いなくなっていることがわかるだろう。

【表2】ベンチマーク結果
Mate JタイプMENUC10i5FNH
PCMark 10v2.1.2506v2.1.2177
PCMark 10ポイント4,0733,963
骨子7,0958,024
アプリの起動スコア5,29010,460
ビデオ会議スコア7,3526,370
Webブラウジングスコア9,1877,754
生産性6,4186,335
スプレッドシートの得点8,2226,792
書き込みスコア50105,909
デジタルコンテンツ制作4,0273,325
写真の編集スコア4,9223,972
レンダリングと視覚化スコア3,9332,260
ビデオ編集スコア3,3744,098
PCMark 8 v2.8.704
ホーム加速3.03,8233,630
Creative Accelarated 3.0該当なし3,715
Work Accelarated 2.04,6454,936
保存2,1644,964
3DMarkv2.13.7009v2.11.6866
タイムスパイ402482
ファイアストライク超268306
ファイアストライクエクストリーム530587
ファイアストライク1,2501,205
スカイダイバー4,7594,870
クラウドゲート9,7039,790
アイスストームエクストリーム52,49647,713
アイスストーム85,60968,713
シネベンチR20
CPU4,1241,806
CPU(シングルコア)497418
CrystalDiskMark 6.0.0
Q32T1シーケンシャルリード148.329 MB / s548.045 MB / s
Q32T1順次ライト123.008 MB / s518.991 MB / s
4K Q8T8ランダムリード2.267 MB / s394.820 MB / s
4K Q8T8ランダムライト1.257 MB / s290.454 MB / s
4K Q32T1ランダムリード2.249 MB / s236.019 MB / s
4K Q32T1ランダムライト1.049 MB / s315.178 MB / s
4K Q1T1ランダムリード1.130 MB / s31.080 MB / s
4K Q1T1ランダムライト1.169 MB / s73.332 MB / s

以上のようにNEC「Mate JタイプME」は、最大Core i7-10700メモリ32GBを搭載することができるコンパクトなデスクトップである。今回のストレージはHDD×2(RAID 1)であったが、様々な構成を選択することができる。

オプションRadeon 520に関しては、マルチディスプレイ用に割り切ればいいのストレージに関しては、SSDやHDD + Optaneメモリで、プロセッサのパフォーマンスを活用したいところ。 業務用シリアルまたはパラレルポートを使用したい人は打撃を受けて仕様だ。

大企業ゼロvPro対応用途や予算に応じて、さまざまな構成を選択することができるビジネスデスクトップPCを必要とするユーザーのための一つだ。

READ  バーチャルボーイで25年。 これこそ待っていたVR体験である:Oculus Quest 2 | ギズモ・ジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です