【笠原一輝のユビキタス情報局】10万円台前半での上位バージョンSurfaceに近い性能を発揮する「Surface Laptop Go」をレビュー – PC Watch

Microsoftが本日発売した「Surface Laptop Go」アイスブルーモデル

 マイクロソフト10月1日(現地時間)、新しいSurfaceファミリーに “Surface Laptop Go」を発表した。

Surface Laptop系はSurfaceファミリーの中での二つ折りのデバイスは、取り扱いが、Surface Laptop Goは「Go」ブランドがついているのでわかるように、モバイル可能な廉価版という位置づけされており、上位モデルに対応するSurface Laptop 3に比べて低い価格に設定されている。 また、小型ディスプレイを採用して重量は1.1kgとSurface Laptop 3 1.31kgに比べて軽量になっている。

日本のマイクロソフトは本日(13日)よりSurface Laptop Goを発売し、すでに小売店の店頭などでの販売も開始されている。 今回は会社から借りた「Surface Laptop Go」のCore i5,8GBメモリ、256GBストレージ、Windows 10 Home(Sモード)、Office Home&Business 2019搭載する仕様のモデル(モデル番号:THJ-00034)のレビューを読んでいしたい。

CPU評価、画面サイズ、各種機能の有無などが上位モデルとの違い

Surface Laptop Goのボックス

すでに述べたようにSurface Laptop Goは上位モデルのSurface Laptop 3(13.5インチ)と比較すると廉価版という位置づけされている。

たとえば、Surface Laptop 3で同じ8GBメモリ、256GBのストレージ構成の13.5インチモデル(モデル番号:V4C-00060)は、161,480円という価格になっており、今回ご紹介するSurface Laptop Go(番号:THJ-00034)は126,280円(税別114,800円)約35,000円の価格差がある。

したがってSurface Laptop GoとSurface Laptop 13.5インチのスペックで比較すると、当然の機能で多少落ちる。 主要な部分を整理すると、次の通りである。 また、詳細仕様については、それぞれの前の記事(Surface Laptop GoSurface Laptop 3)を参照してください。

[표 1]Surface Laptop 3とSurface Laptop Go比較
Surface Laptop Go
(THJ-00034)
Surface Laptop 3 13.5型
(V4C-00060)
CPUブコアi5-1035G1コアi5-1035G7
CPUコア4コア/ 8スレッド4コア/ 8スレッド
基本/ターボ時時計1GHz / 3.6GHz1.2GHz / 3.7GHz
GPUUHDグラフィックIris Plusグラフィック
GPU作成
(基本/ターボ時時計)
Gen 11-GT1
(300MHz / 1.05GHz)
Gen 11-GT2
(300MHz / 1.05GHz)
私はすることができ3264
ディスプレイ12.45タイプ13.5型
解像度1,536×1,0242,256×1,504ドット
Surfaceペン
「A」/「ああ」キー
キーボードバックライド
Windows Hello指紋認証顔認証
公称バッテリ駆動時間(容量)13時間(39.7Wh)11.5時間(45Wh)
ACアダプタ39W60W(本体)+ 5W(USB Type-A充電端子)
価格126,280円161,480円

その差は大きく言ってCPU評価、ディスプレイサイズと解像度は、キーボードとWindows Hello生体認識などの各種機能の違いである。

蓋を開けるとSurface Laptop Goが

CPUに関しては、Surface Laptop 3では「Core i5-1035G7」というSKUが採用されている。 Core i5-1035G7は最後の2文字が示すようにGPUは、最上位グレードされている(GはGraphicsのG、後ろの数字は7/4/1の3つの数字が使用されてチェサンウィウン7)。

Core i5-1035G7は開発コードネームIce Lake知られている10nm製造の10世代Coreプロセッサ(以下第10世代Core)であり、内蔵グラフィックスが世代から大幅に性能が向上しGen 11が使用されている。

このGen 11は、Intelの内部コードネームで、GT1(G1)、GT1.5(G4)、GT2(G7)の3つの等級があり、GT1が32個、GT1.5が48個、GT2が64の基本演算ユニット(EU)を持っている。 つまり、Surface Laptop 3に搭載されているCore i5-1035G7は、GPUがGT2の64個のEUの最上位仕様のGPUされている。

[표 2]Intel Gen 11 GPUの3年生
プロセッサー・ナンバー私はすることができ
GT2G764
GT1.5G448
GT1G132

これに対してSurface Laptop Goに搭載されている「Core i5-1035G1」は、GPUはGT1でEUは32個である。これはSurface Laptop 3 Core i5との最大の違いである。

しかし、実はCPUのスペックに関してはほぼ同じである。 CPUコア数は全部で4コア/ 8スレッド、L3キャッシュは6MB、唯一の違いは、Core i5-1035G7クロック周波数が1.2〜3.7GHzであるのに対し、Core i5-1035G1 1〜3.6GHzとなっていること。 つまり、クロック周波数が若干低い程度のCPUの性能差は大きくないだろう。

Surface Laptop GoのCPUはCore i5-1035G1

まとめると、Surface Laptop Goに搭載されているCore i5-1035G1は、GPUに関しては、EUが半分になっているが、CPUに関しては、上位グレードとほとんど変わらないことが含まれているものである。

解像度は1,536×1,024のフルHDよりも狭いが、そのオフでバッテリ駆動時間が長い

解像度は1,536×1,024

もう一つの大きな違いは、ディスプレイのサイズと解像度である。 Surface Laptop 3 13.5インチは2,256×1,504ドットはアスペクト比3:2のディスプレイを採用している。 一般つ折りノートパソコンでは、解像度がフルHD(1,920×1,080)である場合が多いので、これに比べて、高解像度という位置になる。

これに対してSurface Laptop Goは12.45インチ1,536×1,024という、やはりアスペクト比が3:2の仕様である。 しかし、解像度はフルHDよりも低い高さあまり変わらないが、横に関しては384点分小さくなっている。

左が1,536×1,024のSurface Laptop Goまさにこの1,920×1,080ドットのノートPC。 すべてのスケールを100%としたときの例。縦が少し小さくなっているが、横には差が大きいことがわかる

この解像度フルHDに比べて横が狭くなることは明らかである。 しかし、廉価版のノートパソコンの中では、HD(1,366×768)の解像度が使われたりもしているので、それよりは、簡単に使用することができる。

HWiNFO64にチェックしたディスプレイは、LG-PhilipsのLP12SWX112403

また、ディスプレイパネルは、HWiNFO64でチェックした結果、LG-Philips(現在はLG Displayに社名変更されている)のLP12SWX112403するモデルと表示された。 この解像度のディスプレイを採用したノートPCは、当分の間ないので、Surface Laptop Goために新たに設計されたパネルと考えることができるだろう。

解像度の笑顔は悪いことだけではない。 これにより、ディスプレイの消費電力が少なくなって、バッテリ寿命が延長されている。 現代のラップトップで最も電力を食べているのは、ディスプレイが解像度がバッテリ寿命に大きな影響を与えることはよく知られている。

バッテリー仕様容量は39.7Wh

上位モデルのSurface Laptop 3 13.5インチは45Whバッテリーを搭載して公称値で11.5時間のバッテリ駆動が可能になっているが、Surface Laptop Goは39.7Whで13時間駆動を実現している。 CPU、メモリ、ストレージなどのスペックは似ているので、このバッテリーの容量が減るために、バッテリ駆動時間を延長することは、ディスプレイの解像度があまり高くないことによるメリットとすることができる。

実際には、PCMark10のバッテリーベンチ(Modern Office)を実行してみたところ。 9時間47分のバッテリー駆動が可能である結果を得た。 このModern OfficeバッテリーテストはOfficeアプリケーションの処理をするベンチでは、ユーザーの体感に近い結果を得ることができる。

また、バッテリーが残りの10%でテストが終了するため、実際には11時間程度のバッテリー駆動が可能であると考えられる。 かなり優れた結果を残していると言えるのバッテリ駆動時間を重視するユーザーには見逃せない点だろう。

ペンとキーボードのバックライトには対応しますが、新しい「A」/「あ」のキーと指紋センサーを搭載

スペースキーの左側に「無変換」の代わりに「A」が、右には「変換」ではなく「ああ」がある。この日本語入力のON / OFF機能は、MS-IMEでは使用できますが、ATOKでは使用できなかった

機能面では、上位機種においてSurface Laptop GoにはないものではSurface Penとキーボードのバックライトが挙げられる。

Surface PenはSurface ProとSurface Laptopシリーズはオプションとして販売されているデジタイザペンで絵を描いたりOneNoteで手書きのメモなどの方法があるが、Surface Laptop Goではこれをサポートしていない。

別のキーボードのバックライトに関しては、周辺光センサーが周囲の明るさに応じキーボードのバックライトを点灯させる機能で暗い場所で入力するときなどには便利です。 Surface Laptop Goは、ディスプレイの明るさを自動調節する周辺光センサーは、用意されているが、キーボードのバックライトは含まれていません。 このあたりは、廉価版製品だと思えば仕方ない部分だとすることができる。

しかし、Surface Laptop Goは上位製品にはない新たな試みが導入されている。 これは、新しいキーボード配列の採用で、従来には「無変換」または「変換」キーがあった場所に「A」と「あ」のキーが配置されたものである。 「ああ」をクリックすると、IMEがオンになり、「A」を押すと、IMEがオフになります。

「あ」を再押してもIMEは、電源を入れたままに逆に「A」を複数回押してもIMEは元の状態を維持することになる。 したがってMacの日本語キーボードに慣れている人にとっては、このキーボードの配列は、とっつき易い。 「半角/全角」キーも用意されているので、既存のWindowsユーザーでも違和感なく使用することができるだろう。

ただし、サードパーティ製のIMEでも使用できることを確認するために、ジャストシステムのATOK Passportをインストールしてみたが、「A」、「あ」のキーIMEの設定/解除はできなかった。 だから試しにATOK側の設定で「無変換」を「A」、「変換」を「あ」に割り当てようとしたが、まだ動作しませんでした。

元「A」、「ああ」キーをATOKが認識していなかったので、今後ATOK側の対応が必要になるかもしれない。 それまでは今のように「半角/全角」でON / OFFを利用する必要がある。

指紋センサーの周囲には、LEDが点灯していて、指紋認証を必要とするとき白く輝く

Windows Hello指紋確認のみ搭載されている。 今までのSurfaceシリーズはSurface Pro 3以降に販売されている指紋の付いたタイプのカバーキーボードを除いて、顔認証カメラによる生体認証のみを提供されることが標準であった。

しかし、最近では、マスクを着用して外の仕事をすることも多く、その場合、顔認証カメラが認識してくれないので、その場合にのみ、マスクを除去することは、ストレスとすることができる。 コロナ災害の現在の公共の場でマスクをすることが求められている日本では、指紋認証に切り替えたことは歓迎いいだろう。

また、指紋認証が必要な場合には、指紋センサーを搭載する電源ボタンが光って教えてくれるので、どこに触れるいいかする必要がないのも嬉しいところである。

クアッドコアのCoreプロセッサは、パフォーマンス十分
GPUはG7に比べてやや劣るという評価

最後に、ベンチマークを実行して、Surface Laptop Goの性能に置いて行こう。

今回の比較対象として用意したのは、手元にあったSurface Pro 7(Core i7-1065G7,16GBメモリ、512GBストレージ、Windows 10 Home)と初代Surface Go(Pentium Gold 4415Y、8GB、128GB、Windows 10 Home)2台。

前Surfaceシリーズのハイエンド仕様の製品後者はローエンドスペック製品。 電子との比較では、主にCore i7でGen 11 GPUのGT2(64EU)との差を、後者はファンレスのYシリーズとの違いを見るために用意した。 CPUのスペックなどのテスト環境は以下の通りである。

[표 3]テスト環境
Surface Laptop GoSurface Pro 7Surface Go
CPUコアi5-1035G1コアi7-1065G7ペンティアムゴールド4415Y
CPUコア4コア/ 8スレッド4コア/ 8スレッド2コア/ 4スレッド
基本/ターボ時時計1GHz / 3.6GHz1.3GHz / 3.9GHz1.6GHz /ターボ非対応
L3キャッシュ6MB8MB2MB
GPUUHDグラフィックIris PlusグラフィックUHDグラフィック615
GPUの世代(基本/ターボ時時計)Gen 11-GT1
(300MHz / 1.05GHz)
Gen 11-GT2
(300MHz / 1.1GHz)
Gen 9-GT2
私はすることができ326424
メモリ8GB16ギガバイト8GB
ストレージ256GB(NVMe)512GB(NVMe)128GB(NVMe)
それほどWindows 10 Home 2004
(Sモードは解除)
Windows 10 Pro 2004Windows 10 Pro 1909

Windows 10は、パワースライダーが導入され、その設定に応じて性能が変化する。 したがって、今回はどのような製品でも、ACアダプタを接続し、「最も高いパフォーマンス “に設定した状態でテストした。

また、Surfaceでは、ドライバーがWindows Updateを介して更新されるため、今回はWindows Updateから最新の更新プログラムを適用してベンチマークを実施Intelが配布しているドライバなどは導入しない。 また、Surface Goはまだバージョン2004の適用対象外であるため、1909のWindows 10軒の試験を実施した。

ベンチマークプログラムでマリョンハンヌン定番PCMark10と3DMark、CPUの性能を簡単に比較することができCinebench R20は、DirectX 11の3Dゲームの代表的な例としてファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマークを用いた。

シネベンチR20

Cinebenchは、CPUを利用して、画面の描画を行うテストでCPU負荷がほぼ100%になるので、単純にCPUの最高性能を見るのに適しテストのいずれかである。 シングルとマルチスレッドのテストがありますが、いずれものテストでもSurface Laptop GoはCore i7を搭載したSurface Pro 7側に近い性能を発揮していることがわかる。 Pentium Gold 4415Yを搭載した初代Surface Goは、マルチスレッドでもSurface Laptop Goシングルスレッド性能にも満たなかった。

PCMark10 Extended総合

PCMark10拡張の詳細

PCMark10 ExtendedはPCMark10のGamingテストを追加したベンチマークとなる。 Essentials(アプリケーションの開始とWebブラウザなど)、Productivity(Officeなどの生産性向上系のアプリケーション)、Digital Content Creation(コンテンツの編集系のアプリケーション)、Gaming(3Dゲーム)と呼ばれる4つのジャンルに分けテストは、総合スコアが算出される。

グラフを見れば分かるようGPUの性能が効果の試験は別にして、Surface Laptop GoはSurface GoよりSurface Pro 7側に近いスコアを発揮しているかどうかがわかる。

PCMark10 Applications総合

PCMark10 Applications詳細

PCMark10 Applicationsは、Microsoft Officeの実際のアプリケーション(Word / Excel / PowerPoint)とWebブラウザのMicrosoft Edgeを利用して行うベンチマークテスト。 Windows PCで行われる多くの処理は、この4つのアプリケーションによるものと考えられているので、特にビジネスユーザーの実際の使用環境に近い結果とすることができる。

グラフは、Core i7を搭載したSurface Pro 7が最高の性能でSurface Goの3倍に近いスコアが、Surface Laptop Goは1.3倍程度入りおり、Officeアプリケーションを快適に使用することができこと読むことができる。

3DMark

ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク

3Dベンチマークの結果は、やはりGen 11 GT2を搭載したCore i7のSurface Pro 7は、同じGen 11もGT1でEUが半分Surface Laptop Goを引き離している。 この結果は、GPUのスペックから考えると妥当なのだろう。 それでもGen 9世代のGPUを搭載し、EUが24個招待Surface Goでほぼ二倍またはそれ以上の性能を発揮している。

特にファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマークは、標準的な負荷でもSurface Goは「設定の見直しが必要である」だったが、Surface Laptop Goはスコアが2千点を越えて「普通」認定され、標準マラ動作が可能であるレベルになっているのは、見逃せない点だとすることができる。

Surface Laptop Goは、Officeの12万円半ばという価格
コストと性能、品質のバランスを重視したい学生や家庭の

以上の結果から、CPUとGPUのスペック通りCPUに関しては、クアッドコアのCoreプロセッサとして十分な性能を発揮しており、GPUに関しては、EUが半分になった結果を素直に反映するスコアであることがわかるだろう。

それでもYシリーズのPentium Gold 4415Yを搭載した初代Surface Goより圧倒的に高い性能を発揮する。 また、バッテリ駆動時間が長いのも特徴で、ベンチマークテストで、残りの10%から約10時間公称でも13時間のバッテリー駆動時間が可能なのも注目に値するだ。

また、他の記事 “明日発売のSurface Go 2基をいち早くレビュー」でも紹介したようにSurface GoでSurface Go 2のCPU性能の向上率は10%程度なのでSurface Go 2と比較したい場合には、Surface Goの1割増だと思えばおおよその性能立地がキャッチだ。

これらの結果から言えることは、Surface Laptop Goは性能面で言えば、GPUに関しては多少落ちるが、それでもCPUに関しては、Surface Laptop 3とSurface Pro 7のような上位モデルに近い性能を発揮することができ、Office、およびWebブラウザなどが快適に利用することができる。

もちろん上位モデルと比較すると、ディスプレイの解像度が低いとデジタイザペン非対応キーボードのバックライト非搭載などの弱点であるが、それは価格差が税込3.5万円ということを考えると妥当なような違いと言えるだろう。 逆に、そこにかかってを感じることができる場合は、Surface Laptop 3ページを検討する。

本製品には、メモリ4GB、ストレージ64GBのより安価なモデルも存在するが、Webブラウザのみを使用しての使用をしない限り、あまりお勧めしない。 特に64GBモデルは、ストレージが速いSSDの代わりにeMMCフラッシュメモリがあるのも減点要因である。

OfficeアプリケーションおよびWebブラウザを起動すると、メモリ4GBはすぐに足りないのは目に見えているので、このモデルは、Webブラウザだけでクラウドサービスを利用する事例(例えばGIGA学校などの文教用途)に向かってと考えたほうがいいだろう。 購入するなら8GB以上のモデルが圧倒的にオススメです。

率直に言えば、ビジネスシステムとして使用する場合、16GBメモリ、512GBのストレージなどの選択を行うことができたら嬉しいですし、解像度ももう少し高いのが欲しいところである。

しかし、価格を重視したい学生や個人ユーザーにOffice Home&Business 2019がプリインストールされて126,280円うれしい価格することができる。

コストと性能のバランスに優れ、長時間のバッテリー駆動を必要とし、ポップアップ固体デザインを利用したい学生や個人ユーザーなどにSurface Laptop Go検討する価値が一つある。

READ  ダウ509ドル安、欧州ロック再導入と刺激策の遅れに懸念| ロイター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です